SNS運用代行とは?費用相場やサービス内容、依頼先を検討する際のポイントについて詳しく解説

SNS運用代行とは?費用相場やサービス内容、依頼先を検討する際のポイントについて詳しく解説

 
SNS運用代行サービスは、自社のSNS運用に悩む企業にとって非常に魅力的なソリューションです。
専門家に任せることで、自社のブランディングやプロモーションを効果的に行えるだけでなく、手間と時間を大幅に削減できるのが特徴です。
しかし、SNS運用代行の費用相場やサービス内容は一社一様であり、自社に合った運用プランを見つけるのは難しいかもしれません。
そこで本記事では、SNS運用代行のサービス内容や費用相場を詳しく解説し、企業の皆様が最適なサービスを選ぶことができるよう情報をお届けします。
SNS運用代行を検討中の経営者の方は、ぜひ最後までご一読ください。自社に最適なSNS運用代行サービスを見つけるヒントが得られるはずです。
目次
集客/採用の課題をまるっと解決します!
サイダーストーリーは、マーケティングの全体戦略から各施策の戦術、進行管理など
お客様社内のマーケティングチームとして成果に貢献します。
▼このようなお悩みがあればぜひご相談ください
  • 月間の集客数が少ない
  • 費用対効果の良い集客施策を探している
  • SNSの運用を行いたい

SNS運用代行とは

SNS運用代行とは、企業や個人のSNS公式アカウントの運用を、専門家が代行するサービスです。
具体的には以下の業務が含まれます。
  • アカウント立ち上げ
  • KGI/KPIの設定
  • 投稿企画
  • コンテンツ制作
  • コメント対応
  • 投稿分析
  • 効果測定
つまり、SNSの投稿だけでなく、アカウント作成から分析、運用設計までSNS運用に関する全ての業務を外部の専門家に委託できることが最大のメリットです。

SNS運用代行に依頼できる内容

SNS運用代行では、投稿作成からアカウント運営、分析レポートの作成など、
SNS運用に関わる幅広い業務を包括的に依頼することができます。
主な依頼内容は以下の通りです。
  • SNSの投稿計画立案と定期的な投稿実行
  • ユーザーからの問い合わせ対応やコメントへの返信
  • 投稿の分析とレポーティング、改善提案
  • SNS広告の運用や管理
  • インフルエンサーマーケティングの企画・運営
代行会社の得意分野によっては、SNS運用に関する全ての業務を一括して任せられるケースもあります。

SNS運用代行の費用相場とサービス内容

SNS運用代行サービスの費用は、サービス内容によって大きく異なります。
一般的な相場は、月額10万円以下から月額50万円以上までと幅広い範囲に渡ります。
月額10万円以下のサービスでは、投稿作業の代行が中心となります。
月額20万円〜30万円のサービスでは、投稿代行に加え、SNS運用の基礎となるコンテンツ作成などが含まれています。
一方、月額50万円以上の高額プランでは、高度なSNS運用や分析、レポーティングなどが提供されます。
企業の目的に合わせた、きめ細かいSNS運用を求める場合に適しています。

初期費用がかかる場合

SNS運用代行サービスを利用する際、初期費用が発生する場合があります。
初期費用は主に以下の作業が対象となります。
  • SNSアカウントの新規作成
  • 運用方針の策定
  • 分析レポートの作成
通常、初期費用の相場は数万円から数十万円程度と言われています。
つまり、SNS運用を始める際には、月額料金とは別に、一時的な初期費用が必要になる可能性があるということです。

月額10万円以下のサービス内容

月額10万円以下のSNS運用代行サービスは、基本的な投稿業務と運用レポートの提供が中心となります。
主な内容は以下の通りです。
  • 週2〜3回程度の投稿代行
  • フォロワー獲得のためのフォロー/アンフォロー代行
  • 月次の運用状況レポートの提供
SNS運用の基礎的なノウハウを持つ担当者が、クライアント企業の要望に柔軟に対応することが特徴です。
予算に合わせて、投稿頻度や運用内容をカスタマイズできるのがメリットと言えます。

月額20~30万円のサービス内容

月額20万円から30万円の価格帯では、SNSへの投稿作業に加えて、SNS運用全般に関するコンサルティングや投稿内容の企画・制作、パフォーマンス分析などの高度な業務を代行してもらえます。
具体的には以下のようなサービスが含まれます。
  • SNS運用戦略の立案:企業のゴールに合わせたSNS運用計画の策定
  • 投稿内容の企画・制作:魅力的でユーザーに響く投稿コンテンツの作成
  • パフォーマンス分析:投稿の反応やフォロワー数、エンゲージメント率などの分析
  • SNS運用全般のコンサルティング:運用上の課題解決や改善案の提示
このように、単なる投稿作業にとどまらず、戦略策定から企画・分析までを一貫して代行してもらえるため、本格的なSNS運用が可能となります。

月額50万円以上のサービス内容

月額50万円以上のハイエンドなSNS運用代行サービスでは、SNS運用の企画から実行、分析、改善までを一気通貫で担当します。
投稿内容の制作はもちろん、SNS広告の運用やインフルエンサーマーケティングなども手掛けます。
そのため、 SNSを活用した総合的なプロモーション支援が可能です。
さらに、データ分析に基づく細かな改善提案や、危機管理体制の構築など、 高度なコンサルティングサービスが付帯しています。
主な特長は以下の通りです。
  • SNS運用の全工程を包括的に支援
  • SNS広告運用、インフルエンサーマーケティングの実施
  • データ分析に基づく細かな改善提案
  • 危機管理体制の構築など高度なコンサルティング

フリーランスにSNS運用代行を依頼した際の費用相場

SNS運用代行をフリーランスに依頼する場合、月額2万円〜10万円程度が一般的な相場となります。
フリーランスに依頼するメリットは、企業に比べて低コストで運用できる点にあります。
一方で、個人事業主のため、業務経験や実績、信頼性などを事前に確認する必要があります。
フリーランスの料金は、以下の要因で変動します。
  • 運用するSNS媒体の種類
  • 投稿頻度
  • 運用内容(コンテンツ制作や広告運用など)
そのため、自社のニーズに合ったフリーランスを見つけるためには、事前に運用内容を明確にしておく必要があります。

SNS運用代行サービスのメリット

SNS運用代行サービスを活用することで、専門家による本格的なSNS運用が可能になります。
企業側で人員を確保する必要がなく、効率的にSNSマーケティングに注力できます。
代行サービスでは、PDCAサイクルに基づいた運用が行われます。
定期的な分析と改善を重ねることで、より効果的な運用ができるでしょう。
また、代行業者の知見を活かすことで、ブランドイメージを損なう炎上リスクを最小限に抑えられます。
企業の信頼性を守りながら、安心してSNSマーケティングに取り組めます。

本格的にSNSを運用できる

SNS運用代行サービスを活用することで、企業はSNSの運用作業全般を専門業者に委託できます。
つまり、以下のような作業をプロの手によって本格的に行うことができるのです。
  • ターゲット層に訴求力のあるコンテンツの企画・制作
  • 適切なタイミングでの投稿スケジューリング
  • フォロワーとのエンゲージメント向上のための対応
  • SNSデータの分析と戦略の見直し
このように、自社の本業に専念しながらも、SNSマーケティングの効果を最大化できるのが大きなメリットです。
代行業者には、長年のノウハウとリソースが備わっているため、効率的かつ戦略的なSNS運用を実現できます。

PDCAサイクルを効率よく回せる

SNS運用代行サービスを利用することで、PDCAサイクル(計画→実行→評価→改善)を円滑に回すことができます。
代行業者は、投稿した内容の効果測定やデータ分析を専門的に行います。
その結果を基に、次の施策を立案し、素早く改善を図ることが可能です。
自社で一から運用を行うよりも、短期間でPDCAサイクルを回せるため、 最適な投稿内容や運用方法を見つけやすくなります。

炎上のリスクを最小限に抑えることが出来る

SNS運用代行業者は、企業の評判を守るため、様々な対策を講じています。
まず、運用ガイドラインを作成し、投稿内容を事前に確認することで、 不適切な投稿を防ぐことができます。
また、SNS担当者への教育や、危機管理体制の構築により、 迅速な対応が可能となり、炎上リスクを最小限に抑えることができます。
万が一、炎上が起きてしまった場合でも、適切な対処により、 イメージダウンを防ぐことが可能です。

SNS運用代行サービスのデメリット

SNS運用代行サービスを利用する際のデメリットとして、まず代行業者との情報共有による工数がかかることが挙げられます。
自社の方針やブランディングを代行業者に理解してもらうには、双方で密な情報交換が必要不可欠です。
次に、顧客との接点がなくなるリスクがあげられます。
SNSを通じた顧客とのコミュニケーションは代行業者が担うため、自社ブランドの価値を直接伝えづらくなる可能性があります。
加えて、自社に合うSNS代行業者を探す時間がかかることも大きなデメリットといえます。
代行業者の得意分野や運用スタイルなどを事前に確認する必要があり、探し始めるタイミングが遅れると運用開始が遅れがちになります。

代行業者との情報共有による工数がかかる

SNS運用代行を利用する際、企業情報や顧客情報など、重要な内部情報を代行業者と共有する必要があります。
これにより、企業側の担当者は代行業者との情報共有に多くの時間を費やさなければなりません。
企業と代行業者の間で綿密なコミュニケーションを取り、効率的な情報共有体制を構築することが不可欠です。
そうしないと、かえって企業側の作業工数が増加してしまう恐れがあります。

顧客との接点がなくなるリスクがある

SNS運用を代行業者に任せると、自社と顧客の直接的なコミュニケーションが減少する可能性があります。
代行業者が顧客対応の窓口になることで、顧客の生の声を収集しづらくなったり、顧客の反応を把握しにくくなるリスクがあるのです。
顧客とのつながりが希薄化すれば、以下のような課題が生じる可能性があります。
  • 顧客ニーズの把握が困難になる
  • 顧客の不満を見過ごしてしまう
  • 顧客とのエンゲージメントが低下する
そのため、代行業者との綿密な情報共有が必要不可欠となります。
定期的な顧客対応レポートの共有や、代行業者と自社の連携体制を構築することで、このリスクを最小限に抑えることができます。

自社に合うSNS代行業者を探す時間がかかる

SNS運用代行サービスを利用する際の大きな課題は、自社に最適な業者を見つけ出すことです。
業者によって得意分野や提供サービスが異なるため、自社のニーズにマッチする業者を選定するのに時間を要します。
例えば、以下の点を事前に確認する必要があります。
  • 業者の得意分野と自社の商材が合致しているか
  • 自社が運用したいSNS媒体を業者が得意としているか
  • 業者の料金と作業内容は適切であるか
このように、業者の特徴を詳細に把握し、自社のSNS戦略やニーズに沿った業者を選ぶには、一定の時間と労力がかかります

SNS運用代行会社に依頼する前に決めておくとよいポイント

SNS運用代行を依頼する前に、以下の点を明確にしておくことが重要です。
SNSの運用期間
SNS運用の期間を事前に決めておきましょう。
キャンペーン期間だけなのか、継続的に運用するのかによって、代行会社への依頼内容が変わってきます。
依頼する作業内容
投稿作成のみなのか、運用全般を任せるのか、作業内容をはっきりさせましょう。
代行会社によって得意分野が異なるため、自社のニーズに合った会社を選べます。
投稿頻度
投稿頻度は、SNSの種類や目的によって変わります。
代行会社と相談しながら、適切な投稿ペースを設定しましょう。
投稿内容とコンセプト
投稿内容のテーマやコンセプトを事前に決めておくと、代行会社に依頼しやすくなります。
自社の魅力や価値観を伝えられるよう、心がけましょう。
ここからは、それぞれについて詳しく解説していきます。

SNSの運用期間

SNS運用の期間は、目的や予算に合わせて設定する必要があります。 短期的な効果を狙う場合は、3〜6ヶ月程度の運用期間が適切でしょう。
一方で、長期的な視点で取り組みたい場合は、1年以上の運用期間を検討するとよいでしょう。
SNSでの認知度向上や売上アップなどの効果は、時間をかけて徐々に現れてくるものです。
SNS運用には一定の時間がかかるため、短期間の運用では十分な成果は期待できません。
自社のマーケティング目的や予算に合わせて、適切な期間を設定することが重要です。

依頼する作業内容

SNS運用代行の依頼範囲を決める際は、自社が実現したいゴールに合わせて必要な作業内容を明確にすることが重要です。
代表的な作業内容としては以下のようなものが挙げられます。
  • SNSアカウントの開設・運用管理
  • 投稿計画の立案と編集
  • 投稿コンテンツ(画像・動画など)の作成
  • 広告運用・効果測定
  • リスク管理(コメント対応、炎上対策など)
例えば、ブランディングが目的であれば投稿コンテンツ作成が中心となり、
販売促進であれば広告運用や効果測定がメインの作業になるでしょう。
自社の目標とSNS戦略に合わせて、必要最低限の作業内容を具体的に検討し、
依頼範囲を明確にすることが大切です。

投稿頻度

Instagramの投稿頻度は、2〜3日に1回程度が一般的に推奨されています。
ただし、フォロワーのニーズによって最適な頻度は変わる可能性があります。
例えば、フォロワーがコンテンツを頻繁に求めている場合は、毎日投稿する必要が出てくるかもしれません。
一方、フォロワーがゆっくりとした投稿を好む傾向にあれば、週に1回程度の投稿でも良いでしょう。
つまり、アカウントの状況を見ながら柔軟に対応することが重要なのです。
また、2024年からはInstagramのアルゴリズム変更により、定期的な投稿が求められる可能性が高まると指摘されています。
つまり、現時点で適切な投稿頻度を見極め、習慣化しておくことが賢明だと言えるでしょう。

投稿内容とコンセプト

投稿内容は自社の目的やターゲットユーザーに合わせて決める必要があります。
商品・サービスの特徴を活かしつつ、ユーザーの関心を惹く魅力的なコンテンツを企画しましょう。
具体例としては、 製品紹介 ・新着情報 ・ユーザーの関心を引くトピック などが考えられます。
投稿の頻度タイミングハッシュタグの使用方法も重要なポイントです。
コンセプトは、SNSのプラットフォームの特性に合わせ、 ブランドイメージの訴求 ・共感を呼び起こす内容 を検討するとよいでしょう。
ユーザーとの対話を大切にし、信頼関係を築いていくことが成功への鍵となります。

SNS媒体別特徴と選定のポイント

自社のビジネスや目的、ターゲットユーザーなどを踏まえて、最適なSNS媒体を選ぶ必要があります。
若年層に人気が高く、ファッション・ライフスタイル商品の販促に向いているのがInstagram。
幅広い年齢層が利用しており、地域密着型の情報発信に適しているのがFacebook。
リアルタイムのトピックやトレンドに強いのがX(旧Twitter)。
動画コンテンツの配信に適しているのがYouTube。
若年層を中心に人気があり、楽しい体験を提供するコンテンツに向いているのがTikTok。
精度の高いターゲティングが出来るのがLINE広告。
自社の特性やターゲット層に合わせて、最適なSNSを選定することが肝心です。
SNS媒体
自社の商品・サービスや顧客層に合わせて、運用するSNS媒体を検討しましょう。
代表的なSNSには以下のようなものがあります。
  • Instagram
  • YouTube
  • Facebook
  • X(旧Twitter)
  • TikTok
  • LINE

Instagram

Instagram運用の代行費用は、サービス内容によって大きく異なります。
基本的な投稿作業のみであれば月額20万円前後が相場ですが、
クリエイティブな企画立案や分析・改善提案を含む本格的な運用サポートとなると、
月額50万円を超える高額なプランも存在します。
代行業者によっては、以下のようなサービスを提供しているところもあります。
  • ターゲット設定のコンサルティング
  • 撮影を含むコンテンツ制作
  • 投稿スケジューリングと投稿
  • アカウント開設からの一括サポート
インスタグラム運用で課題を抱えている企業は、
代行サービスの活用を検討するとよいでしょう。

YouTube

YouTubeは金融・保険業界でも積極的に活用されており、専門知識の解説や過去のセミナー配信、最新情報の発信などに使われています。
動画コンテンツが主流となる中、YouTubeを活用することで宣伝効果やクロスプロモーション、コミュニケーション促進などのメリットが期待できます。
さらに、YouTubeとSNSを連携して運用すれば、既存コンテンツを有効活用できるというメリットもあります。

Facebook

Facebookは企業にとって重要なマーケティングチャネルの1つです。
ページを通じて製品やサービスの魅力を発信し、ユーザーとの対話が可能です。
効率的な運用には、データ収集・分析ツールの活用が不可欠です。
これにより、投稿の最適化や効果的な広告運用ができます。
また、投稿のトーンやマナー、誤爆・炎上対処法などのルールを事前に定めることが重要です。
ルールを明確にすることで、ブランドイメージの維持と危機管理に役立ちます。
主な運用ポイントは以下の通りです。
  • コンテンツ戦略の策定(ペルソナ設定、投稿頻度、投稿内容の設計)
  • データ収集・分析(リーチ数、エンゲージメント率など)
  • 危機管理体制の構築(ガイドライン策定、役割分担、モニタリング)

X(旧Twitter)

X(旧Twitter)は、短文投稿に適した人気SNSです。
日本国内で4,500万人以上のユーザーがいる影響力の高いプラットフォームとなっています。
企業によるマーケティング活用が進んでおり、特にX(旧Twitter)スペースは、ユーザー発信コンテンツ(UGC)の拡散に適しています。
また、リアルタイムで注目を集めているワードやハッシュタグを表示するトレンド機能も、マーケティングに有効活用できます。

TikTok

TikTokは近年急速に成長し、若年層を中心に人気の高いSNSです。
しかし、他のSNSとは異なる特性があるため、適切な運用方法を理解しないと思わぬ落とし穴に陥る可能性があります。
TikTokでバズる動画を作成するためには、以下のポイントが重要です。
  • 短い動画で印象的なストーリーを作ること
  • トレンドに合わせた音楽や効果音を使用すること
  • ハッシュタグの活用や、インフルエンサーとのコラボレーションなどで拡散力を高めること
また、TikTokでは一過性の人気に終わらず、長期的に集客を続けるためには、以下の点に注意が必要です。
  • 定期的に新しい動画を投稿し続ける
  • フォロワーとのエンゲージメントを大切にする
  • トレンドに合わせてコンテンツを進化させていく

LINE

企業がLINEを活用する場合、友だち追加キャンペーンやクーポン配信などを行い、ユーザーとの接点を持つことができます。
また、行動履歴や、LINEファミリーサービス上で登録されたデータ、広告主が保有しているカスタマーデータに基づいた
精度の高いターゲティングも行うことが出来ることが強みとなっています。
そのため、LINEは、企業にとって重要な集客・広告チャネルとなっています。
関連記事

SNS運用代行会社を選ぶ際のポイント

SNS運用代行会社を選ぶ際は、以下の4つのポイントを確認することが重要です。
1. 代行会社の得意分野と自社の商材が合っているか
代行会社の得意分野と自社の商材が合っているかを確認しましょう。
得意分野が異なれば、効果的な運用が難しくなります。
2. 担当者は信頼できる人物であるか
担当者の人となりや実績、代行会社の運営体制なども確認が必要です。
信頼できる担当者であれば、スムーズな運営が期待できます。
3. 自社が運用したいSNS媒体を代行会社が得意としているのか
運用したいSNS媒体が代行会社の得意分野であるかを確認しましょう。
得意分野外の媒体では、効果的な運用が難しくなります。
4. 代行業者の料金と作業内容は適切であるか
最後に、代行会社の料金と作業内容が適切であるかを確認しましょう。
費用対効果を検討し、自社にとってベストな選択をすることが大切です。
ここからは、それぞれの項目について詳しく解説していきます。

代行会社の得意分野と自社の商材が合っているか

SNS運用代行を依頼する際は、代行会社の得意分野と自社の商材が合致しているかを確認することが非常に重要です。
代行会社は特定の業界や商材に強みを持っている場合が多く、自社の商材がその得意分野と合致していないと、期待通りの成果を上げることが難しくなる可能性があります。
そのため、依頼前に代行会社のウェブサイトや問い合わせを通じて、得意分野や実績のある商材を確認することをおすすめします。
自社の商材が代行会社の強みと合致していれば、より効果的なSNS運用を期待できるでしょう。

担当者は信頼できる人物であるか

SNS運用代行サービスを選ぶ際、担当者が信頼できる人物かどうかは極めて重要なポイントになります。
信頼できる担当者とは、誠実で責任感があり、迅速かつ丁寧な対応を心がける人物を指します。
また、SNSの専門知識や運用実績が豊富であることも大切な要素です。
一方で、不誠実な態度や遅延対応が常態化している担当者専門性が不足している担当者に運用を任せてしまうと、 信頼関係の構築が難しくなり、スムーズな運用が期待できなくなる可能性があります。
そのため、事前に担当者の人柄や専門性を確認し、信頼できる人物であるかを見極める必要があります。

自社が運用したいSNS媒体を代行会社が得意としているのか

SNS運用代行会社を選ぶ際、自社が運用したいSNS媒体を代行会社が得意としているかどうかは非常に重要なポイントです。
各SNS媒体には特性があり、それぞれに適した運用ノウハウが必要とされるからです。
例えば、Instagram運用に強みを持つ代行会社であれば、インスタ特有の写真投稿のコツやフォロワー獲得施策に長けています。
一方で、Facebook、Twitter、TikTokなど他のSNSには必ずしも強くない場合があります。
そのため、自社の運用したいSNS媒体に合わせて、その媒体の運用実績や得意分野を持つ代行会社を選ぶことが大切です。
代行会社のウェブサイトやサービス内容を確認し、自社のニーズにマッチする会社かどうかを見極めましょう。

代行業者の料金と作業内容は適切であるか

SNS運用を外部に委託する際、最も重要なポイントは代行業者の料金と作業内容が適切かどうかを見極めることです。
料金に関しては、以下の3点に留意しましょう。
  • 自社のニーズに見合った作業内容が含まれているか
  • 投稿頻度や運用媒体数に応じた適正な金額か
  • オプションサービスなどで余計な費用がかさんでいないか
また、作業内容については、具体的な運用方針や役割分担を事前に確認し、認識のズレがないことが大切です。
例えば、
  • 投稿頻度や時間帯
  • 企画立案から実施までの流れ
  • 自社とのコミュニケーション体制
など、細かい点まで詰めておく必要があります。

まとめ

SNS運用代行サービスは、専門家によるSNS運用で効率的なPDCAサイクルを回せるメリットがあります。
一方で、代行業者との情報共有の工数や顧客との接点減少といったデメリットも存在します。
そのため、SNS運用代行を検討する際は、以下のポイントを事前に検討しましょう。
  • 運用期間や投稿内容、使用するSNS媒体の選定
  • 代行業者の得意分野や信頼性、料金体系の確認
自社の目的に合った条件を整理し、慎重に代行業者を選ぶことが重要です。
監修者紹介
Profile
Kazuki Sumida
株式会社サイダーストーリー
炭田一樹
インターネット広告代理店へ入社
・大学2年時から長期インターンとして参画。
・自社SEOメディア事業部として社員10名のマネジメントを経験。
・新卒入社後、1年目から福岡支社長に抜擢。0からの立ち上げを経験。
・支社開設後6ヶ月で単月黒字、3年で社員7名規模まで拡大。
株式会社サイダーストーリーを創業
・業界を問わず多数のクライアントの売上拡大に貢献