SEOに強い記事の書き方とは?押さえておきたい13ポイントを紹介

SEOに強い記事の書き方とは?押さえておきたい13ポイントを紹介

 
目次
集客/採用の課題をまるっと解決します!
サイダーストーリーは、マーケティングの全体戦略から各施策の戦術、進行管理など社内のマーケティングチームとして成果に貢献します。
▼このようなお悩みがあればぜひご相談ください
  • 月間の集客数が少ない
  • 費用対効果の良い集客施策を探している
  • SEOでの売り上げアップを行いたい

SEO記事とは?

SEO記事とは、Googleをはじめとした検索エンジンにおいて上位表示されることを目的として作成した記事のことを指します。単に記事を書くのではなく、検索上位表示を狙うためのさまざまな工夫が施された記事を意味しており、適切なキーワード選定や、ユーザーの検索意図に応える内容作り、SEOに強い構成づくりなどが重要なポイントとなります。
適切なSEO対策を施した記事を継続的に発信することは、自社のウェブサイトの知名度や信頼性を向上させるだけでなく、信頼性新規ユーザーの獲得や、既存顧客の育成につなげることができるため、企業や個人のウェブマーケティング担当者にとって、SEO記事の作り方を理解し、効果的に記事を書くスキルを身につけることは重要な課題となっています。
ここからは、記事を書く上で重要な指標となるGoogleのガイドラインについて解説します。

Googleのガイドラインに沿った記事を書く

Googleでは、ユーザーにとって有益で質の高いコンテンツを提供することを推奨しており、それを判断するために、独自のガイドラインを設けています。
具体的には、
・情報の正確性
・信頼性
・専門性
・ユーザビリティ
上記をあげており、これらの項目を意識しつつ、記事作成を行う必要があります。
たとえば、記事の内容が最新で正確であり、信頼できる情報源に基づいていることを示すことや、ユーザーの疑問に丁寧に答え、分かりやすい言葉で説明することも重要です。さらに、記事が専門的な知見に基づいていることを伝え、ユーザーの利便性を高めることも欠かせません。
Googleのガイドラインに沿った記事を書くことで、ユーザーにとって有益な情報を提供し、検索エンジンからも高い評価を得ることができるため、ぜひ、記事作成時にはGoogleのガイドラインを意識して、ユーザーの視点に立って記事を書いていきましょう。

SEO記事を書く上で重要な考え方

SEO記事を書く上で最も重要なのは、ユーザーの検索意図に応えることと、独自性のある内容を提供することです。ユーザーの満足度を重視する必要があるため、単にキーワードを詰め込んだだけでは高い評価を得られません。
また、ユーザーが読みやすい記事構成も重要です。見出しの設定や段落の分割、箇条書きの活用などにより、ユーザーがストレスなく記事を読み進められるようにしましょう。さらに、EEATの観点から、専門家としての信頼性や公平性、正確性を示すことも大切です。
これらの要素を意識しながら、ユーザーの検索意図に応え、独自性のある内容を提供することで、高い評価を得られるSEO記事を書くことができます。
ここからは、具体的にSEO記事を書く上で重要な考え方について解説していきます。

ユーザーの検索意図に応える内容であるか

ユーザーの検索意図に応える内容であることは、SEO記事を評価される上で非常に重要です。単に検索キーワードを網羅しているだけでは不十分です。ユーザーが何を知りたがっているかを徹底的に理解し、それに応える情報を提供することが求められます。
例えば「SEO記事の書き方」を検索したユーザーは、「効率的にSEO記事を作成する方法」を知りたがっていると考えられます。そのため、記事では具体的な手順や注意点を分かりやすく解説し、ユーザーの疑問に応えられる内容にする必要があります。
また、単に知識を提供するだけでなく、ユーザーの行動を促すような提案や提案も含めると、より評価されやすい記事になります。ユーザーの立場に立って、何を知りたがり、何をしたいのかを丁寧に分析し、それに応える内容を作ることが重要です。

独自性のある内容であるか

SEO記事を成功させるためには、他では見られない独自性の高い内容を提供することが重要です。単なる情報の寄せ集めではなく、自社ならではの切り口や新しい視点を取り入れることで、ユーザーの関心を引きつけることができます。
例えば、業界の最新動向や、自社の特殊な事例、専門家の生の声など、他のサイトにはない情報を盛り込むといった具合です。ただし、独自性を打ち出すあまり、ユーザーの求める情報から逸脱してしまってはいけません。ターゲット層のニーズとのバランスを取ることが肝心です。
独自性のある優れたコンテンツを提供することで、Google検索の上位表示を勝ち取ることができ、ユーザーの支持も得られるはずです。オリジナリティ溢れる記事作りに取り組みましょう。

ユーザーが読みやすい記事であるか

SEO対策をしっかり行った良質な記事でも、ユーザーが読みづらい構成や表現だと、せっかくのアクセスを逸してしまう可能性があります。そのため、ユーザーの目線に立って、記事を「読みやすい」ものに仕上げることが重要です。
例えば、長すぎる段落は読者の集中力を散漫にしてしまうため、適度な長さの段落に分け、ユーザーの負担にならない文章量にするといった具合です。
また、見出しの設定も重要となります。
適切な階層の見出しを設けることで、記事の構成が明確になり、ユーザーが理解しやすい記事となります。さらに、箇条書きやテーブルの活用など、視覚的にも分かりやすい表現を織り交ぜることで、退屈さを感じさせない記事に仕上がります。

EEATを意識した内容であるか

Google検索の上位表示を得るためには、EEAT(Experience,Expertise、Authoritativeness、Trustworthiness)が重要です。つまり、記事の内容が専門性・信頼性・権威性に富んでいるかどうかが評価のカギとなります。
具体的には、以下の点に留意して記事を作成することが肝心です。
  • 著者の専門性を明示する
  • 引用や参考文献を適宜示し、記事の信頼性を担保する
  • ブランドや企業の権威性を示す
  • ページ全体の質が高いと評価されるよう、レイアウトやデザインなども意識する
これらの要素を意識して丁寧に記事を作り上げることで、Googleからの高い評価を得られ、ユーザーにとっても、より信頼できる情報を得られるようになります。

評価されやすいSEO記事を作る際のポイント

効果的なSEO記事を作成するには、キーワード選定から記事構成、内容作成まで、様々な要素を意識して取り組むことが重要です。これらを始めるにあたって、まずは記事のテーマ選定から始める必要があります。
ターゲットとなるユーザーの検索意図を把握し、かつ自社の強みを生かせるテーマを慎重に選定することが重要です。次に、記事のゴールと目的を明確にする必要があります。単に上位表示を狙うだけでなく、ユーザーの課題解決につながる内容であることが重要です。
さらに、上位表示されている既存記事の分析を行い、それらとの差別化ポイントを意識した記事構成を立案することも欠かせません。単に上位表示されているキーワードを盛り込むだけでなく、ユーザーの関心を惹きつけられるような魅力的な内容づくりに努める必要があります。

1.記事で扱うテーマを選定する

SEO記事を作成する際、最初に行うべきことは記事で扱うテーマの選定です。ターゲットユーザーの検索意図に最も沿ったテーマを選ぶことが重要です。人気のあるキーワードを選んでも、ユーザーの求めている情報と合致していなければ、SEO的に評価されにくくなってしまいます。
効果的にテーマを選定するには、Googleトレンドやキーワードプランナーなどのツールを活用し、月間検索ボリュームや競合状況を把握することが不可欠です。また、自社の強みや得意分野とユーザーニーズのマッチングも考慮することで、ユーザーに有益な情報を提供しつつ、SEO的にも高い評価を得られる記事を書くことが出来ます。
テーマ選定の際は、あまり一般的すぎない広すぎるテーマではなく、特定のユーザー層に絞り込んだ具体的なテーマが効果的です。ターゲットを明確にすることで、ユーザーの検索意図に的確に応えられる内容を作成できるでしょう。
 
<検索キーワード・需要推移ツール>

2.記事のターゲット層と記事の目的を決める

SEO記事を作成する際には、まずターゲットとする読者層を明確にする必要があります。ペルソナ分析を行い、どのような課題を抱えている企業のマーケティング担当者を対象にするのか、その人たちが記事から何を得たいのかを把握しましょう。
次に、その読者層に響く記事の目的を設定します。読者の検索意図に応える内容なのか、新しい視点を提供するものなのか、実践的なノウハウを伝えるのか、はっきりさせることで、記事の方向性が定まります。
ターゲット層と目的を明確にすれば、読者の立場に立った視点で情報を選定し、構成を組み立てることができ、読者の共感を得つつGoogleにも評価されるSEO記事を作成できるのです。

3.上位表示させたいワードを選定する

SEO記事を書く上で重要なのが、上位表示させたいキーワードの選定です。効果的なキーワードを選んでこそ、Googleでの上位表示を狙えるはずです。まずは自社のターゲット層が実際に使用しているキーワードを探りましょう。ウェブサイトの分析ツールや、Google AdWordsのキーワードプランナーといった便利なツールを活用するのがおすすめです。
 
<無料で使える分析ツール>
 
その上で、キーワードの検索ボリュームや競合状況を考慮しながら、自社の商品やサービスに合ったキーワードを厳選していきます。ブログに採用するキーワードはユーザーの検索意図に合致しつつ、自社が訴求したい内容を反映したものが望ましいでしょう。そして、中長期的な視点で、今後の記事作成に活用できそうなキーワードを選定することをおすすめします。
キーワード選定の際は、SEO担当者だけでなく、営業やカスタマーサポート担当者などの社内の関係者とも議論を重ね、ユーザーの生の声を反映させることが重要です。ユーザーが実際に使っているキーワードを見逃すことなく、効果的なSEO記事の土台を作り上げましょう。

4.上位表示されている記事の調査を行う

SEO記事を書く上で重要なのは、現在の上位表示されている記事の内容を徹底的に分析することです。具体的には、どのようなキーワードが使用されているのか、どのように記事が構成されているのか、どのような画像や動画が使用されているのかなど、細かく調査しましょう。
この調査結果を踏まえて、自分の記事がどのように差別化できるかを検討することが大切です。単に同じような内容を書いても、上位表示されている記事と比べて劣ってしまいます。調査結果を活かし、より魅力的で情報価値の高い記事を作り上げていきましょう。
また、上位表示されている記事の更新頻度や、新しい記事が更新された際のランキングの変化も把握しておくと良いでしょう。こうした情報を得ることで、自分の記事のタイミングやリライトの必要性なども見極められるはずです。

5.過去に制作した記事の内容を把握する

過去の記事を振り返ることは、これからのSEO記事の制作において非常に重要です。自社がこれまで制作してきた記事の内容を把握することで、効果的な企画立案やキーワード選定、記事構成の立案などが可能になります。
過去の記事を分析することで、どのようなテーマが好評だったのか、どのキーワードを狙えば良いのか、記事構成の傾向はどうなのかなど、様々な示唆を得ることができます。さらに、同一のテーマについて詳細な記事を書く際の参考にもなります。
過去の記事分析では、閲覧数、PV数、滞在時間、直帰率といった指標を確認することで、ユーザーの反応を把握できます。また、コメント数やソーシャルシェア数なども分析対象とすると、記事の評価がより明確になります。

6.構成案を作り込む

SEO記事の構成案を作り込むことは、記事の品質を大幅に左右する重要なステップです。ここではペルソナの方が興味を持ちそうな構成案を丁寧に設計していきましょう。まずは、検索キーワードの動向分析や競合記事のリサーチを行い、ユーザーの求めている情報を的確に把握することが必要不可欠です。
次に、明確な記事の目的や論点を定め、それに沿ったタイトルや見出し構成を設計します。見出しは、ユーザーの関心を引き付けつつ、Googleの評価にも通用するよう意識的に設計することが重要です。また、適切な段落構成と文字数配分で、読者の興味関心を最後まで持続させるような構成にしていきます。
そして最後に、適切なキーワードの配置や関連コンテンツへのリンク設置など、SEO対策も盛り込んでいきます。ペルソナの方が求めている情報をしっかりと汲み取り、読み手目線での構成設計を心がけることが、高品質なSEO記事を生み出す鍵となります。

7.タイトルと見出しにキーワードを含める

Googleは、ウェブページのコンテンツを適切に評価するために、ページのタイトルやh1~h6の見出しに含まれる言葉に着目しています。したがって、SEO記事を書く際はキーワードをタイトルや見出しに含めることが重要です。これにより、Googleのクロールボット がコンテンツの内容を正確に把握し、適切に評価することができます。
例えば、「SEO記事の書き方」というタイトルの記事では、「SEO」「記事」「書き方」といったキーワードが見出しに含まれています。このように、ユーザーが検索したときに表示されやすくなるよう、キーワードを効果的に活用しましょう。
ただし、キーワードをむやみに詰め込むのは避けましょう。それよりも、ユーザーの視点に立って「わかりやすい」「読みやすい」見出し構成を心がけることが大切です。見出しの内容が的確でインパクトがあれば、自然とクリック率も上がるはずです。

8.リード文を作成する

SEO記事の導入となる部分は「リード文」と呼ばれており、記事の本題や重要なポイントをわかりやすく簡潔に伝える役割があります。読者の興味を引き、記事への期待感を高められるよう工夫する必要があります。
リード文は抜きつつも読み手の情報欲求を満たすものであるべきです。そのためには、記事の「大まかな内容」「なぜそのテーマを取り上げているのか」「どのような価値を提供するのか」といった核となる部分をしっかりとまとめ上げましょう。
また、リード文の文章構造も重要です。短すぎるとインパクトが弱く、長すぎると読み手の集中力を乱してしまいます。適度な長さと、読み手の関心を惹きつける言葉遣いを心がけることが大切です。

9.自社の専門性を含んだ記事内容にする

ペルソナの方が求めるのは、効率的にSEO記事を作成する方法ですが、それだけではなく、自社の専門性を活かした内容も重要です。単なる検索エンジン対策ではなく、ユーザーに価値のある情報を提供することが重要になります。
たとえば、自社の製品やサービスに関する知見、業界動向の分析、専門家としての意見などを積極的に盛り込むことで、単なる一般的な情報ではなく、ペルソナの方にとって有益な内容になるでしょう。
また、自社の取り組みや実績、課題解決事例なども交えることで、ペルソナの方の共感を呼び、信頼度の高い記事になります。自社の強みを活かしつつ、ユーザーの求める情報も網羅した記事を目指しましょう。

10.結論から述べる

SEO記事の作成において、結論は非常に重要な位置づけにあります。読者の関心を最後まで引き付けるためには、冒頭で結論を示し、その後に根拠や詳細を展開していく構成が効果的です。
結論を先に示すことで、読者は全体の構造を把握しやすくなり、必要な情報を素早く得ることができます。さらに、結論の妥当性を示す詳細な説明によって、読者の理解度を深めることができます。
特に、ユーザーのニーズに沿った解決策や行動指針を明確に示すことで、読者の行動を後押しすることができるでしょう。このように、「結論先行」の構成は、SEO記事における重要なポイントとなるのです。

11.目次を設定する

記事の構成を明確にするために、目次の設置は非常に重要です。目次を設けることで、読者は記事の全体像を把握しやすくなり、興味のあるセクションをすぐに見つけられるようになります。また、目次を作成する際には、読者に記事の構成を一目で理解してもらうために、見出しの階層構造を反映させるようにしましょう。さらに、クリックすると該当のセクションにジャンプできるようにリンクを設定することで、ユーザビリティを向上させることができます。目次の活用は、SEO対策としても有効です。目次の設置は、読者の利便性と検索エンジンの評価の両方を高められる大切な要素なのです。

12.過去に制作した記事の内容を把握する

SEO記事を効果的に作成するには、過去に制作した記事の内容を把握することが重要です。過去の記事から、どのような内容が好評だったのか、どの部分が改善の余地があるのかを分析することで、新しい記事の作成に活かすことができます。
既存の記事の中から、アクセス数が多かった記事、コンバージョン率の高かった記事、読者からのコメントが活発だった記事などをピックアップし、それらの特徴を分析しましょう。具体的には、記事の構成、キーワードの使い方、画像の活用方法、Call to Actionの設置箇所などを確認し、参考にできる部分を洗い出します。
さらに、過去の記事を定期的にリライトし、最新の情報に更新することで、継続的にアクセスを集めることができます。SEO対策を施しながらも、ユーザーの反応を見極めて、記事の質を高めていくことが重要です。

13.まとめ記事を作成し、詳細記事へ移行できる仕組みを作る

SEO対策のためには、まとめ記事を作成し、そこから詳細記事へとユーザーを誘導するフローを設けることが効果的です。まとめ記事では、ユーザーの検索意図に沿ったキーワードを網羅し、簡潔な内容でポイントを押さえます。そして、ユーザーの興味関心をかきたて、詳細記事への誘導リンクを設置することで、ページ滞在時間の延長や、詳細記事のアクセス数増加が期待できます。
また、定期的にまとめ記事のリライトを行い、最新の情報に更新することも重要です。ユーザーのニーズの変化に合わせて記事の内容を改善し続けることで、継続的なアクセス獲得につなげることができます。
さらに、まとめ記事と詳細記事の連携を意識した設計を心がけましょう。まとめ記事からの誘導リンクの配置や、詳細記事への参照リンクの設置など、ユーザーの体験を意識した仕組みづくりが、SEO効果を高めるカギとなります。

SEO記事を書く際に注意すべき点

SEO記事を効果的に書くには、キーワードの無理な詰め込みは避ける必要があります。自然な文章表現が重要です。また、Google のアルゴリズムの変更に合わせて、定期的にリライトを行うことが大切です。
キーワードを強調し過ぎると、かえってユーザーの読みづらさを招いてしまいます。そのため、キーワードは適度に配置し、ユーザビリティを損なわないよう気をつける必要があります。
一方で、定期的なリライトも欠かせません。ランキングが変動する中で、常に記事の最新性と適合性を維持することが、持続的な集客につながります。ライターは記事の内容を定期的に見直し、必要に応じて修正を加えることが求められます。

無理にキーワードを詰め込まない

SEO記事を書く際には、ページ内のキーワードの密度に気をつける必要があります。キーワードを無理に詰め込むと、かえってユーザビリティが低下し、Googleから評価されにくくなってしまいます。
適切なキーワード密度を保ちつつ、ユーザーの検索意図に合った自然な文章を書くことが重要です。キーワードの使い方としては、タイトルや見出しなどの適所に配置し、本文中では読みやすい自然な表現を心がけましょう。
例えば、キーワードを羅列するのではなく、関連する言葉を織り交ぜて、より意味のある文章にすることをおすすめします。そうすることで、検索エンジンからの評価も高まり、ユーザーの興味も引きつけられるはずです。

定期的に記事のリライトを行う

Googleのアルゴリズムの変更に合わせて、定期的に記事のリライトを行うことが重要です。新しい情報を取り入れたり、表現の改善を行うことで、常に最新の内容を提供することができます。また、ユーザーの検索意図に応じたリライトを行えば、より高評価されるはずです。
記事のリライトを行う際は、ターゲットキーワードや記事の目的、ユーザーニーズなどを再確認し、必要に応じて構成や表現を見直しましょう。経時的に見直すことで、記事の鮮度が保たれ、Googleの評価も高まっていきます。
記事のリライトにはコストがかかりますが、アクセス数の増加や検索順位の上昇など、大きなリターンが期待できます。リライトの頻度は、サイトの規模や更新頻度、競合状況などを踏まえて判断しましょう。マーケティングの一環として、ぜひ記事のリライトを検討してみてください。

まとめ

SEO記事を作成する上で重要なポイントをまとめました。まずは、ユーザーの検索意図に応え、独自性のある魅力的な内容を作ることが不可欠です。さらに、Googleのガイドラインを守り、EEATを意識した質の高い記事を書くことが評価につながります。
記事作成の際は、適切なキーワード選定、上位記事の分析、過去の実績の把握などを行い、丁寧な構成作りを心がけましょう。また、無理にキーワードを詰め込まず、定期的なリライトも忘れずに。
これらのポイントを意識しながら、ユーザーにとって有益な質の高いSEO記事を作成していくことで、Googleでの上位表示を目指すことができるはずです。ぜひ、これらのヒントを活用して、効果的なSEO記事作成に取り組んでみてください。
監修者紹介
Profile
Kazuki Sumida
株式会社サイダーストーリー
炭田一樹
インターネット広告代理店へ入社
・大学2年時から長期インターンとして参画。
・自社SEOメディア事業部として社員10名のマネジメントを経験。
・新卒入社後、1年目から福岡支社長に抜擢。0からの立ち上げを経験。
・支社開設後6ヶ月で単月黒字、3年で社員7名規模まで拡大。
株式会社サイダーストーリーを創業
・業界を問わず多数のクライアントの売上拡大に貢献