Instagram広告にかかる費用相場とは?費用が変動する要因や成功させるためのポイントについて解説

Instagram広告にかかる費用相場とは?費用が変動する要因や成功させるためのポイントについて解説

 
Instagramは近年、企業の広告展開に欠かせないプラットフォームの1つとなっています。
しかし、Instagramの広告費用について詳しい情報は意外と少ないのが現状です。
この記事では、Instagramの広告費用の相場や課金モデル、費用対効果を高めるためのポイントなどを分かりやすく解説します。
Instagramの広告を検討しているマーケティング担当者の方は、ぜひ参考にしてください。適切な広告費用を見積もり、効果的なキャンペーンを立てられるはずです。
目次
集客/採用の課題をまるっと解決します!
サイダーストーリーは、マーケティングの全体戦略から各施策の戦術、進行管理など
お客様社内のマーケティングチームとして成果に貢献します。
▼このようなお悩みがあればぜひご相談ください
  • 月間の集客数が少ない
  • 費用対効果の良い集客施策を探している
  • コンテンツマーケティングを行いたい

Instagram広告とは何か

Instagram広告は、Facebook社が運営するInstagramプラットフォーム上で配信される広告です。
企業や個人が、Instagramユーザーに対して商品やサービスを訴求するマーケティングツールとして活用できます。
Facebook広告と同じ広告プラットフォームで管理・運用されるため、設定画面やターゲティング機能、課金方式などが共通しています。
Instagram広告の特徴は、豊かなビジュアル表現と高いユーザー交流性にあります。
写真や動画を活用した訴求力の高い広告を展開することで、以下の効果が期待できます。
  • ブランディングや商品認知の向上
  • コンバージョン獲得

Instagram広告とFacebook広告の違い

Instagram広告とFacebook広告は、同一の広告管理画面から運用できますが、 ユーザー層やフォーマットなどに違いがあります。
Instagramは若年層やモバイルユーザーが多く、 Facebookは幅広い年齢層のユーザーが利用しています。
また、Instagramは写真・動画コンテンツに特化しており、 Facebookはテキスト・リンクコンテンツも投稿できます。
このように、ターゲットユーザーや広告フォーマットが異なるため、 目的に応じて使い分ける必要があります。

Instagram広告の費用目安とは

Instagram広告の費用は一概に言えません。 目的や掲載形式、ターゲティングなどによって大きく変動するためです。
ただし、一般的な相場としては以下が目安となります。
・CPM(インプレッション課金)の場合: 300円〜700円程度
・CPC(クリック課金)の場合: 30円〜80円程度
ただし、これらの費用は状況によって変動します。
・予算規模が大きいほど費用は高くなる傾向 ・競争が激しいジャンルほど費用は高くなる傾向
つまり、Instagram広告の費用を一概に言うことはできません。
キャンペーンの目的や設定内容によって、大きく変動するということを覚えておく必要があります。

目的別キャンペーンとそれぞれの課金方式

Instagram広告では、キャンペーンの目的に合わせて最適な課金方式を選択することができます。
主な課金方式には以下の4種類があります。
  • CPM (Cost Per Mille): インプレッション数に応じて課金される方式で、ブランディングやリーチ拡大を目的とする場合に適しています。
  • CPC (Cost Per Click): クリック数に応じて課金される方式で、ウェブサイトへの流入やリードの獲得を目指す場合に有効です。
  • CPE (Cost Per Engagement): エンゲージメント数(いいね、コメント、共有など)に応じて課金される方式で、ブランドとのつながりを深めることを目的とする場合に適しています。
  • CPV (Cost Per View): 動画の再生数に応じて課金される方式で、動画コンテンツの拡散を目指す場合に有効です。
このように、キャンペーンの目的に応じて適切な課金方式を選択することが重要です。
また、複数の課金方式を組み合わせて運用することで、より効果的な広告配信が可能になります。
関連記事

CPM(インプレッション)

CPMとは、Cost Per Milleの略で、広告を1,000回表示するごとにかかる費用を指します。
CPMの計算式は「広告費 / 広告表示回数 × 1,000」です。
例えば、広告費が5,000円で表示回数が10万回だった場合、CPMは50円となります。
CPMの特徴は、ユーザーの行動(クリック数やコンバージョン数)に左右されず、純粋に広告の表示回数のみで課金される点にあります。
つまり、CPMは広告の認知度やブランディングを目的とした場合に適した課金方式と言えます。

CPC(クリック)

CPC(Cost Per Click)とは、インスタグラム広告でユーザーが広告をクリックした1回あたりの費用を指します。
インスタグラム広告では、広告主が入札した金額と広告の品質に基づいて、クリック単価が自動的に決定されます。
つまり、高品質の広告ほどCPCが低く抑えられるため、コストを最小限に抑えつつリーチを拡大できるというメリットがあります。
CPCは以下の計算式で求められます。
CPC = 広告費用 ÷ クリック数
例えば、広告費用が10,000円で100クリックされた場合、
CPC = 10,000円 ÷ 100クリック = 100円/クリックとなります。
CPCは、リーチの最大化やコンバージョン獲得を目的とした広告などで活用されます。
適切なCPCを設定することで、効率的な広告運用が可能になります。

CPE(エンゲージメント)

CPEとは「Cost Per Engagement」の略で、1エンゲージメントあたりの広告費用を指します。
エンゲージメントとは、投稿に「いいね」をしたり、コメントを残したりするなどの反応を指します。
Instagram広告ではエンゲージメント獲得を目的とした広告出稿が可能で、CPEの相場は1エンゲージメントあたり約1.4円〜7円程度とされています。
例えば、100エンゲージメントに対して140円の広告費を支払った場合、そのCPEは1.4円となります。
CPEは、エンゲージメント数に基づいて広告費用が発生するため、ブランド認知やリーチ獲得などを目的とした場合に有効な課金方式と言えます。
ただし、エンゲージメントの定義が曖昧なため、目的に応じてCPC(クリック課金)やCPM(インプレッション課金)も検討する必要があります。

CPV(動画再生)

CPV(Cost Per View)とは、動画広告が再生されるごとに課金される方式です。
視覚的なインパクトが高い動画コンテンツでユーザーの注目を集めやすく、
エンゲージメント獲得に適した課金方式と言えます。
特に、ファッション業界などの視覚に訴える商品を扱う企業は、
動画広告を活用することで商品の魅力を効果的にアピールできます。
動画再生数を指標に広告効果を測定できるため、
動画コンテンツの制作に注力する企業にとって最適な課金方式と言えるでしょう。

Instagram広告全4種類の特徴と費用の違いについて

Instagramには4種類の広告フォーマットがあり、それぞれ特徴と費用が異なります。
①写真(画像)広告は最もシンプルで手軽に制作できるフォーマットです。
②動画広告は動きのある表現が可能で、ユーザーの注目を集めやすい特徴があります。
③カルーセル広告は複数の画像や動画を組み合わせられるため、ユーザーの関心を引きつけやすい一方、制作が複雑になります。
④コレクション広告は商品の魅力を最大限発信できますが、制作に手間がかかるデメリットがあります。
つまり、シンプルな表現で済むなら写真/動画広告、より詳細な情報を届けたい場合はカルーセル/コレクション広告と、目的に合わせてフォーマットを使い分けることが重要です。
ここからは、それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

写真(画像)広告

写真(画像)広告は、Instagram広告の基本的なフォーマットです。
1枚の画像とテキストで構成され、ユーザーのフィード上に自然な形で表示されます。
制作が比較的簡単で低コストな点が特徴です。
ただし、魅力的な画像を選択することが重要になります。
ユーザーの注目を惹きつけられる画像であれば、クリック率やエンゲージメント率が高くなる傾向にあります。
フィード内に自然な形で表示されるため、ユーザーの興味を引きつけやすく、適切なターゲティングと効果的なクリエイティブ制作が成功のカギとなります。

動画広告

動画広告は15秒未満の短尺動画を使用する広告フォーマットで、
視聴者の注目を集めやすく、エンゲージメント率が高くなる傾向があります。
課金方式は主に「CPV(Cost Per View)」で、
視聴者が動画を最後まで視聴した場合にのみ料金が発生します。
そのため、魅力的な動画を制作し、
最後まで視聴してもらえるよう工夫する必要があります。
動画の内容、長さ、クリエイティブによって
費用が大きく変動することが特徴的です。
写真広告に比べて制作コストはかかりますが、
適切な動画広告を実施することで、
効果的なInstagram広告運用が期待できます。

カルーセル広告

カルーセル広告は、1つの広告枠内に複数の画像や動画を組み合わせて表示できるフォーマットです。
スライドショー形式で製品やサービスを紹介できるため、ユーザーの関心を惹きつけやすくなります。
主な特徴は以下の通りです。
  • Google、Facebook、Instagramなどで利用可能
  • クリック率やコンバージョン率の向上が期待できる
  • 1つの広告で複数のコンテンツを掲載できる
つまり、カルーセル広告はユーザーにインパクトを与え、エンゲージメントを高めながら商品を効果的にプロモーションできるため、マーケターに人気の高い広告フォーマットなのです。

コレクション広告

コレクション広告は、メイン画像や動画に加え、サブの商品画像を併せて表示できる広告フォーマットです。
この広告では、1つのクリエイティブで商品を複数の角度やカラーバリエーションなどで視覚的に訴求できます。
そのため、ECサイトの売上向上や資料請求キャンペーンなどに有効です。
さらに、1つの広告で複数の遷移先を設定可能なため、商品紹介ページやFacebookページなどへの誘導にも活用できます。

Instagram広告の費用の変動が大きくなる要因

Instagram広告の費用は様々な要因によって大きく変動します。
主な変動要因は以下の5つです。
  1. キャンペーンの目的
    1. 課金方式がCPM、CPC、CPE、CPVなど目的によって異なり、費用が変わります。
  1. 関連性スコア
    1. 広告の関連性が高いほど効率的で費用が抑えられます。
  1. ターゲティングボリューム
    1. ターゲットが狭いほど競争が激しくなり、単価が高くなります。
  1. 予算規模
    1. 大規模な予算ほど費用対効果が高まる傾向にあります。
  1. 競争とタイミング
    1. 需要が高い時期は単価が上がり、需要が低い時期は下がります。
これらの要因を把握し、最適化することで効率的な広告運用が可能になります。

キャンペーンの目的

Instagram広告の費用は、設定するキャンペーンの目的によって大きく変動します。
主な目的には以下のようなものがあります。
  • ブランド認知向上: 企業やブランドの認知度を高めることが目的
  • ウェブサイトへの誘導: ウェブサイトへのトラフィック獲得が目的
  • アプリのダウンロード促進: アプリのインストール数増加が目的
  • コンバージョン獲得: 購入や資料請求などの直接的な行動を促すのが目的
例えば、ブランド認知向上の場合は広告露出数が重視されるため、CPM課金がメインとなります。
一方でコンバージョン獲得を目指す場合は、CPC課金やCPE課金が適しています。
このように、目的に応じて最適な課金方式を選択することで、
効率的な広告配信と予算の最適化が可能になります。

関連性スコア

Instagram広告の費用に大きく影響するのが、関連性スコアです。
これは、ターゲットユーザーに対する広告の関連性の高さを示す指標で、i関連性が高いほど、ユーザーの興味関心に合致していると判断されるため、広告費用を抑えることができます。
つまり、関連性スコアを上げることが、
コストを最小限に抑えつつ、効果的な広告配信を実現するための重要な要素となります。
具体的には、以下の点に留意することで、関連性スコアを向上させることができます。
  • ターゲティングの精度を高める
  • 魅力的な広告素材を使用する
  • ユーザーにとって価値のある情報を提供する

ターゲティングボリューム

ターゲティングボリュームとは、設定したターゲティング条件に該当するInstagramユーザーの人数を指します。
このボリュームが適切かどうかが、効率的な広告配信に大きく影響します。
ボリュームが広すぎると、広告の配信が不安定になる可能性があります。
一方で、狭すぎると十分な広告配信ができなくなるリスクがあります。
そのため、適切なターゲティングボリュームを設定することが重要です。

予算規模による影響

Instagram広告の予算規模は、広告費用に大きな影響を与えます。
予算が大きければ大きいほど、より多くの視聴者にリーチできるためです。
一方で、小規模な予算では視聴者リーチが限られ、
広告効果を最大化するには不十分になる可能性があります。
機械学習がキャンペーンの特性やターゲット層を把握するには、
一定の期間と予算が必要とされています。
目安として、月間10万円程度の予算が推奨されていますが、事業規模に合わせた適切な予算設定が重要です。

競争とタイミング

Instagram広告の費用は、競合他社の広告出稿状況や、配信タイミングによっても変動します。
同一ターゲットに対して複数の広告主が出稿すれば、競争が激しくなりCPMが上がる傾向にあります。
また、ユーザーの行動パターンに合わせた適切な時間帯に広告配信することが重要です。
平日の朝夕ラッシュ時や週末など、ユーザー利用が集中する時間は競争が激しく、費用が高くなる可能性があります。
一方で、ユーザー行動が少ない時間帯に配信すれば、費用を抑えられる可能性があります。
適切なタイミングを設定することで、効果的かつ低コストな広告運用が実現できます。

効率よくInstagram広告を成功させる方法

Instagram広告を効率的に運用するには、以下の4つのポイントに気をつける必要があります。
1. 自動入札を活用する
自動入札を使えば、広告の関連性やパフォーマンスに応じて最適な入札額が自動調整されます。
手動での入札額設定に比べ、効率的な広告運用が可能です。
2. 正確なターゲティングを行う
ターゲティングを細かく設定することで、関心の高いユーザーにリーチできます。
適切なターゲット層を絞り込めば、より効果的な広告配信が期待できます。
3. 複数の広告フォーマットを試してみる
写真、動画、カルーセル、コレクションなど様々な広告フォーマットがあります。
ターゲット層に合わせて最適なフォーマットを選択することが重要です。
4. PDCAサイクルを回す
広告の結果を分析し、改善点を見つけて次の施策に活かしていきます。
このPDCAサイクルを継続的に回すことで、徐々に効率的な広告運用が実現できます。
ここからは、それぞれの項目について詳しく解説していきます。

自動入札を活用する

Instagram広告では、手動入札と自動入札の2種類の入札方式があります。
効率的な運用を行うためには、自動入札を活用することが重要です。
自動入札では、広告主が設定した目標や予算に基づいて、Facebookの最適化アルゴリズムが自動的に入札価格を調整してくれます。
これにより、広告の配信効率が高まり、費用対効果の良い運用が可能になります。
さらに、自動入札を活用することで、広告主自身が入札価格を調整する手間を省くことができ、運用の効率化にもつながります。

正確なターゲティングを行う

Instagram広告を成功させる上で、正確なターゲティングは非常に重要です。
ターゲティングには、ユーザー属性、興味関心、過去の行動履歴などを活用した4種類の手法があります。
例えば、ユーザー属性ターゲティングでは、年齢、性別、居住地などのデモグラフィックデータを使って絞り込みます。
インタレストターゲティングではユーザーの関心事に基づいてターゲットを設定できます。
カスタムオーディエンスは、自社のウェブサイトの訪問者や顧客リストをアップロードし、その層に広告を配信できます。
類似オーディエンスは、それらの層と類似したユーザーにリーチできる手法です。
こうした手法を組み合わせ、広告目的に合わせてターゲティングを設定することが重要です。 正確なターゲティングにより、効果的な広告配信が可能になり、費用対効果の高い運用につながるのです。

複数の広告フォーマットを試してみる

Instagramは写真や動画のプラットフォームとして人気がありますが、 広告フォーマットも多様化しています。
基本的なフォーマットには以下の4種類があります。
  • 写真広告: 1枚の画像を使った静止画広告
  • 動画広告: 最大60秒の動画を使った広告
  • カルーセル広告: 複数の画像や動画をスワイプして見られる広告
  • コレクション広告: 商品カタログを閲覧できる広告
目的や商品特性に合わせて最適なフォーマットを選ぶことが大切ですが、 一つに絞らずに複数のフォーマットを試すことをおすすめします。
ターゲットユーザーの反応を見ながら、 より効果的なフォーマットを見つけていくプロセスが重要です。

PDCAサイクルを回す

Instagram広告の成功には、PDCAサイクル(計画・実行・評価・改善の継続的な循環)を確実に回すことが不可欠です。
まずは、広告の目的や目標を明確にし(Plan)、その目的に合わせてターゲティングやクリエイティブを設計します。
次に広告を実際に配信(Do)し、その結果を分析・評価(Check)します。
そして分析結果を踏まえ、必要に応じて広告の修正や最適化を行います(Act)
このPDCAサイクルを継続的に回すことで、より効果的なInstagram広告の配信が可能になります。

まとめ

Instagram広告は、ビジュアルに訴求力があり、細かいターゲティングが可能な点で効果的な広告手段です。 本記事では、Instagram広告の基本的な費用目安や、様々な課金方式、4つの広告フォーマットの特徴を解説しました。
また、キャンペーン目的や関連性スコア、ターゲティングの絞り具合などによって、 広告費用が大きく変動する点にも触れました。 予算に応じて自動入札の活用や、PDCAサイクルを意識した運用が重要になります。
Instagram広告を実施する際は、本記事で学んだ知識を活かし、 自社の目的に合わせて最適な広告プランを立案することをおすすめします。
監修者紹介
Profile
Kazuki Sumida
株式会社サイダーストーリー
炭田一樹
インターネット広告代理店へ入社
・大学2年時から長期インターンとして参画。
・自社SEOメディア事業部として社員10名のマネジメントを経験。
・新卒入社後、1年目から福岡支社長に抜擢。0からの立ち上げを経験。
・支社開設後6ヶ月で単月黒字、3年で社員7名規模まで拡大。
株式会社サイダーストーリーを創業
・業界を問わず多数のクライアントの売上拡大に貢献