Web広告の種類と相場費用について徹底解説

Web広告の種類と相場費用について徹底解説

 
企業のマーケティング担当者の皆さん、Web広告の費用について悩んでいませんか?
Web広告には様々な課金形態があり、適切な予算立てを行うのは難しいかもしれません。
この記事では、Web広告の費用形態や特徴、そして広告費用を抑えるためのポイントを詳しく解説します。
目次
集客/採用の課題をまるっと解決します!
サイダーストーリーは、マーケティングの全体戦略から各施策の戦術、進行管理など
お客様社内のマーケティングチームとして成果に貢献します。
▼このようなお悩みがあればぜひご相談ください
  • 月間の集客数が少ない
  • 費用対効果の良い集客施策を探している
  • Web広告を行いたい

Web広告とは

Web広告とは、インターネット上で行われる広告活動のことを指します。
企業やブランドが自社の製品やサービスを宣伝するために、さまざまなWebメディアに広告を掲載し、ターゲットユーザーにリーチすることができます。
Web広告には多種多様な種類があり、ユーザーの検索行動、閲覧履歴、興味関心などに合わせて配信することで、効果的な広告運用が可能となります。

Web広告の費用形態について

Web広告には様々な費用形態があり、広告主の目的に合わせて適切な形態を選ぶ必要があります。
主な費用形態は以下の通りです。
  • インプレッション課金型:広告の表示回数に応じて課金される
  • クリック課金型:広告がクリックされた回数に応じて課金される
  • エンゲージメント課金型:動画の視聴時間などエンゲージメントに応じて課金される
  • 掲載期間保証型:広告の掲載期間に応じて一括で課金される
  • 成果報酬型:広告からの売上などの成果に応じて課金される
広告主は、商品・サービスの特性やマーケティング目的に合わせて、最適な費用形態を選択する必要があります。
ここからは、それぞれの費用形態について詳しく解説していきます。

インプレッション課金型

インプレッション課金型は、広告の表示回数に応じて費用が発生する課金方式です。
例えば、広告を1,000回表示するごとに一定の料金を支払う仕組みになっています。
この課金方式の大きな特徴は、広告の露出回数を管理しやすいことと、予算管理が容易であることです。
広告表示数を増やせば認知度向上が期待できるため、ブランディングやリーチ拡大を目的とした広告に適しています。
一方で、クリック数や成果を重視する場合は、クリック課金型やエンゲージメント課金型など、他の課金方式を選択する必要があります
広告の目的やターゲットに合わせて、最適な課金方式を選定することが肝心です。

インプレッション保証型

インプレッション保証型は、契約時に決めた広告の表示回数(インプレッション数)を達成するまで、 広告が掲載され続けるタイプの課金形態です。
例えば、Yahoo!広告の「ディスプレイ広告(予約型)」では、 インプレッション数、掲載場所、掲載期間を指定して広告を予約配信できます。
契約インプレッション数に満たない場合は、 その数を達成するまで広告掲載が継続されるため、 安定した広告露出が見込めるメリットがあります。
一方で、インプレッション数を達成した時点で広告掲載が終了するため、 掲載期間が不確定になるデメリットもあります。
このように、インプレッション保証型広告は、 安定した広告露出を重視する場合に適した課金形態と言えます。

クリック課金型

クリック課金型広告(PPC広告)は、ユーザーが広告をクリックした際にのみ広告費用が発生するモデルです。
主に検索エンジンの検索結果ページやウェブサイト上に掲載され、
ユーザーがその広告をクリックすると、広告主に課金が発生します。
PPC広告のメリット
  • CV(コンバージョン)数やPV数の計測が容易
  • クリック数に応じた費用支払いで、効果的な広告運用が可能
  • ターゲティングにより、ユーザーの興味関心に合わせた広告配信が可能
そのため、PPC広告は費用対効果を意識した広告運用に適しています。

エンゲージメント課金型

エンゲージメント課金型は、ユーザーが広告に実際に反応したときにのみ費用が発生する課金方式です。
ユーザーのシェアフォロー動画視聴などの具体的な行動があった場合に広告費用が発生します。
つまり、単に広告が表示されただけでは料金は発生せず、ユーザーの関心を引き付けて実際に反応を得られた場合のみ広告主に課金されるのです。
このように、広告効果を最大限に高められる可能性があるため、広告主からは魅力的な課金モデルと評価されています。

掲載期間保証型

掲載期間保証型は、決められた期間中に広告を掲載することを保証する費用形態です。
例えば、1ヶ月の広告掲載に30万円の固定費用がかかる契約があります。
この形態では、広告の掲載期間に対して一定額の費用がかかり、追加費用は発生しません。
掲載料金は、広告を掲載するサイトや掲載枠によって異なります。
掲載期間保証型で配信される広告は「純広告」と呼ばれています。

成果報酬型

成果報酬型のWeb広告は、広告主が実際の成果に応じてのみ料金を支払う仕組みです。
成果の指標としては、クリック数やコンバージョン数などが一般的に用いられます。
この形態には、クリック課金型CPA(Cost Per Acquisition)課金型が含まれます。
広告主にとって、費用と効果が明確に結びつくため、ROI管理が容易です。
料金設定は広告主と媒体社の交渉によって決まります。
広告主が目標コンバージョン数と単価を提示し、媒体社がそれに基づいて料金を算出します。
この際、業界相場や過去の配信実績を考慮し、適切な単価設定が重要となります。

動画視聴型

動画視聴型広告は、ユーザーが動画広告を視聴した際に課金される広告手法です。
主な料金体系には以下のようなものがあります。
  • CPV(Cost Per View): 動画広告を最後まで視聴した際に課金される
  • CPM(Cost Per Mille): 動画の一部でも視聴した際に課金される
動画視聴型広告の相場は1日当たり1,000円程度から始めるのが一般的とされています。
動画広告の露出を増やしたい場合は、この予算を増やすことで効果的な配信が行えます。
YouTubeの場合、動画広告の課金は以下の条件で発生します。
  • 視聴者が動画広告を30秒以上視聴した場合
  • 視聴者がスキップせずに最後まで視聴した場合
このように、動画視聴型広告は動画の視聴状況に応じて課金されるのが特徴です。

配信課金型

配信課金型は、広告の表示回数に応じて料金が発生する課金方式です。
企業は一定の広告費を支払うことで、設定した条件に基づき広告が配信されます。
この方式のメリットは、広告の露出回数を確保できることにあります。
認知度向上を目的とした場合、効果的な手段となります。
一方で、クリック数やコンバージョン獲得に直結するわけではありません。
広告目的に合わせて、適切な手法を選択する必要があります。

Web広告ごとの特徴と費用相場

Web広告には様々な種類があり、特徴や費用相場が異なります。 主なWeb広告の特徴と費用相場は以下の通りです。
業界平均クリック単価 (検索)平均クリック単価 (ディスプレイ)
権利擁護224円97円
オート385円91円
BtoB522円124円
消費者サービス1003円127円
デートと出会い436円234円
eコマース182円71円
教育376円74円
雇用サービス320円122円
金融と保険539円135円
健康と医療288円69円
ホームグッズ323円66円
産業サービス282円59円
法律上の742円79円
不動産260円82円
テクノロジー418円56円
旅行とホスピタリティ168円48円
広告プラットフォーム/広告の種類平均CPM
メタ (Facebook & Instagram)873円
TikTok411円
ツイッター/X342円
YouTube483円
アフィリエイト広告1650円
メルマガ広告1320円
参考・引用記事
リスティング広告 検索キーワードに合わせて表示される広告。 1クリック当たり平均約500円程度です。
ディスプレイ広告 画像やバナーを使った広告。 PV数に応じて50円~250円程度です。
動画広告 動画を使った広告。 動画再生数に応じて平均500円程度です。
SNS広告 SNSで表示される広告。 クリック数に応じて平均520円程度です。
記事広告 記事の中に挿入される広告。 想定PV数に応じて20円~200円程度です。
メルマガ広告 メールマガジンで表示される広告。 1000通あたり平均1320円程度です。
アフィリエイト広告
成果報酬型の広告。 商品売上に応じて1件あたり
平均1650円程度です。
ここからは、それぞれの広告について詳しく解説していきます。

リスティング広告

リスティング広告は、検索エンジンで特定のキーワードを検索したユーザーに対して、関連する広告を上位に表示する手法です。
費用は、主に以下の2点から決まります。
  • キーワードの人気度合い(競合の多さ)
  • 1クリックあたりの入札単価
一般的な相場としては、月額20万円~50万円程度が目安とされています。
ただし、大手企業の場合は数千万円~数億円の投資をしている一方、中小企業や個人事業主は月10万円~30万円から始めるケースが多いようです。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリに表示される画像や動画の広告です。
この広告は、検索意図のない「潜在層」のユーザーにも幅広くリーチできるのが特徴です。
費用面では、クリック課金の場合は1クリック50円~250円、インプレッション課金なら1,000回表示で数十円~数百円が相場となっています。
一方で、検索連動型のリスティング広告に比べると、ターゲティングの精度が低くなる傾向があります。

動画広告

動画広告は視覚的なインパクトが強く、ユーザーの注目を集めやすい広告手法です。
料金は配信媒体や配信オプションによって大きく変動しますが、一般的には以下の費用がかかります。
動画制作費: 数十万円~数百万円程度
動画の長さや品質によって変わりますが、制作会社の選定が重要です。
媒体運用費: 課金方式による
インプレッション課金、クリック課金、再生数課金などの方式があり、事前に単価を確認する必要があります。
代理店手数料: 媒体運用費の10~20%程度
動画広告は費用がかさむ反面、高い視認性が期待できます。
予算に応じた配信プランを立てることが重要です。

SNS広告

SNS広告は、Facebook、Twitter、Instagram、YouTube などのソーシャルメディアに掲載される広告です。
ターゲティングの精度が高く、拡散力にも優れているのが特徴です。
費用は、広告の種類やターゲット層、配信期間などによって異なります。
一般的には、インプレッション課金型クリック課金型エンゲージメント課金型などの課金方式が採用されています。
例えば、Facebook 広告の場合、以下のような費用が発生します。
  • 初期設定費用: 10万円程度
  • 運用代行費: 月額5万円~10万円程度
  • 広告費用: 10万円~/月程度
  • クリエイティブ制作費用: 3万円~/種類程度
自社運用の場合、初期設定費用と広告費用のみで済みますが、 代行の場合は運用費用も必要になります。
SNS 広告を効果的に運用するには、ターゲット層を明確にし、 適切なメディアを選択することが重要です。
関連記事

記事広告

記事広告は、企業や商品の情報を自然な文章で伝えるネイティブ広告の一種です。
メディアサイトに掲載される記事の中に、広告主のPRを織り交ぜた形式を取ります。
記事広告の費用は、一般的に1記事あたり80万円前後から設定されています。
掲載期間は無期限で、想定PV数は3,000〜10,000PVが目安とされています。
ただし、掲載料金は媒体によって大きく異なります。
複数の媒体を比較し、交渉を重ねることで費用対効果の高い記事広告が実現できます。
一般的な記事広告の相場は100万円〜200万円程度ですが、
掲載先のメディアが大手で高いPV数を誇る場合は、相場を上回る高額な料金設定となることもあります。
関連記事

メルマガ広告

メルマガ広告とは、メールマガジンの購読者に直接広告を配信する手法です。
高い認知度と反応率が期待できる一方で、費用対効果が悪くなりやすいデメリットがあります。
料金形態は主に一斉配信契約型で、特定のメルマガの全購読者に広告を配信する際に料金が発生します。
効果的な運用には、メルマガ広告に詳しい広告代理店の活用がおすすめです。
自社でメルマガ広告のノウハウが不足している場合、
代理店は適切なメディア選定クリエイティブ制作効果測定など、広告運用全般をサポートしてくれます。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は、広告主が成果に応じて報酬を支払う「成果報酬型」の広告です。
費用対効果が高いため、多くの企業に活用されています。
さまざまなメディアに掲載できるので、認知度向上も期待できます。
一般的な費用相場は以下の通りです。
  • クリック単価: 5円〜30円程度
  • 成果報酬: 商品単価の5%〜20%程度
費用が売上に応じて変動するため、
事前に適切な予算を立てることが重要です。

Web広告を外注した場合

Web広告の運用を外部に委託する場合、様々な費用がかかります。
ここでは、かかる費用について項目ごとに詳しく解説していきます。

初期設定にかかる費用

Web広告を始める際には、初期設定として様々な費用が発生します。
主な初期費用には以下のようなものがあります。
  • 広告配信プラットフォームの登録料: 広告を配信するための媒体への登録料
  • 広告クリエイティブ制作費: 広告素材(バナーやテキスト)の制作費用
  • 初期設定作業費: 広告運用を始めるための設定作業費用
一般的な初期設定費用の相場は、5万円程度とされています。 ただし、広告の規模や手法によって大きく変動するため、 具体的な広告計画に基づいた見積もりが必要不可欠です。
一方、大量の広告枠を発注する場合は、 一括発注による割引を受けられる可能性もあります。
初期費用を抑えるには、自社の広告ニーズを明確にし、 適切な広告手法とメディアを選択することが重要です。

運用代行費

Web広告を自社で運用するには、広告の設定や最適化など、専門的な知識が必要となります。
そこで、Web広告運用代行サービスを利用すれば、 複数のWeb広告の出稿が可能になる一方で、運用代行費用が発生します。
運用代行費用は、以下の要素から構成されています。
  • 初期設定費用:広告アカウントの作成、キャンペーンの設計など
  • 月額運用費用:広告運用、レポーティング、最適化作業など
  • 成果報酬:獲得した成果(CV数など)に応じた費用
代行費用は、広告種別や運用内容によって異なりますが、 月額5万円~30万円程度が相場と言われています。
自社に合った運用代行会社を選ぶには、業務内容や実績、費用体系を確認することが重要です。

広告費用

Web広告の費用は、広告の種類や配信方法によって大きく異なります。
想定予算としては、
・リスティング広告: 1クリック10円~200円程度
・ディスプレイ広告: 1,000インプレッション500円~5,000円程度
・動画広告: 1再生10円~300円程度
・SNS広告: 1クリック10円~100円程度
一方、記事広告やメルマガ広告、アフィリエイト広告などのネイティブ広告は、媒体費用、運用費用、クリエイティブ制作費など、様々な費用が発生します。
広告の目的やターゲット層に合わせて、適切な広告手段を選ぶことが重要です。

クリエイティブ制作費用

Web広告を出稿する際には、バナーや動画などの広告素材を制作する必要があります。
この広告素材の制作にかかる費用が「クリエイティブ制作費用」と呼ばれています。
クリエイティブ制作費用は、以下のような相場となっています。
  • バナー広告: 1枚あたり 5,000円〜30,000円程度
  • 動画広告: 10秒〜30秒で 10万円〜100万円程度
制作費用を抑えるためには、以下の対策が有効です。
  • 自社で制作する
  • テンプレートを活用する
  • 複数の制作会社で見積もりを比較する
一方で、広告の効果を最大化するにはクリエイティブへの投資も欠かせません
予算と広告効果を見据えた上で、適切なクリエイティブ制作費用を検討することが重要です。

広告費用を抑えるためのポイント

広告費用を抑えるためのポイントとしては以下の4つのポイントが挙げられます。
  • 情報収集を行う
  • ターゲット層を明確にする
  • ターゲットに合わせたメディアを選定する
  • 売り上げの見込みから予算を考える
ここからは、それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

情報収集を行う

Web広告の費用を適切に見積もるには、最新の市場動向や広告手法の特徴、自社のニーズに合った広告手法の選定など、事前の情報収集が不可欠です。
広告代理店やメディア社のウェブサイト、業界紙の記事などを参考にすることで、以下のようなWeb広告に関する最新の知見を得ることができます。
  • 広告手法の種類と特徴(リスティング広告、ディスプレイ広告、動画広告、SNS広告など)
  • 広告費用の相場(課金形態別、広告手法別の費用相場)
  • 効果的な広告運用のポイント(ターゲティング手法、クリエイティブの作り方など)
このように、事前に十分な情報収集を行うことで、自社のニーズに合った最適な広告手法と適切な広告費用を見積もることができます。

ターゲット層を明確にする

Web広告の効果を最大限に発揮するには、ターゲット層を明確にすることが不可欠です。
ターゲット層を細かく設定することで、広告を見る可能性の高い関心層に的確に届けることができます。
ターゲティングの指標としては、以下のような属性が一般的です。
  • 性別
  • 年齢層
  • 居住地域
  • 興味関心
  • 購買行動
これらの属性を組み合わせることで、さらに精度の高いターゲティングが実現します。
加えて、競合他社の広告分析や、自社の顧客行動分析データも活用すると、
より具体的なターゲット層を設定できます。
関連記事

ターゲットに合ったメディアを選定する

Web広告の効果を最大化するには、ターゲット層に合わせてメディアを選ぶことが重要です。
例えば、若年層をターゲットにする場合は、SNSやYouTubeなどのソーシャルメディアが有効です。
一方、中高年層をターゲットにするなら、ポータルサイトやニュースサイトがより適しています。
また、地域性も考慮する必要があります。
自社の事業エリアに合わせてローカルメディアを選ぶと、より効果的な広告配信ができます。
コストパフォーマンスの観点からも、最適なメディアを選ぶことが重要です。
広告掲載料、CTR、コンバージョン率などを比較検討し、自社の予算に合ったメディアを選定しましょう。

売り上げの見込みから予算を考える

Web広告の予算設定は、広告から見込まれる売上に基づいて行うことが重要です。
まずは、広告を実施した場合の売上増加額を推計します。
例えば、以下のような計算方法が考えられます。
  • 広告による売り上げ増加の見込み値=広告によって獲得できると見込まれる新規顧客数×平均売上単価
次に、この売上増加額の10~20%程度を広告予算として設定するのが一般的です。
業界平均や競合他社の動向も参考にしながら、自社に最適な予算配分を検討しましょう。

まとめ

Web広告の費用は、広告の種類や課金方式によって大きく異なります。 目的に合わせて最適な手法を選ぶことが重要です。
少額予算でも成果を出すには、ターゲティングの精度を高めたり、 クリエイティブを工夫するなど、費用対効果を意識する必要があります。
費用を抑えるポイントは以下の3点です。
  • 情報収集を行う
  • ターゲット層を明確にする
  • ターゲットに合ったメディアを選定する
さらに、売上の見込みから予算を立てることで、 無駄な支出を避けられます。
監修者紹介
Profile
Kazuki Sumida
株式会社サイダーストーリー
炭田一樹
インターネット広告代理店へ入社
・大学2年時から長期インターンとして参画。
・自社SEOメディア事業部として社員10名のマネジメントを経験。
・新卒入社後、1年目から福岡支社長に抜擢。0からの立ち上げを経験。
・支社開設後6ヶ月で単月黒字、3年で社員7名規模まで拡大。
株式会社サイダーストーリーを創業
・業界を問わず多数のクライアントの売上拡大に貢献