SEOリライトは効果がある?選定基準や具体的な方法・注意点を解説

SEOリライトは効果がある?選定基準や具体的な方法・注意点を解説

 
効率的なSEO対策はウェブサイト運営にとって欠かせませんが、その中でもリライトは、既存コンテンツの改善を通じて、検索順位の向上を図れる強力な手法です。
しかし、どのようにリライトを行えば良いかわからない企業担当者も多いのが現状です。
本記事では、SEOのリライトの意義や手順、そして最適なタイミングや記事選定のポイントなど、SEO対策を効果的に進めるためのノウハウをご紹介します。ウェブサイトの検索順位向上を目指す方は、ぜひ参考にしてください。
SEOリライトに関する悩みを解消し、自社サイトの検索エンジン評価を高められるよう、つぶさにご説明いたします。
目次
SEOのリライトとは?SEO対策でリライトが重要である理由1.リライトによる再評価で検索順位が上がる2.時間が経つにつれ、検索評価が変化するリライトを行う手順SETP1.リライト記事の選定STEP2.リライト記事の分析と方針策定STEP3.リライトの実施STEP4.リライト後の結果検証リライトを行うのに効果的なタイミング記事公開から4ヶ月以上経過したタイミング情報が古くなったタイミングリライトすべき記事の選定方法検索順位の陥落が顕著にみられる記事をリライトする検索順位が高い記事をリライトする検索ボリュームが多い記事をリライトする問い合わせやコンバージョンに繋がりやすい検索キーワードの記事をリライトするクリック率の低い記事をリライトするリライトの方針を決定する際の2つの方法客観的な数字から分析を行うユーザーニーズを元にリライトを行うSEO効果を向上させるリライトのコツ関連記事を内部リンクでつなぐGoogleに評価されるキーワード入れ方をする検索意図に沿った独自の情報を入れ込む著者監修を入れるタイトルやディスクリプションが適切なものかか確認するリライトを行う際の注意点1.リライトの繰り返しによるコンテンツ軸のブレを防ぐリライトする前と後で検索順位のチェックを行い効果を検証する2.リライト後は、Search Consoleからインデックスリクエストを行うリライト後の効果を確認できるまでにどの程度の期間がかかるかまとめ
集客/採用の課題をまるっと解決します!
サイダーストーリーは、マーケティングの全体戦略から各施策の戦術、進行管理など
お客様社内のマーケティングチームとして成果に貢献します。
▼このようなお悩みがあればぜひご相談ください
  • 月間の集客数が少ない
  • 費用対効果の良い集客施策を探している
  • SEOの効果を高めたい

SEOのリライトとは?

SEOのリライトとは、既存の記事コンテンツを見直し、改善を加えて、より高い検索エンジンの評価を得られるようにすることです。
単に記事の内容を修正するだけでなく、キーワード配置や見出し構造、デザイン要素など、検索エンジンやユーザーにとって望ましい形に記事全体を最適化していくことが重要です。
検索順位の変動やユーザーの反応を分析し、記事の弱点を改善していくことで、アクセス数やクリック率の向上、コンバージョンの改善など、SEO効果を高めることができます。
また、定期的なリライトによって、常に最新の情報を提供し、ユーザーニーズに合ったコンテンツを維持することが可能になります。
ただし、リライトを行う際には、記事の本来の意図や軸をぶれさせないよう注意が必要です。
適切なタイミングと方法で行うことで、検索結果の上位にランクアップし、長期的な集客に繋がります。

SEO対策でリライトが重要である理由

検索エンジンのアルゴリズムアップデートやユーザーニーズの変化など、SEOの環境は常に変化するため、それらの変化に早く対応し、コンテンツ評価を向上させ続ける必要があります。
そのため、過去に制作したコンテンツのメンテナンスが重要となっているのです。
  • リライトによる再評価で検索順位が上がる
  • 時間が経つにつれ、検索評価が変化する
ここからは、SEO対策でリライトが重要である理由2点を詳しく解説していきます。

1.リライトによる再評価で検索順位が上がる

リライトを行うと、Googleから記事コンテンツが「新鮮」であると判断されるため、再評価を受けることが期待できます。
リライトにより、記事の内容が最新化され、ユーザーニーズに合致したものになっているため、検索順位の上昇が期待できるのです。
ただし、リライトを行えば必ず検索順位が上がるわけではありません。
既存の記事の内容によっては、大幅な変更が必要になるケースもあります。
そのため、記事の分析と適切なリライト方針の立案が重要になってきます。
検索順位の上昇を狙うためには、ユーザーの検索意図に合わせて、キーワード選定やタイトル、構成の見直しなど、全体的な最適化を行う必要があります。
適切なリライトを行えば、検索順位の向上とともに、潜在的な問い合わせ増加やサイトへの誘導も期待できるでしょう。

2.時間が経つにつれ、検索評価が変化する

Googleの検索アルゴリズムは絶えず更新されており、サイトの検索順位は時間経過とともに変化していきます。
過去の実績や権威性が高くても、新しい情報に置き換えられたり、ユーザーニーズの変化によってランキングが変動するのが実情です。
そのため、一度SEO対策を行った記事であっても、定期的にコンテンツの最新性や適切性を確認し、必要に応じてリライトを行うことが重要になります。
SEOの定点観測をしながら、常に検索上位を目指す努力が必要不可欠です。
検索エンジンは最新の情報を高く評価する傾向にあるため、リライトを行って最新のデータや分析結果を盛り込むことで、新鮮な情報としてランキングされる可能性が高まります。
ユーザビリティの向上とともに、検索エンジンからの評価も上がるのがリライトの大きなメリットです。

リライトを行う手順

SEOリライトの実施に当たっては、効果的に検索上位に表示されるよう、手順を踏んでいく必要があります。
優先順位の高い記事を選定し、その記事の課題を分析して、ターゲットとするキーワードや表現を最適化する方針を立てます。
そしてリライトを行い、結果をしっかりと検証する、このような流れが大切です。
ただし、リライトを行う際は、記事のコンテンツの一貫性を保ち、コアとなる部分は維持しつつ、適切な追加や修正を行う必要があります。
SEO効果を最大限に発揮できるよう、各ステップを丁寧に実施していきましょう。
具体的なリライトの手順は以下の通りです。

SETP1.リライト記事の選定

まずは、自社ブログの中から検索順位の低下が見られる記事や、コンバージョンに繋がりにくい記事を見つける必要があります。
それらの記事をリライトの候補として選定していきます。
過去の実績データを確認することで、どの記事がパフォーマンスを発揮できていないのかが明確になります。
検索順位の推移やPV数やセッション数、CVR(コンバージョン率)、エンゲージメント率、直帰率などを分析すると、リライトの必要性が高い記事が見つかるでしょう。
また、検索ボリュームの大きなキーワードで作成した記事をリライトすると、効果的な施策になります。(PV増加の観点)
ユーザーの関心が高いテーマについて、最新の情報を取り入れて最新の状態に更新すれば、検索上位表示を狙えるはずです。
リライト記事の選定基準については記事下部でさらに詳しく解説します。

STEP2.リライト記事の分析と方針策定

リライト対象の記事を選定したら、次はその記事の現状分析と、リライトのための具体的な方針を立てることが大切です。
まずは、記事のKPIデータを確認し、どのようなパフォーマンスを示しているのかを把握しましょう。
記事に応じて、PVを増やしたいのか、コンバージョンを増やしたいのかの目標によって異なりますが、様々な角度から現状を把握することが重要です。
次に、キーワード戦略の観点から記事の検索ボリュームやターゲットキーワードの適合性を分析します。
ユーザーの検索意図に沿っているか、競合サイトの記事とどのように差別化できるかを検討し、リライトの方向性を定める必要があります。
さらに、コンテンツの質の観点から、記事の構成、情報の新鮮さ、ユーザビリティなどを洗い出し、どのように改善できるかを検討します。
表やグラフ、質問回答形式の導入など、読者にとって魅力的な構成を検討しましょう。

STEP3.リライトの実施

上記の方針策定で明らかになった改善案を実装すべく、リライト作業を行います。
合わせて、キーワード密度、文章の構造、画像の活用方法、関連リンクの設置など、細かなチェックを行いましょう。
リライトの過程では、常にユーザー目線を忘れずに作業を進めましょう。

STEP4.リライト後の結果検証

リライトを行った後は、その効果を確認することが重要です。
リライト前と比較して、検索順位やクリック率、コンバージョン率などの変化を確認し、リライトの成果を把握しましょう。
特に検索順位の変化は注目すべきポイントです。
リライトの方針に応じて、順位の上昇や維持、または低下といった結果が現れます。
これらの結果を分析し、次のリライトにつなげていく必要があります。
また、クリック率やコンバージョン率の変化も重要です。
リライトによってユーザビリティが向上し、ページ滞在時間の増加や、問い合わせ数の増加などの効果が期待できます。
これらの定量的な数値変化を確認することで、リライトの成功度を判断できます。
指標リライト前リライト後変化率
検索順位12位5位+58.3%
クリック率12%28%+133.3%
コンバージョン率5%12%+140%
このように、リライトによる具体的な効果を数値化して確認することで、今後の施策に活かすことができます。

リライトを行うのに効果的なタイミング

記事の更新や最適化を行う適切なタイミングを逃すと、SEO効果の低下を招く可能性があります。
効果的なリライトを行うためには、記事の公開からの期間や情報の新鮮さなどを考慮し、適切な時期を見極める必要があります。
ここからは、具体的なリライトを行うのに最適なタイミングについて解説していきます。

記事公開から4ヶ月以上経過したタイミング

ブログ記事をリライトするのに最適なタイミングは、記事公開から4ヶ月以上経過した頃が良いでしょう。
もちろん、記事の内容や競合状況によって最適なタイミングは異なりますが、弊社の実績では、3ヶ月だとやや早い、6ヶ月だと少し長い印象です。
この期間はコンテンツの検索評価が落ち着いてきた時期にあたり、追加のリライトによってさらに検索順位の上昇が期待できます。
Google が記事の内容やユーザーの反応を一定程度評価し終えたであろう期間の後にリライトをすることで、その効果がわかりやすくなります。
その一方で、まだ情報が新しすぎずに、ある程度の蓄積がある状態なので、リライトの効果が最大化されるのが理想的なタイミングといえるでしょう。
また、1度リライトした記事でも定期的な記事のチェックをし、必要に応じて2度、3度とリライトすることを心がけましょう。

情報が古くなったタイミング

そもそも、なぜ記事のリライトが必要なのでしょうか。
その大きな理由の1つが、情報が古くなることです。
経済、テクノロジー、ライフスタイルなど、日々変化していくこの世の中で、記事の内容もまた古くなっていきます。
それだけ新しい情報に関心が集まるということですから、リライトは検索上位を獲得するための重要な施策なのです。
例えば、ある製品に関する記事を書いたとします。
しかし、その製品が新型へとアップグレードされたり、他社からより優れた製品が登場した場合、その記事は価値を失ってしまうでしょう。
そこで、最新の情報に合わせてリライトすることで、ユーザーの求める情報を提供できるようになります。
特に、テクノロジー関連の記事は情報の新鮮さが命です。
新しい製品やサービスが次々と登場する中で、古い情報のままでは全く役に立ちません。
そのため、定期的にリライトを行い、最新の情報を盛り込む必要があります。

リライトすべき記事の選定方法

リライトを検討する際は、単に検索順位が下がった記事だけでなく、様々な角度から分析する必要があります。
効果的なリライトを行うためには、まずリライトすべき記事の選定が重要です。
ここでは、リライトすべき記事の選定方法をご紹介します。
優先順位の高いリライト候補としては、検索順位の陥落が顕著にみられる記事があげられます。
過去のデータと比較し、順位が大きく下がっている記事を特定し、迅速に対応することが重要です。
また、リライト候補としては、以下のものがあげられます。
  • 検索順位が高い記事
  • 検索ボリュームが多い記事
  • 問い合わせやコンバージョンに繋がりやすい検索キーワードの記事
  • クリック率の低い記事
ここからは、上記の記事がなぜリライト候補になるのかついて詳しく解説していきます。

検索順位の陥落が顕著にみられる記事をリライトする

検索順位の陥落が見られる記事のリライトが重要な理由として、検索順位の変化を定期的に確認することで、ユーザーニーズの変化や競合サイトの動きに合わせて、自社のコンテンツを最適化することができることが挙げられます。
ある時期は上位に表示されていた記事が、徐々に順位を下げてきている場合は、ユーザーの求める情報が変化したり、競合サイトが先を行っている可能性があるため、早急にリライトに取り組み、検索順位の回復を図る必要があります。
検索順位の変化を見守り、適切なタイミングでリライトを行うことで、長期的に安定した検索結果の上位表示が期待できます。
リライトの際は、ユーザーニーズに沿った内容の拡充や、最新の情報の追加、SEO対策の強化などに留意しましょう。

検索順位が高い記事をリライトする

検索順位が高い記事をリライトすることには大きなメリットがあります。
既に検索上位にランクインしているということは、その記事がユーザーの求める情報を提供できていることを示しています。
つまり、適切な修正を加えることで、さらに検索順位を上げ、ユーザーの関心を引き付けることができるのです。
リライトの際は、記事の内容を最新情報に更新したり、より分かりやすい表現に改善したりすることが重要です。
また、ユーザーの検索意図に合わせて、適切なキーワード配置やタイトル・メタディスクリプションの変更を行うことで、より高い評価を得られる可能性があります。
検索順位が高い記事をリライトすることで、既に獲得した集客力をさらに高めることができます。
ターゲットユーザーの行動を把握し、ニーズに応えた上質なコンテンツを提供することが、成功への近道といえるでしょう。

検索ボリュームが多い記事をリライトする

検索ボリュームの多いキーワードに対応した記事はユーザーの関心が高いため、リライトの対象として優先的に検討すると良いでしょう。
多くのユーザーが求めている情報をより分かりやすく、魅力的に発信できるよう、記事内容の改善に取り組みましょう。
まずは、キーワードプランナーやahrefsなどのツールを使って、自社サイトの記事別の検索ボリュームを確認しましょう。
検索数の多い記事ほど、多くの見込み客を獲得できる可能性が高いため、リライトの対象として検討すると良いでしょう。
ただし、検索ボリュームが多いからといって、全てのキーワードを狙い目にするのは避けましょう。
自社の事業内容や強みとのマッチング度合いを考慮し、ターゲットとするキーワードを精査することが重要です。
例えば、以下のような観点から記事の選定を行うと良いでしょう。
  • 自社の強みやノウハウを活かせるキーワード
  • 顧客獲得や商品販売に直結するキーワード
  • 競合他社に負けていないキーワード

問い合わせやコンバージョンに繋がりやすい検索キーワードの記事をリライトする

検索ユーザーが求めている情報を的確に提供できるような記事は、問い合わせやコンバージョンにつながりやすいのです。
リライト対象となる記事の中から、特にこの点に着目して選定することが重要となります。
たとえば、商品に関する詳細情報を求めているユーザーの検索キーワードに最適化された記事は、購買につながりやすいでしょう。
一方で、業界用語の解説を求めているユーザーの記事は、問い合わせにつながる可能性が高いかもしれません。
リライトを行う際は、そのようなユーザー意図に合わせて、適切なキーワードを盛り込むことが肝心です。
ランキングを上げるだけでなく、最終的な成果にも大きくつながるはずです。

クリック率の低い記事をリライトする

ある記事のクリック率が低いことは、おそらく、その記事がユーザーニーズに十分には応えていないことを示しています。
リライトの際は、まず、なぜクリック率が低いのかを分析し、ユーザーが求めている情報がしっかりと記事に含まれているかを確認する必要があります。
例えば、記事のタイトルやメタディスクリプションが適切でない可能性があります。
ユーザーの検索意図に合っていないと、クリックされにくくなってしまいます。
そこで、タイトルやメタディスクリプションを最適化することで、クリック率を改善することができます。
また、記事の構成やコンテンツの質、情報の鮮度なども影響しているかもしれません。
必要に応じて、これらの点も見直し、ユーザーの求める情報を分かりやすく提供できるよう、記事の内容を改善していきましょう。

リライトの方針を決定する際の2つの方法

リライトの方針を決定する際は、客観的な数字から分析を行う方法と、ユーザーニーズを元に検討する方法の2つがメインとなります。
まず、アクセス数やクリック率、検索順位の推移など、データを丁寧に分析することが重要です。
これにより、どの部分がうまくいっていないのか、どのようなリライトが必要かが見えてきます。
一方で、ユーザーニーズを元にリライトを検討することも欠かせません。
読者がどのようなことを求めているのか、どのような情報を求めているのかを丁寧に調査し、それに応えられるような内容に仕立てていくことが重要です。
この2つの方法を組み合わせることで、効果的なリライトが可能になります。
データから見えてきた課題とユーザーニーズを照らし合わせ、最適なリライト方針を立てていきましょう。

客観的な数字から分析を行う

リライトの方針を決めるには、まず現状の数字を客観的に把握することが不可欠です。
具体的には、検索順位、ページビュー数、コンバージョン率、クリック率といった指標を詳しく分析します。
これにより、どの部分が課題となっているのかが明確になりますし、どのようにリライトすれば効果的なのかの方向性が見えてきます。
例えば、検索順位が10位以下の記事をリライトすると効果的です。
また、ページビュー数が伸び悩んでいる記事や、直帰率が高い記事も要注目です。
さらに、クリック率が低い場合は、見出しやメタタグの最適化などに着手することで、改善が見込めます。
この分析結果を踏まえて、具体的なリライトの方針を立てていくのがポイントです。
また、リライト後の検証も忘れずに行いましょう。
数値の推移を見守り、必要に応じて再度の調整を行うことで、効果的なリライトが実現できるはずです。

ユーザーニーズを元にリライトを行う

ユーザーニーズを踏まえたリライトは極めて重要です。
単に検索エンジンに最適化するだけでなく、ユーザーの求めている情報を的確に提供することが、コンテンツの評価を高めるカギとなります。
例えば、ユーザーの検索意図を分析し、その解決策となる具体的な情報を盛り込むことで、ユーザー満足度が高まります。
また、ユーザーの関心事項や疑問点を洗い出し、それに正面から答える記事構成にすれば、リピーター獲得にも繋がるでしょう。
リライトの際は、数字や事例などを適切に盛り込んで、ユーザーにとって有益な情報となるよう心がけましょう。
ユーザーニーズに応えられるコンテンツが、長期的なSEO効果を生み出すのです。

SEO効果を向上させるリライトのコツ

SEOを意識したリライトを行うためには、いくつかのコツを押さえる必要があります。
たとえば、関連記事とのリンクを張ることでサイト全体のページ間の関係性を強化したり、Googleに評価されやすいキーワードの使い方をすることで、検索順位の上昇につなげられます。
ここからは、更に詳しくリライトのコツについて解説していきます。

関連記事を内部リンクでつなぐ

リライトの際には、関連記事との相互リンクを設置することが重要です。
関連記事への内部リンクを設置することで、ユーザーの滞在時間を伸ばし、ページ間の遷移も促進できます。
これにより、Googleはあなたのサイトを深く評価し、検索順位の向上につながります。
特に、ユーザーの検索意図に沿った関連記事をうまくリンクさせることで、ユーザーの情報欲求をしっかりと満たすことができます。
関連記事を活用することで、ユーザーにとって有益なサイト体験を提供でき、コンバージョン率の向上にもつなげられるでしょう。
内部リンクの設置にあたっては、自然な形で関連性の高い記事へリンクさせることが重要です。
強制的な内部リンクは逆効果になる可能性があるため、ユーザビリティを損なわないよう注意が必要です。

Googleに評価されるキーワード入れ方をする

Googleは検索クエリとウェブページの内容の関連性を精緻に分析しており、適切なキーワードの配置はSEO対策において非常に重要です。
記事にキーワードを自然に盛り込むためには、以下のような工夫が効果的です。
まずは、SEO対策に有効なキーワードを見つけ出すことが不可欠です。
ターゲットとするユーザーの検索意図に沿ったキーワードを選定し、ページタイトル、見出し、本文、画像のalt属性などに配置していきましょう。
さらに、ランキングの高い上位サイトのキーワード使用状況を参考にすることで、より効果的なキーワード投入ができるでしょう。
ただし、単にキーワードを詰め込むだけではなく、自然な文章表現を心がけることが重要です。

検索意図に沿った独自の情報を入れ込む

SEOを意識したリライトを行う際、単純に検索キーワードを多く盛り込むだけでは不十分です。
ユーザーの検索意図に沿った独自の情報を提供することが重要です。
例えば、「SEO対策のリライト方法」を書く場合、一般的な対策だけでなく、自社の実践事例や最新の傾向など、ユーザーが求める踏み込んだ情報を織り交ぜることで、より価値の高い記事に仕上がります。
ユーザーの検索意図を把握し、それに応えられる独自の洞察を記事に盛り込むことで、単なるキーワード密度の高い記事ではなく、ユーザー目線で最適化された内容を提供できるのです。
弊社では、独自調査データの公表や著者の見解の追加、お客様の事例等を掲載することをお伝えすることが多いです。

著者監修を入れる

ブログ記事にはぜひ「著者監修」を明記しましょう。
これは記事の信頼性を高める上で非常に重要なポイントです。
ユーザーにとって、記事の内容を誰が監修しているかは大きな関心事となります。専門知識を持つ著者による監修があると、その記事がより信頼できるものと認識されます。
「著者監修」には、専門家としての知見、経験、実績が体現されていることを示すことができます。
単なる一般ユーザーが書いた記事ではなく、その分野に詳しい著者が監修したものであると明示することで、ユーザーの心証を高めることができるのです。
記事のクオリティを上げるためにも、ぜひ著者監修の記載を忘れずに行いましょう。
これがあるかないかで、ユーザーの印象が大きく変わる可能性があります。
信頼性の向上は、SEO対策においても重要な要素となりますので、しっかりと意識して取り組んでみてください。

タイトルやディスクリプションが適切なものかか確認する

リライトを行う際、SEO的に最も重要なのがタイトルとディスクリプションです。
これらが適切に設定されていないと、検索結果での集客が見込めません。
リライトを行う前に、まず現在のタイトルやディスクリプションが適切かどうかをしっかりと確認しましょう。
具体的には、キーワードの使用状況や内容との整合性、文字数の適切さ、ユーザーにとって魅力的な表現になっているかなどをチェックします。
こうした点を改善することで、リライトした記事がより効果的に検索結果に表示されるようになります。
検索結果に表示されるタイトルとディスクリプションは、ユーザーの閲覧意欲と直結するため、非常に重要な要素となります。
リライトの際は、この部分の最適化にも十分に注力しましょう。

リライトを行う際の注意点

リライトを行う際は、以下の3点に注意しましょう。
  • リライトの繰り返しによるコンテンツ軸のブレを防ぐ
  • リライトする前と後で検索順位のチェックを行い効果を検証する
  • リライト後は、Search Consoleからインデックスリクエストを行う
ユーザーに価値あるコンテンツを提供し続けるためには、丁寧なリライトプロセスが欠かせません。
これらの注意点を踏まえ、効果的なリライト施策を実践していきましょう。

1.リライトの繰り返しによるコンテンツ軸のブレを防ぐ

リライトを繰り返していくと、記事の焦点がぼやけてしまう危険性があります。
コンテンツ軸のブレを防ぐためには、リライト前後で記事の目的や構成を確認し、ターゲットユーザーの求める情報に集中し続けることが重要です。
効果的なリライト方法としては、以下のようなポイントに気をつける必要があります。
  • 記事の目的を明確に定めて、その軸からブレないよう意識する
  • リライト前に現在の記事構成を整理し、どの部分を強化すべきか明確にする
  • リライト後も記事の一貫性を保つよう、トピックの変更は慎重に行う
  • 目的から外れずに独自性のある情報を盛り込む
リライトを繰り返すうちに、徐々に記事の方向性がずれていくことがないよう、常に記事の本来の目的を意識しながら作業を進めましょう。

リライトする前と後で検索順位のチェックを行い効果を検証する

リライトを行った後は、必ず検索順位の変化をチェックする必要があります。
原稿の改善が功を奏したかどうかを確認するためです。
単に検索順位が上がっただけでなく、クリック率や滞在時間、直帰率などのデータも併せて分析することが大切です。
検索順位の確認は、リライト前と後の両方で行いましょう。
また定期的にリライト効果を検証し、必要に応じて再度最適化を行うことで、常に記事の質を高い状態に保つことができます。
検証のポイントは以下の通りです。
  • リライト前後の検索順位の変化
  • クリック率の変化
  • ページ滞在時間の変化
  • 直帰率の変化
  • 目標コンバージョンの変化
これらのデータを分析することで、リライトの効果を客観的に把握できます。
適切な修正を施しながら、着実にSEO対策を強化していきましょう。

2.リライト後は、Search Consoleからインデックスリクエストを行う

リライトした記事をGoogle検索で表示させるには、Search Consoleからインデックスリクエストを行うことが重要です。
このリクエストにより、Googleがリライトした記事をクロールし、インデックスに追加してくれます。(どの頻度でクロールされるかは、公表されていないので、実施しないよりする方が良いよねという観点です)
リクエストの方法は簡単で、Search Consoleのサイトマップ機能から、リライト済みの記事のURLを指定するだけです。
Googleはこの情報を元に、クロールを行ってくれます。
インデックスリクエストを行うことで、リライトのメリットを最大限に活かすことができます。
新しい情報に更新された記事が、検索結果で早期に表示されるようになります。
この仕組みを活用して、SEO効果を最大化しましょう。

リライト後の効果を確認できるまでにどの程度の期間がかかるか

リライトの効果は、おおよそ1〜3ヶ月程度かかると言われています。
初期的な効果はすぐに表れますが、本格的な効果を検証するには最低でも1ヶ月は必要と考えられます。
リライトの効果を確認する際のポイントは、以下の3つです。
  • 検索順位の変化
  • アクセス数の変化
  • コンバージョン率の変化

まとめ

SEOのリライトは、既存の記事を効果的に改善し、Googleの評価を高めるための重要な取り組みです。
リライトの手順を確認し、適切なタイミングと効果的なリライト方法を理解することで、検索順位の向上や集客力の高い記事を作成できるでしょう。
特に、検索順位の低下している記事や、検索ボリュームの多いキーワードの記事、コンバージョンにつながりそうな記事をターゲットにリライトを行うことが重要です。
また、ユーザーニーズに合わせた内容の充実化や、適切なキーワード設定、関連記事とのリンク構築など、SEO効果を高める工夫も欠かせません。
リライトを行う際は、コンテンツの軸ブレを防ぐことや、変化を検証することも忘れずに、定期的なリライトと効果測定を繰り返し、さらなる改善につなげていきましょう。
監修者紹介
Profile
Kazuki Sumida
株式会社サイダーストーリー
炭田一樹
インターネット広告代理店へ入社
・大学2年時から長期インターンとして参画。
・自社SEOメディア事業部として社員10名のマネジメントを経験。
・新卒入社後、1年目から福岡支社長に抜擢。0からの立ち上げを経験。
・支社開設後6ヶ月で単月黒字、3年で社員7名規模まで拡大。
株式会社サイダーストーリーを創業
・業界を問わず多数のクライアントの売上拡大に貢献
SEOのリライトとは?SEO対策でリライトが重要である理由1.リライトによる再評価で検索順位が上がる2.時間が経つにつれ、検索評価が変化するリライトを行う手順SETP1.リライト記事の選定STEP2.リライト記事の分析と方針策定STEP3.リライトの実施STEP4.リライト後の結果検証リライトを行うのに効果的なタイミング記事公開から4ヶ月以上経過したタイミング情報が古くなったタイミングリライトすべき記事の選定方法検索順位の陥落が顕著にみられる記事をリライトする検索順位が高い記事をリライトする検索ボリュームが多い記事をリライトする問い合わせやコンバージョンに繋がりやすい検索キーワードの記事をリライトするクリック率の低い記事をリライトするリライトの方針を決定する際の2つの方法客観的な数字から分析を行うユーザーニーズを元にリライトを行うSEO効果を向上させるリライトのコツ関連記事を内部リンクでつなぐGoogleに評価されるキーワード入れ方をする検索意図に沿った独自の情報を入れ込む著者監修を入れるタイトルやディスクリプションが適切なものかか確認するリライトを行う際の注意点1.リライトの繰り返しによるコンテンツ軸のブレを防ぐリライトする前と後で検索順位のチェックを行い効果を検証する2.リライト後は、Search Consoleからインデックスリクエストを行うリライト後の効果を確認できるまでにどの程度の期間がかかるかまとめ