オウンドメディアとは?~構築方法や手順・成功するための秘訣も紹介~

オウンドメディアとは?~構築方法や手順・成功するための秘訣も紹介~

 
オウンドメディアは、自社の情報をコントロールできる強力なマーケティングツールです。
上手に活用すれば、自社の製品やサービスを効果的にPRできるだけでなく、自社のブランド価値を高め、潜在顧客の心を捉えることができ、資産性もある施策となり得ます。
この記事では、オウンドメディアの基礎知識から構築のノウハウ、成功のポイントまで、初心者にもわかりやすく解説していきます。
オウンドメディアの活用を検討されている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。
目次
集客/採用の課題をまるっと解決します!
サイダーストーリーは、マーケティングの全体戦略から各施策の戦術、進行管理など
お客様社内のマーケティングチームとして成果に貢献します。
▼このようなお悩みがあればぜひご相談ください
  • 月間の集客数が少ない
  • 費用対効果の良い集客施策を探している
  • オウンドメディアの運用を行いたい

オウンドメディアとは

オウンドメディアとは、企業や個人が自社の情報発信のために構築するWebサイトのことを指します。
自社のブランディングや製品・サービスの認知度向上を目的として運営されるメディアで、企業が完全に主体的に運営できるのが特徴です。

オウンドメディアのメリット

オウンドメディアを構築することで、ターゲット層への効果的な情報発信や、コストを抑えた広告効果、潜在顧客の開拓など、様々な観点からメリットがあるといえるでしょう。
自社の情報を自社のペースで発信できるため、ターゲットユーザーにタイムリーで有益な情報を提供することができます。
SNSやリスティング広告と比べ、効果的な情報発信をしながら、広告掲載料など、外部サイトを活用するコストを削減できます。
また、顧客データの蓄積も可能です。

オウンドメディアを構築する前に考えること

オウンドメディアを構築する前に、確認すべきこととして、以下の4点が挙げられます。
  • 自社の状況を確認し、オウンドメディアの運用が必要かどうかを判断する
  • オウンドメディアを運用する目的を確認する
  • オウンドメディアのコンセプト・ターゲット・メディア名を決める
  • オウンドメディア運用の目標と予算を決める
ここからは、それぞれのステップについて詳しく解説していきます。

オウンドメディアの運用が必要であるかを確認する

オウンドメディアを構築する前に、自社にとって本当にオウンドメディアが必要か確認することが重要です。
オウンドメディアは多くのリソースを必要とする取り組みですので、経営上の目的に沿っているかしっかりと検討しましょう。
オウンドメディアを運用する必要があるかどうかは、以下の3つの観点から確認することをおすすめします。
  • 現在のリードの獲得経路は十分ですか?
  • 自社の製品やサービスを効果的に発信する手段は他にありますか?
  • オウンドメディアを運用する人的・時間的・金銭的リソースはありますか?
これらを確認し、オウンドメディア運用の必要性が十分にあると判断できた場合は、次のステップに進んでいきましょう。

オウンドメディアを運用する目的を決める

オウンドメディアを運用する目的は、企業や個人のニーズによって大きく異なります。
代表的な目的としては、ブランディング、リード獲得、顧客サポート、教育・情報提供などが考えられます。
まずは自社のニーズに合わせて、オウンドメディアを運用する目的を明確にすることが重要です。
例えば、ブランディングを目的とする場合は、自社の強みや魅力を効果的に発信することが重要になります。
一方でリード獲得を目的とする場合は、商品やサービスに関する有益な情報を提供し、潜在顧客の興味を引き付けることが重要になります。
オウンドメディアの目的を明確にすることで、どのような情報を発信すべきか、どのように読者に届けるべきか、を具体的に検討することができます。
また、KPIの設定やコンテンツ制作、運用方法の検討も、目的に合わせて効果的に行えるようになります。

オウンドメディアのコンセプト・ターゲット・メディア名を決める

オウンドメディアを成功させるには、まずメディアのコンセプト、ターゲット、メディア名を明確にする必要があります。
ターゲットとなる顧客層を詳細に定義し、そのニーズに合わせたコンテンツ制作を行うことが重要です。
また、メディア名は覚えやすく、ターゲットに訴求力のあるものを選ぶことで、オウンドメディアのブランディングにも役立ちます。
ターゲットを明確にし、そのニーズを捉えたコンテンツ戦略を立てることで、効果的なオウンドメディア運営が可能となります。
また、コンセプトやターゲット、メディア名の設定に際しては、リサーチや仮説検証を繰り返し、ユーザーの反応を確認することも大切です。

オウンドメディア運用の目標と予算を決める

オウンドメディアを構築するうえで、運用の目標と予算を明確に定めておくことが重要です。
目標はKPIや数値目標などを設定し、その実現に向けて効果的な施策を立案することが肝心です。
また、オウンドメディア運用にかかる費用は事前に把握し、無理なく継続的に運営できる体制を整備しましょう。
運用の目標としては、ウェブサイトへの訪問者数の増加や、問い合わせ件数の増加、商品・サービスの売上向上などが考えられます。
これらの目標を達成するための具体的な数値目標を設定し、PDCAサイクルを回しながら進捗状況をチェックしていくことが重要です。
一方で、オウンドメディア運用の予算としては、ドメイン・サーバー代、CMS利用料、制作費、運用管理費などが発生します。
これらの経費は事前に見積もっておき、無理のない範囲で施策を検討する必要があります。
オウンドメディア運用の効果を最大限に発揮するために、目標と予算の両面から慎重に検討しましょう。

オウンドメディア構築の手順

オウンドメディアの構築には以下のような手順が一般的です。
  • ドメインの取得を行う
  • サーバーの構築を行う
  • CMSを導入する
  • サイトデザインを制作する
  • オウンドメディアを開発して公開する
  • オウンドメディアを運用する
ここからは、それぞれのステップについて具体的に解説していきます。

ドメインの取得を行う

ドメイン取得は、オウンドメディア構築の重要な第一歩です。
ドメイン名は、ブランディングや検索エンジン最適化の観点からも重要な要素になります。
ドメイン選定にあたっては、あなたのオウンドメディアのコンセプトや目的、ターゲットに合わせて、適切な文字列やキーワードを組み合わせることが大切です。
また、人気のあるドメイン名は早めに押さえておくことをおすすめします。
さらに、ドメインの延長登録も忘れずに行いましょう。ドメイン名の所有権が失効してしまうと、後々大変なことになってしまいます。
ドメイン取得には、国内外のドメイン登録事業者から選択できます。
比較検討の上、御社に適したドメイン選びを行ってください。

サーバーの構築を行う

オウンドメディア構築の次のステップは、サーバーの設定です。
サーバーはウェブサイトを公開するためのコンピューターで、オウンドメディアを運営するために不可欠な存在となります。
サーバーの選び方や構築方法によって、オウンドメディアの可用性や安全性、パフォーマンスが大きく変わってきます。
一般的にはレンタルサーバーやクラウドサーバーを利用するのが一般的ですが、運用規模によっては自社で構築する方法もあります。
ここでは、オウンドメディアを効果的に運営するためのサーバー設定のポイントを解説していきます。
まずはサーバーの選定ですが、以下の点に注目して検討しましょう。
  • CPU、メモリ、ストレージ容量など、必要なスペックは十分か
  • ウェブサーバー、データベース、メールサーバーなど、必要なサービスが提供されているか
  • セキュリティ対策は万全か(ファイアウォール、SSL証明書など)
  • バックアップ機能は充実しているか
  • 運用保守サポートはどの程度か
  • コストパフォーマンスはどうか

CMSを導入する

CMSとはContent Management Systemの略で、ウェブサイトを容易に管理・更新できるシステムのことです。
CMSを導入することで、HTML知識がなくてもウェブサイトの更新が可能となります。
CMSの導入にはいくつかの選択肢がありますので、各種特徴を理解して自社のニーズに合ったものを選ぶ必要があります。
CMSには大きく分けて以下の3つのタイプがあります。
  • 無料CMS
  • 有料CMS
  • 独自CMS
無料CMSは比較的簡単に導入でき、初期費用がかからないので、小規模のオウンドメディアを構築するのに適しています。
主な無料CMSには、WordPress、Joomla、Drupalといったものがあります。
設定も比較的簡単なので、初めてオウンドメディアを構築する方にもおすすめです。
セキュリティ面での脆弱性が指摘されることがあり、不正アクセスのリスクがあります。また、カスタマイズ性が低く、デザインの自由度が限られることがありますので注意しましょう。
有料CMSは豊富な機能と柔軟なカスタマイズが可能ですが、初期費用と運用費が必要となります。
無料CMS よりも高度な機能が利用でき、サポート体制も整っているため、オウンドメディアの構築や運用をより効率的に行うことができます。
有料CMS では主なアプリとしては、Movable Type、ferret Oneが挙げられます。
企業向けと個人向けに分かれます。企業向けのCMSは高機能で複雑ですが、サポートも手厚く、運用面での負荷も少ないのが特徴です。
独自CMSは完全にオーダーメイドできますが、開発費用がかかります。
オウンドメディアの規模や機能要件を見極め、必要性を十分に検討する必要があります。
独自CMS活用のメリットは以下の通りです。
  • 必要な機能をカスタマイズできる
  • ターゲットに合わせた最適なサイト設計が可能
  • システム更新に柔軟に対応できる
一方で、独自CMS構築にはコストや開発期間がかかるデメリットがあります。
それぞれにメリットデメリットがありますので、ご自身のニーズに合わせて最適なCMSを選びましょう。

サイトデザインを制作する

オウンドメディアを構築するにあたって、サイトデザインの制作は非常に重要です。
プロフェッショナルなデザインを行うことで、ユーザーの心を惹きつけ、信頼を得ることができます。
デザインには、ロゴ、色彩、レイアウト、フォントなど、様々な要素が含まれます。
これらを適切に組み合わせ、ターゲットユーザーに訴求力のあるデザインを実現することが肝心です。
デザイン制作にあたっては、まずは、オウンドメディアのコンセプトや目的、ターゲットユーザーなどを明確にしましょう。
そのうえで、ブランディングに沿ったデザイン要素を検討し、ユーザーにとって使いやすく、魅力的なサイト構造を作り上げていきます。
また、モバイル対応も見逃せません。スマートフォンからの閲覧者が増加傾向にあるため、レスポンシブデザインの採用が重要です。
デザインの制作には、プロのデザイナーの力を借りるのが最も確実な方法です。
しかし、コストを抑えたい場合は、テンプレートを利用するのも一つの選択肢です。
テンプレートを活用すれば、比較的手軽にプロフェッショナルなデザインを実現できます。
ぜひ、ユーザーの心を掴むサイトデザインの制作に取り組んでみてください。

オウンドメディアを開発して公開する

オウンドメディアを構築する最後の工程は、実際にウェブサイトを開発し公開することです。
ここでは、使用するCMSの設定やデザインの作成、コンテンツの登録など、具体的な作業を行います。
CMSの設定では、必要な機能を有効化したり、アドオンをインストールするなどして、オウンドメディアに必要な機能を実装します。
例えば、SEO対策のためのプラグインの導入や、ユーザー登録機能の設定などです。
デザインの制作では、作成したコンセプトやターゲットに合わせて、ウェブサイトのレイアウトやロゴ、色使いなどを設計します。
ユーザーの目を引くデザインを心がけ、ブランディングにも配慮しましょう。

オウンドメディアを運用する

オウンドメディアの構築が完了したら、次はしっかりとした運用体制を整えましょう。
オウンドメディアの運用には、定期的な更新、アクセス分析、SEO対策、SNS連携など、さまざまな取り組みが必要になります。
まずは目的に合わせた効果的な更新スケジュールを立てましょう。
ターゲット層の行動パターンやコンテンツ性質に応じて、毎日・週1回・月1回など、最適な更新頻度を検討しましょう。
そして、アクセス解析を活用して、ページ別のPV数やリピート率などを継続的に確認し、コンテンツの改善につなげていくことが重要です。
さらに、SEO対策として、キーワード設定、タイトルやメタタグの最適化、内部リンクの整備など、検索順位の向上に向けた取り組みも欠かせません。
SNSとの連携では、コンテンツのプロモーションやユーザーとのコミュニケーションの活性化が期待できます。

オウンドメディア構築にかかる費用

オウンドメディアを構築するには、サーバー代やドメイン代、制作費、運用費などさまざまな費用がかかります。
適切な予算を立てることで、効率的に成果を上げることができるでしょう。
まずサーバー代とドメイン代は、毎月発生する定期的な費用です。
次にオウンドメディアの制作費ですが、内製で行う場合と外注で行う場合で大きく変わってきます。
最後にオウンドメディアの運用費も同様に、内製と外注では異なります。
効果的なオウンドメディア構築には、これらの費用を見積もり、適切な予算をたてることが重要です。
オウンドメディアを運用する目的と成果目標に合わせて、柔軟に費用を検討する必要があります。

サーバー代・ドメイン代

オウンドメディアを構築する際、サーバー代とドメイン代は必要不可欠な費用です。
サーバー代は、自社でサーバーを用意する場合は月額数千円程度、クラウドサーバーを利用する場合は月額数百円から数千円程度かかります。
ドメイン代は、年間数千円程度です。
サーバー代とドメイン代は、オウンドメディアの運営において継続的に発生する費用となります。
サーバー性能やドメイン仕様に合わせて、最適な選択をすることが重要です。
初期費用は低くても、長期的に見れば高コストとなる場合もあるため、事前に十分な検討が必要です。
また、オウンドメディアの運用に必要なツールやプラグインなどの導入も検討する必要があり、それらのサービス料金もコストに含める必要があります。
オウンドメディア構築時に、費用対効果を見極めて最適な選択をすることが肝心です。

オウンドメディアの制作費

オウンドメディアの制作費は、内製で行うか、外注して制作するかでかなり変わってきます。
自社で制作する場合は、主な費用としてWebデザイナーの人件費や、CMS導入費用などが発生します。
一方で外注する場合は、デザイン制作費、コーディング費用、CMS設定費、サーバー構築費などが必要になります。
オウンドメディアの制作費は、ニーズや規模、デザインの複雑さなどによって大きく変動します。
ただ、一般的な傾向として内製の場合は数十万円、外注の場合は100万円以上かかることが多いです。
予算に合わせて、自社内で制作するか外注するかを検討するのがよいでしょう。
以下、内製と外注の制作費の目安をご紹介します。

内製の場合

オウンドメディアを社内で構築する場合、サーバー設定やサイトデザイン、コンテンツ制作など、すべての工程を自社で行うことができます。
初期投資は抑えられますが、社内人材の確保や開発期間の確保など、課題もあります。
内製で取り組む場合は、専任の担当者を置くことがポイントです。
コンテンツ制作、SEO、プロモーション、分析など、オウンドメディアの運営に必要な業務を一手に引き受ける人材が必要になります。
また、オウンドメディアの更新頻度や内容の質を高水準に保つには、十分な制作工数の確保が重要です。
社内のマンパワーや開発能力、そして予算的な余裕があれば、内製でオウンドメディアを構築・運用するのがコスト面でも効果的です。

外注の場合

オウンドメディアを外注で制作する場合、制作費用は内製よりも高くなりがちです。
しかし、専門のウェブデザイナーやエンジニアに任せることで、ユーザーにとって魅力的なデザインやユーザー体験を実現できます。
費用がかかる分、より専門的で質の高いオウンドメディアが作れるというメリットがあります。
一般的に、オウンドメディアの外注費用は以下のようになります。
  • ウェブデザイン制作:50〜100万円
  • コーディング:30〜60万円
  • CMS設定:10〜30万円
  • 初期運用設定:10〜30万円
このように初期費用はかかりますが、自社で開発するよりも早期にオウンドメディアを立ち上げることができます。
また、運用フェーズに入ってからも、ユーザー分析やコンテンツ制作など、オウンドメディア運用の各工程を外注することで、より効果的な運用が期待できます。

オウンドメディアの運用費

オウンドメディアを運用していくには、さまざまな運用費用がかかります。
ここでは、内製と外注のそれぞれの運用費について解説していきます。

内製の場合

オウンドメディアを内製で運用する場合、社内のリソースやノウハウ不足から、継続的なコンテンツ制作やプロモーション活動などが難しくなるリスクがあります。
そのため、社内の体制やリソースを十分に把握したうえで、オウンドメディア運用の内製化を検討する必要があります。
内製化を選択する際は、外部リソースの活用なども組み合わせて、オウンドメディアを効果的に立ち上げていくことが重要です。

外注の場合

オウンドメディアの運用業務を外注する場合、運用費用も必要になります。
運用費用には、記事の企画・制作、SNSでの配信、アクセス分析、改善施策の立案など、オウンドメディアの運営に関する工数が含まれます。
外注する場合、これらの業務をどの程度委託するかによって運用費用も変わってきます。
外注の場合、自社で全てを行う内製の場合に比べてランニングコストは高くなりますが、オウンドメディア運用に精通した専門家に任せられるため、短期間での立ち上げや、質の高いコンテンツ制作が期待できます。
適切な事業者を選定し、柔軟なコントロールを行えば、内製と遜色ない成果を得られる可能性も高いでしょう。

オウンドメディア成功のポイント

オウンドメディアを成功させるためのポイントは、4つあります。
  • 戦略の前にオウンドメディアを運用する目的と成功の基準を決める
  • オウンドメディアの戦略を決める際はフェーズを分けて考える
  • やるべきこととやらないことを明確に分ける
  • 現状把握と課題分析を行う
ここからは、それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

戦略の前にオウンドメディアを運用する目的と成功の基準を決める

オウンドメディアを構築する前に、まずは自社のオウンドメディアを運用する目的を明確にしましょう。
獲得したい集客数やリード数、潜在顧客との接点の確保など、具体的な目的を設定することが大切です。
また、その目的に対する成功の基準を定めておくことで、実際の運用状況を測定し、改善につなげることができます。
KPIを設定し、定期的にレビューを行うことで、オウンドメディアの成果を可視化できます。
目的と成功の基準を事前に明確にすることで、効果的なオウンドメディア構築と運用が可能になります。
ペルソナの特性やニーズに合わせて、適切な目標設定を行いましょう。

オウンドメディアの戦略を決める際はフェーズを分けて考える

オウンドメディアの構築においては、ただ単に作ればいいというわけではありません。
効果的なオウンドメディア運営には、構築の前から運用までの各フェーズごとに適切な戦略が必要不可欠です。
まずは、オウンドメディアの構築に着手する前に、自社の目的やターゲット、コンテンツ戦略など、基本的な方針を明確にしましょう。
次に、実際の制作フェーズでは、デザイン、SEO、コンテンツ制作など、様々な要素を総合的に検討する必要があります。
そして最後に、公開後の運用フェーズでは、アクセス解析やユーザー反応分析などを通じて、戦略の見直しや改善を継続的に行うことが重要です。
このように、オウンドメディアの構築にはフェーズごとの最適な戦略が必要不可欠なのです。

やるべきこととやらないことを明確に分ける

オウンドメディアの構築と運用においては、何をすべきか、何はしないでいいかを明確に分けることが重要です。
時間とリソースに限りがある中で、最大の成果を上げるためには、効率的な活動に集中しなければなりません。
例えば、ブログ記事の更新頻度については、1週間に1回のペースを目標とするのが適切でしょう。
それ以上の更新頻度にこだわりすぎると、質の低下を招きかねません。
記事の品質を落とさずに、更新する体制づくりがポイントになります。
このように、目的に応じて優先順位を付けながら、やるべきことと、あえてやらないことを見極めることが重要です。
これにより、限られた経営資源を最大限に生かすことができるのです。

現状把握と課題分析を行う

オウンドメディアを構築する前に、現在の自社の状況や課題を整理することが重要です。
まずは、自社の強みや弱み、ターゲットの顧客像やニーズ、競合他社の動向など、オウンドメディアの構築に関わる要因を詳しく分析しましょう。
この分析を通して、オウンドメディアを通じて解決したい課題や目標が明確になり、より効果的な戦略立案につながります。
例えば、自社の技術的強みを活かしたオウンドメディアの構築が望ましいのか、あるいは顧客の関心を集めるコンテンツ作りに注力すべきかなどが見えてくるでしょう。
現状把握と課題分析の際は、以下の項目をチェックリストとして活用すると良いでしょう。
  • 自社の強み・弱み
  • ターゲット顧客のニーズ
  • 競合他社の動向
  • オウンドメディア構築の目的
  • 期待される効果
  • オウンドメディア構築に必要な予算と人材
これらの要素を丁寧に分析し、オウンドメディア構築の戦略に活かしていくことが重要です。

まとめ

今回は、オウンドメディアの意味や構築方法、そして成功させるためのポイントについて解説しました。
オウンドメディアは、企業や個人が自社の情報発信のために構築するWebサイトであり、ターゲット層への効果的な情報発信や、コストを抑えた広告効果、潜在顧客の開拓など、様々な観点からメリットがあります。
オウンドメディアを成功させるポイントとしては、しっかりとした戦略を立てる、フェーズを分けて考える、やるべきことと避けるべきことを明確に分けるなどの様々な取り組みが重要となるため、オウンドメディアの構築を考えている方や、実際に構築される方はぜひこの記事を参考にしてみてください。
監修者紹介
Profile
Kazuki Sumida
株式会社サイダーストーリー
炭田一樹
インターネット広告代理店へ入社
・大学2年時から長期インターンとして参画。
・自社SEOメディア事業部として社員10名のマネジメントを経験。
・新卒入社後、1年目から福岡支社長に抜擢。0からの立ち上げを経験。
・支社開設後6ヶ月で単月黒字、3年で社員7名規模まで拡大。
株式会社サイダーストーリーを創業
・業界を問わず多数のクライアントの売上拡大に貢献