競合分析を行うメリットと競合調査ツールを使用した際のメリット

競合分析を行うメリットと競合調査ツールを使用した際のメリット

 
企業の競争力を高めるには、競合他社の動向を把握することが不可欠です。
しかし、自社の強みや弱みを見極めるのは容易ではありません。
そこで、競合サイト分析を行うツールの活用をご提案します。
競合調査ツールを使えば、わかりやすい分析結果を手に入れることができます。
これにより、自社の優位性と差別化を明確に理解し、戦略の立案がスムーズになります。
本記事では、競合分析の基本的な内容から、ツールを使う際のメリットまでご紹介します。競合の動向をリアルタイムで把握でき、より効果的なマーケティング施策につなげられるはずです。
ぜひ、新しい視点で自社の強みを発見してみましょう。
目次
集客/採用の課題をまるっと解決します!
サイダーストーリーは、マーケティングの全体戦略から各施策の戦術、進行管理など
お客様社内のマーケティングチームとして成果に貢献します。
▼このようなお悩みがあればぜひご相談ください
  • 月間の集客数が少ない
  • 費用対効果の良い集客施策を探している
  • Webマーケティングを行いたい

競合サイト分析とは

競合サイト分析とは、自社サイトと競合するサイトの現状を把握し、自社のサイト運営に活かすことを目的とした調査プロセスです。
競合サイトの特徴や強みを分析することで、自社サイトの改善ポイントや差別化要因を見出すことができます。
また、競合分析を行うことで、自社の強みや弱みを客観的に把握できるため、効果的な施策立案につなげることができ、競合他社の動向を把握することで、先手を打った施策展開が可能になります。
ここからは、競合分析を行うのに適したタイミングについて解説します。
関連記事

競合分析を行うタイミング

競合分析は、自社の事業や製品・サービスを改善し、競争力を高めるために重要であり、その適切なタイミングとしては、主に以下の3つが挙げられます。
タイミング目的
新規事業立ち上げ時競合の動向把握、自社優位性の明確化
既存事業の変更時自社の強み弱みの把握
事業の危機的状況時早期の改善策立案
  1. 新規事業の立ち上げ時: 新しい製品やサービスを立ち上げる際は、競合の動向を把握し、自社の優位性を明確にすることが肝心です。
  1. 既存事業の変更時: 既存の製品やサービスを改善・変更する際は、競合との比較をすることで、自社の強みや弱みを把握できます。
  1. 事業の危機的状況時: 売上の低迷や競争激化など、事業に危機的状況が訪れた際は、迅速な改善策を立案するために競合分析が重要になります。

競合分析を行うメリット

競合分析を行うことで、自社の強みや弱みを明確にでき、競合他社の戦略や施策を知ることで、差別化するポイントを見つけ出すことができます。
また、業界の最新動向を把握できるため、先手を打った戦略立案が可能になるでしょう。
さらに、競合他社のターゲット顧客や訴求ポイントを把握できるため、自社の製品・サービスを効果的にプロモーションできるようになります。
加えて、競合他社の弱点を見つけ出し、それをチャンスとして活かすことも可能です。
競合分析に取り組むことで、自社の地位向上やマーケットシェアの獲得につなげることができるのです。

競合分析を行う上で、見るべきポイント

競合分析を行う際は、自社の強みや弱みを知るため、競合サイトの様々な指標を確認することが重要です。
特に注目すべきポイントは以下の通りです。
まずはアクセス数やユーザー属性を確認し、競合サイトがどのようなユーザーを集めているかを把握しましょう。
次に直帰率や流入経路、流入キーワードを分析することで、ユーザーの行動パターンを理解できます。
また、流入先のコンテンツや上位表示ページを確認することで、ユーザーが関心を持っているテーマやコンテンツ戦略を知ることができます。
さらに、競合サイトが被リンクを獲得している先も注目すると良いでしょう。
これらの指標を総合的に分析することで、競合サイトの強みや弱みが見えてきます。自社との差別化ポイントを見つけられるはずです。

アクセス数

競合サイトのアクセス数を把握することは、自社サイトの強みや弱みを知る上で重要な情報となります。
アクセス数の高低から、競合サイトがどの程度のユーザーを集めているかが分かります。
また、アクセス数の推移を見れば、サイトの人気動向も把握できるでしょう。
ただし、アクセス数の数値だけで判断するのは危険です。サイトの目的や業界、地域、広告の有無などによってもアクセス数は大きく変わってきます。
そのため、競合サイトのアクセス数を把握する際は、自社サイトの状況と合わせて相対的に評価することが重要です。
また、アクセス数を把握する際は、直接的な数値だけでなく、ユーザーの滞在時間や直帰率といった指標も合わせて確認しましょう。
これらの指標を総合的に分析することで、ユーザーの行動傾向や満足度なども把握できます。

顧客属性

競合分析では、競合企業の顧客属性を調べることが重要です。顧客属性を把握することで、自社の商品やサービスをどのように差別化し、顧客に訴求していくか検討することができます。
具体的には、競合企業の顧客の年齢層、性別、職業、年収、居住地域などのデータを収集し、分析します。
これらの属性データから、競合企業の主要なターゲット層がどのような特徴を持っているかを把握できます。
さらに、顧客の行動データ、たとえば、どのようなキーワードで検索しているのか、どのようなコンテンツに関心があるのか、どのようなデバイスを使っているのかなども分析すると、より詳細な顧客像を描くことができます。
これらの情報を活かして、自社の商品やサービスをより魅力的に提案することが可能となります。

直帰率

直帰率は、ウェブサイトの分析において非常に重要な指標です。
これはサイトを訪れた人が、1ページ目で離脱してしまう割合を示すものです。高い直帰率は、ユーザーが求めている情報が得られなかったり、サイトの使いづらさなどが考えられます。
競合サイトの直帰率を確認することで、自社サイトの課題を把握でき、改善点を見出すことができます。
例えば、競合サイトと比べて直帰率が高い場合は、ユーザビリティの改善や魅力的なコンテンツの制作などが必要だと分かります。
また、業界平均の直帰率と比較することで、自社サイトの相対的な位置づけも把握できます。
これらの分析を通じて、効果的な対策を立てることが可能となります。

流入経路

競合サイトへのアクセスの流入経路を把握することは、自社サイトにどのような改善が必要かを知る上で非常に重要です。
具体的には、SEO対策の効果測定や、SNSやメールマガジンなどの集客施策の効果を把握したりと、さまざまな活用方法があります。
主な流入経路としては、検索エンジンからの流入、SNSからの流入、直接アクセス、リファラーからの流入などが考えられます。
これらの流入経路別に、ページビュー数や滞在時間、コンバージョン率など、重要なKPIを測定していくことで、サイト改善に役立てることができます。
例えば、検索エンジンからの流入が多い場合は、SEO対策の見直しが必要かもしれません。
一方で、SNSからの流入が多い場合は、SNSマーケティングの強化が有効かもしれません。
このように、流入経路を把握することで、より効果的な集客施策を打つことができるのです。

流入キーワード

流入キーワードの分析は、ウェブサイトへの訪問者がどのようなキーワードで検索して、ウェブサイトにたどり着いたかを把握することができます。
これらの情報を活用することで、ウェブサイトの最適化やコンテンツ改善に役立てることができます。
具体的に確認したい流入キーワードの情報は以下の通りです。
  • 訪問者が検索したキーワード
  • そのキーワードでサイトに流入した数
  • キーワードごとのPV数やCVR
  • 被リンクの多い上位表示キーワード
これらの情報を分析することで、自社サイトに効果的なキーワード選定や、ユーザーニーズに合致したコンテンツ作成につなげることができます。
競合サイトの流入キーワードを把握することで、自社サイトの差別化も図れるでしょう。

流入先コンテンツ

競合サイトへの流入経路を分析することで、ユーザーの興味関心やニーズを把握できます。
人気の高いページやコンテンツを確認し、自社サイトの改善に役立てることができるでしょう。
例えば、ブログ記事や商品紹介ページなど、どのようなコンテンツがユーザーの関心を集めているのかを確認できます。
このデータを活用し、自社サイトの魅力的なコンテンツ制作に役立てましょう。
また、ユーザーが読み進んでいるコンテンツの内容や構成も分析することで、ユーザーの好みやニーズをさらに詳しく把握できます。
優良なコンテンツの特徴を分析し、自社サイトのコンテンツ改善につなげていくことが重要です。

上位表示ページ

競合サイトの上位表示ページを把握することで、自社サイトの改善に役立てることができます。
上位表示ページには、ユーザーのニーズやキーワードの傾向が反映されています。
例えば、人気の製品紹介ページ、集客に効果的なランキングページ、効果的なコンテンツレイアウトなど、参考にすべき点が多数あります。
これらの情報を把握することで、自社サイトの訴求力を高めることができます。
また、上位表示ページのキーワード分析から、新たなターゲットキーワードの発見や、SEO施策のヒントが得られる可能性もあります。
競合サイトの強みを分析し、自社サイトの改善に役立てましょう。

被リンク獲得先

被リンク獲得先の分析は、自社サイトのSEO対策を考える上で重要なポイントになります。
他社サイトから被リンクを獲得しているページを調べることで、競合サイトがどのような施策を行っているかが明らかになります。
例えば、ブログのコンテンツにリンクが多く集まっている場合は、ブログ記事の強化が有効かもしれません。
一方で、特定のサービスページが被リンク獲得先の中心となっている場合は、そのサービスの魅力を高める施策を検討することが重要になります。
被リンク獲得先の分析では、リンク元のドメイン数や、被リンクのアンカーテキストなども確認すると良いでしょう。
これらの情報から、競合サイトがどのような施策を打っているかを把握し、自社サイトのリンク戦略に活かすことができます。
関連記事

競合調査ツールを使用するメリットとは?

競合調査を行う際に、ツールを利用すると以下のメリットが得られます。
・競合調査及び分析の工数を削減できる
・リアルタイムでの情報が手に入る
・従業員のSEOスキルの向上・平準化ができる
ここからは、それぞれのメリットについて詳しく解説します。

競合調査及び分析の工数を削減できる

競合調査を行う際、ツールを活用することで、膨大な時間と労力を省くことができます。
ツールを活用すれば、競合サイトの情報を簡単に収集・分析できるため、調査に費やす時間を大幅に削減できるのです。
また、ツールを使えば、競合サイトの詳細なデータを一括して把握できるため、競合分析の質も向上します。
ページ情報、アクセス状況、キーワード、被リンク状況など、競合の強みと弱みを的確に分析できるようになります。
さらに、ツールを活用すれば、定期的な競合分析も容易になります。
ツールを使えば、常に最新の競合情報を把握できるため、市場の変化に応じた柔軟な対応が可能になるのです。

リアルタイムでの情報が手に入る

競合調査ツールを使うと、競合企業の最新動向をリアルタイムで把握できます。
ウェブサイトの更新状況や、SNSの投稿広告運用などの施策を素早く確認することができるため、自社の施策に対する迅速な対応が可能になります。
例えば、競合企業が新商品を発売したタイミングで、その商品ページの分析や関連キーワードの検索動向を把握することで、自社の施策も柔軟に変更できるでしょう。
これにより、市場の変化に素早く対応し、先手を打つことができます。
また、ツールを活用すれば、競合企業のSEO対策の変化なども常時監視できるため、自社サイトの順位変動の要因分析や、対策立案にも役立ちます。

従業員のSEOスキルの向上・平準化ができる

競合調査ツールを使うと、共通のフレームワークや手法を確立することが出来ます。
ツールを使用することで、チーム全体が同じ基準や方法論に基づいて作業することができ、スキルや知識の平準化を図ることが出来るようになるのです。
また、ツールを使用し、競合分析を実施することで、従業員は理論だけでなく実践的なスキルも身につけることができ、競合他社の戦略を評価することで、SEOに関する洞察力や判断力を養うことが出来るでしょう。

使用用途別おすすめツール

ここまで、競合分析の重要性や、ツールを使用するメリットについて解説していきましたが、使用できるツールが多々あり、どのツールを使用するか迷う方もいるでしょう。
そこで、ここでは使用用途別おすすめツールを紹介していきたいと思います。
  • 関連キーワード・共起後
  • 競合サイトのアクセス数
  • 競合サイトの検索順位
  • 競合サイトのSEO対策
  • 競合サイトが利用している広告配信プラットフォーム
  • 競合サイトが利用しているCMS・プラグイン
  • 競合サイトの品質やサーバーパフォーマンス

関連キーワード・共起語

関連キーワードと共起語は、ユーザーの検索意図やコンテンツ内で出現頻度の高い単語を知ることができるため、コンテンツを制作する際に重要な役割を果たします。
ここでは、関連キーワード・共起語を調べる際におすすめできるツールについて紹介します。

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、ラッコ株式会社が提供するキーワードリサーチツールです。
調べたいワードを入力すると、関連ワード・共起語・類義語などのSEO対策に重要なキーワードを知ることが出来ます。
無料プランは、使用回数が1日に5回、検索ボリュームは調査不可という制限が付きますが、SEO対策やの際に必要となる情報を調査することができます。
なお、有料プランに加入すると、調査回数が1日に50回、検索ボリュームを調べることができるようになるため、調査回数が多い方や、検索ボリュームも加えて知りたい方にはおすすめです。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Googleが提供する広告ツールの1つです。
検索ボリューム・関連キーワード・クリック単価・リスティング広告における競合性について知ることができ、広告運用・SEO対策のどちらも行っている場合、とても有益なツールとなるでしょう。

MOZ

MOZは、キーワードリサーチや、被リンクをはじめとした、SEO対策を全体的に改善したいと考えている方に最適なツールとなっています。
豊富なデータベースを保有しており、被リンク、ドメインパワー、競合分析やキーワードの難易度評価といったSEO全般に関わることを調査することができます。
多くの項目を調査することが出来るため、調査対象が広くなるほど、MOZを導入するメリットを感じることが出来るはずです。

競合サイトのアクセス数

競合サイトのアクセス数を調査することにより、ユーザーニーズや競合サイトがどのような戦略を打ち出しているのか把握することが出来ます。

SimialrWeb

SimialrWebは、競合サイトのアクセス数を詳細に分析するために最適なツールです。
オーガニック検索、リファラルといったトラフィックソース、滞在時間、直帰率といったユーザー行動(滞在時間、直帰率など)を把握できることが特徴です。
また、競合のマーケティング戦略や市場シェアの洞察も行うことが出来ます。
無料版では、トラフィックデータとランキング情報にアクセスすることができますが、より詳細なキーワード分析や、業界全体のベンチマーク機能、カスタムレポートの作成、無制限のデータアクセスを行いたい場合は、有料版に移行する必要があります。

Dockpit

Dockpitは、日本市場に特化したアクセス分析ツールで、特に日本語サイトの分析に強みを持ちます。
キーワードランキングや競合サイトのトラフィックデータ、広告分析を行うことができ、日本における検索エンジンを分析する場合は、とても有用なものとなっています。
また、日本のSEO傾向やトレンドを把握したい方におすすめです。

競合サイトの検索順位

競合サイトの検索順位を調査を行い、どのキーワードによって競合が上位に位置しているのか、どのようなコンテンツを制作しているのかを把握することにより、自社のSEO対策をより効率的に行うことが出来ます。

GRC

GRC(Google Rank Cheker)は、自分のウェブサイトや競合サイトの検索順位を定期的にチェックしたい、特定のキーワードの順位変動を追跡したい、SEO対策の効果を測定したいと考えている方におすすめできるアプリです。
検索エンジンのキーワードランキングを調査することができるツールであり、使いやすさとデータを分かりやすく可視化できる点が強みとなっています。

集客職人

集客職人は、ウェブサイトの検索順位を向上させたい、効果的なコンテンツを作成したい、競合のSEO戦略を知りたいと考えている方におすすめな、競合サイトの分析や、自身のSEO対策を行うことができるツールです。
WordPressやWixといった主要なコンテンツ管理システム(CMS)に対応しており、ローカルSEO対策も必要なタスクや行うべきタスクを優先度準に並べる機能がついているため、初心者の方も簡単に導入・運用できるツールとなっています。

競合サイトのSEO対策

検索順位を上げるため、競合がどのような施策を行っているのか把握できるツールについて紹介します。

SEOチェキ

SEOチェキは、URLを入力することにより、以下情報を調べることが出来ます。
  • title・h1タグ・description
  • 内部リンク・外部リンクの数
  • 最終更新日時・ファイルサイズ・読み込み時間
  • alexaランキング
  • Google・Yahoo!のインデックス数
  • 利用ホスト
  • ドメインの登録年月日
  • ソーシャルサイト
  • 検索順位(キーワードを追加入力した場合)
SEOチェキはシンプルで使いやすく、上記の情報を短時間で取得できる点が優れているため、自身のサイトのSEO状態を確認したい方や、改善点を早く知りたい方に向いているツールです。

Internet Archive Way Back Machine

Internet Archive Way Back MachineはInternet Archiveが運営する過去のWebページを閲覧できる無料ツールです。
自社サイトだけでなく、競合サイトがどのような改善を行ってきたのか知りたい方におすすめとなっています。
ウェブサイトのデザインやコンテンツなどを現在と過去で比較することが出来るため、競合サイトの戦略の変化を分析することができ、他のリアルタイム分析ツールと組み合わせることにより、より包括的な競合分析が可能となるでしょう。

競合サイトが利用している広告配信プラットフォーム

競合サイトが利用している広告配信プラットフォームを知ることにより、自社の広告をどう打ち出すか参考になるでしょう。

GHOSTERY

Ghosteryは、ブラウザ拡張機能として提供されており、ウェブサイトのトラッキング技術を検出し、ブロックすることを目的としたプライバシー保護ツールです。
これを使用することによって、競合サイトがどのような広告配信プラットフォームを利用しているのか理解することが出来ます。
合わせて、自社サイトのトラッカーをチェックすることもできます。

競合サイトが利用しているCMS・プラグイン

CMS・プラグインとは、拡張機能のことを指し、問い合わせフォームを簡単に制作できるようになる・サイト内部のSEO対策を行ってくれるといった機能があります。
競合サイトがどのようなCMS・プラグインを保有しているのかを知ることにより、どのCMS・プラグインを自社サイトへの導入するか参考にすることができます。

WhatRuns

WhatRunsは、ウェブサイトが使用しているCMS、プラグイン、テーマ、フォント、分析ツールなどの技術を調査するためのブラウザ拡張機能です。
ワンクリックで競合サイトの技術情報を取得できるため、初心者でも簡単に利用できます。

Built with

Built withも競合サイトの技術情報を知りたい方に最適なツールとなっています。
豊富なデータベースを有しており、包括的な競合分析が可能となっています。
また、定期的なデータ更新や使いやすさも強みとなっているため、使用するか悩む方はまずは無料版を使用するのもおすすめです。

競合サイトの品質やサーバーパフォーマンス

自社サイトの改善点を知るにあたって、競合サイトの品質やサーバーパフォーマンスは参考になります。
サイトの表示速度や、セキュリティ、コンテンツの品質等を自社と比較することにより、具体的な施策を練ることが出来るのです。

Website Grader

Website Graderは、競合サイトの評価を通じて自サイトの強化ポイントを発見したい人や、ウェブサイトの品質やパフォーマンスを簡単に評価したい方におすすめするホームページを採点するツールです。
サイトのパフォーマンスやモバイル対応、SEO、セキュリティなどの要素を総合的に評価し、スコアと共に具体的にどのような改善を行えばよいのか提案する機能がついているため、具体的な対策を練ることが出来ます。

PageSpeed Insights

PageSpeed Insightsは、Googleが提供するウェブサイトのパフォーマンス評価ツールです。
URLを入力すると、デスクトップとモバイルの両方のウェブページにおける読み込み速度の評価から、点数が表示されます。
点数は0~100点で構成されており、0~49点が悪い、50〜89点が要改善、90点以上が良いの3段階スコアとなっています。
自社サイト目的で使用する方が多いですが、競合サイトを調査し、自社サイトと比較してみるのも良いのではないでしょうか。
無料で使用することもできるため、迷っている方はぜひ利用してみてください。

まとめ

今回は、競合分析を行うタイミングや見るべきポイント、目的別のおすすめツールについて解説しました。
競合分析を行うことで、自社の強みや、不足しているポイントなどを客観的に見つけることが出来ます。
自社に合ったツールを導入し、競合分析に役立てて頂ければ幸いです。
監修者紹介
Profile
Kazuki Sumida
株式会社サイダーストーリー
炭田一樹
インターネット広告代理店へ入社
・大学2年時から長期インターンとして参画。
・自社SEOメディア事業部として社員10名のマネジメントを経験。
・新卒入社後、1年目から福岡支社長に抜擢。0からの立ち上げを経験。
・支社開設後6ヶ月で単月黒字、3年で社員7名規模まで拡大。
株式会社サイダーストーリーを創業
・業界を問わず多数のクライアントの売上拡大に貢献