SEO記事の制作費用の相場とコストパフォーマンスを検証

SEO記事の制作費用の相場とコストパフォーマンスを検証

 
企業のマーケティング担当者の上司の方、SEO記事の制作をどこまで外注すべきか悩んでいらっしゃいませんか。
SEO記事をうまく外注できると、手間を大幅に省くことができ、コスト削減も期待できます。
一方で、外注では品質管理やディレクションが難しいデメリットもあります。この記事では、SEO記事の外注を成功させるために押さえておくべきポイントを詳しく解説します。
SEO記事の制作費用や外注先の選び方、品質管理のコツなど、SEO記事の制作に関する疑問を解決できるはずです。ぜひ最後まで読んでいただき、効果的なSEO記事制作の実現につなげていただければと思います。
ぜひ最後までお読みください。
目次
集客/採用の課題をまるっと解決します!
サイダーストーリーは、マーケティングの全体戦略から各施策の戦術、進行管理など
お客様社内のマーケティングチームとして成果に貢献します。
▼このようなお悩みがあればぜひご相談ください
  • 月間の集客数が少ない
  • 費用対効果の良い集客施策を探している
  • SEOでの売り上げアップを行いたい

SEOコンテンツ1記事あたりの制作相場とは?

SEOコンテンツ1記事の制作相場は、一般的には3万円から10万円程度です。
単純な記事作成であれば3万円前後、より専門性の高い記事であれば10万円以上、さらにPV数や検索順位向上を目的とした高度な施策を講じた場合は、コンサルティング費等を込みで20万円以上になることもあります。
制作相場に影響する主な要因は、記事のボリューム、担当ライターの経験・スキル、調査・分析の必要性、SEO対策の難易度などです。
専門性の高い記事を短納期で仕上げる必要がある場合は、通常よりも高くなる傾向にあります。
SEO施策を効果的に講じるためには、適切な予算を確保することが重要です。
コストパフォーマンスを意識しつつ、質の高いコンテンツを制作することが成果につながります。

SEOコンテンツはどこまで外注すべき?

SEOのコンテンツ作成については、原則自社で作成するのがおすすめです。(専門性の観点から内製化したほうが品質が高くなる傾向があるため)
ただし、社内にリソースがない場合は、一部の業務または全てを外注することで、効率的にコンテンツ制作することも可能です。
例えば、キーワード調査やコンテンツの構成設計などは専門家に任せることで、ターゲットに合ったコンテンツ企画が立てられます。
外注するのであれば、業界知識や SEO 対策の実績がある信頼できるライターを選ぶことが重要です。
また、コンテンツの品質と制作コストの バランスを見極めることも欠かせません。

SEOコンテンツの成果を決めるポイント

SEOコンテンツの成果を最大化するには、様々な要素を総合的に検討する必要があります。
まずは、対象とするキーワードの検索ボリュームや難易度、ライバル企業の動向を把握し、適切なキーワード戦略を立てることが重要です。
次に、読者の立場に立ってコンテンツの魅力や有用性を高めることが不可欠です。
単に検索順位を上げるだけでなく、実際に読者の課題を解決し、満足度の高い記事を提供することが成果につながります。
そのためには、
  • 読者の知りたい情報を的確に捉えること
  • わかりやすく、読みやすい構成や表現を心がけること
  • 画像や表、動画などを効果的に活用すること
が重要なポイントとなります。
さらに、コンテンツの更新頻度や外部リンクの獲得状況など、技術的な最適化にも注力することで、より高い成果が期待できるでしょう。

全て内製化することは可能?

SEOコンテンツの制作過程を全て内製化することは可能です。ただし自社でリソースを確保し、高度な知識と制作スキルを有したメンバーを揃えるのは容易ではありません。
一方で、すべての工程を外注化してしまうと、コストの面で不利になる可能性もあります。
また、自社のサービスや製品への理解が浅いため、質の高いコンテンツ制作が難しくなる可能性もあります。
最初から行うとプロジェクト自体が進まない可能性もあるので、外注をうまく活用し、徐々に内製化をする方法がおすすめです。

SEOコンテンツの作成の流れと項目別費用の内訳

SEOコンテンツを作成する際には、効果的なパフォーマンスを上げるためにいくつかの工程が必要になります。
各工程には一定の費用がかかりますが、その工程を省略するとSEO効果が得られない可能性もあるため、しっかりと見積もりを立てることが重要です。
SEOコンテンツの作成の流れと、項目別の費用の目安をご紹介します。
ペルソナが抱えている課題に合わせて最適な外注方法を検討することができます。
工程内容費用の目安
1. 競合・キーワード対策 調査ターゲットキーワードの分析、ライバル企業の分析3~5万円
2. 構成案の作成記事の構成や見出し、キーワード配置の検討2~3万円
3. ライティング・執筆専門知識やリサーチに基づいた記事の作成5~10万円
4. 校正・校閲・監修内容の確認や誤字脱字のチェック1~3万円
5. 記事装飾(画像・表などの制作)視覚的な訴求力を高めるための素材制作2~5万円
6. HTML化・入稿作業Webサイトへの記事組み込み作業1~2万円

1.競合・キーワード対策 調査

SEOコンテンツを制作する際、まずは対象とする業界や商品サービスの競合調査から始めます。
競合サイトの分析により、ターゲットとするキーワードの需要や、効果的な記事構成を把握することができます。
また、ジャンルや職種の違いから、共通するニーズと差別化できる視点を見出すことも重要です。
次に、SEO対策に欠かせないキーワード調査を行います。検索ボリュームの把握や、マイナーキーワードの発掘など、分析したデータを基に適切なキーワードを絞り込んでいきます。
 
これらの調査を丁寧に行うことで、ユーザーニーズに沿った実践的なコンテンツ制作が可能になります。
調査に当たっては、定性的な分析と併せて、検索ランキング、クリック率、直帰率など、定量的な指標も確認することをおすすめします。
これにより、ライバル企業の成功要因や改善点を客観的に捉えることができ、自社に最適なアプローチ方法を導き出すことができます。

2.構成案の作成

SEOコンテンツの構成を立てるには、まず、検索キーワードの分析やターゲットユーザーの理解が重要です。
この段階では、ユーザーの検索意図に合った記事の骨子を作り上げることが目標となります。
ライターと協力して、見出しや小見出しの配置、段落構成、挿入するデータや画像などを検討していきましょう。
ユーザーにとって分かりやすく、魅力的な構成を創り上げることで、SEO効果も高まります。
 
構成案の作成では、ターゲットキーワードの検索ボリューム、競合記事の調査、ユーザーニーズの分析などを踏まえながら、コンテンツマップを作成します。
これにより、記事全体の論理性や一貫性、盛り込むべき具体的な内容を明確にすることができます。
ライターとの綿密な打ち合わせを重ね、ユーザーを意識した構成を完成させていきます。
構成案の作成では、見出しの階層化やキーワード配置、適切な情報の盛り込み方などに気を配る必要があります。
これらを適切に設計することで、検索エンジンからも高評価を得やすくなります。
SEOを意識した上で、ユーザー目線での魅力的な構成を組み立てていきましょう。

3.ライティング・執筆

コンテンツ制作の中核を成すのがライティングです。
ここでは、調査で得たキーワードと競合分析の結果を活かし、魅力的で読者の関心を引くような文章を書き上げていきます。
企業の製品やサービスの特徴、ターゲットユーザーの課題やニーズに合わせて、分かりやすく、読みやすい文章構成になるよう心がけます。
具体的には、見出しの設定や段落構成、ボキャブラリーの選定など、読者目線でゆっくりと読み進められるよう配慮すると良いでしょう。
また、適切な情報量と文量を意識しつつ、単調にならないよう、表やグラフ、事例なども盛り込んでいくことも重要です。
ライターには、SEO対策やコピーライティングのスキルはもちろん、クライアントの事業内容や業界動向についても一定の知見が求められるので、専門性の高いライターが担当することで、より質の高いコンテンツを提供できます。

4.校正・校閲・監修

ライティング後の校正や校閲、監修は大変重要なステップです。
最初に書かれた記事には必ず誤字脱字や文章の不自然さ、論理性の欠如などが含まれています。
そのため、入念な校正作業を行い、内容をしっかりとチェックする必要があります。
まずは社内のリソースを活用し、ネイティブスピーカーの社員や、プロのライターなどに校閲を依頼します。拾い上げた指摘事項を反映させて記事の品質を高めていきましょう。
さらに、外部の専門家によるチェックも重要です。SEOや業界に精通したライターや編集者に記事を確認してもらい、最終的な監修を受けることで、より質の高いコンテンツに仕上げることができます。
この工程を経ることで、読者に訴求力の高い、信頼性の高い記事が完成するのです。

5.記事装飾(画像・表などの制作)

SEOコンテンツを作成する際、画像や表などの資料を適切に盛り込むことは非常に重要です。単なる文字情報だけではなく、ビジュアルな要素を加えることで、読者の関心を引き付け、理解を深めることができます。
具体的な作業としては、コンテンツに合わせた適切なイメージ素材の選定、表やグラフなどのデータの可視化、それらの装飾やレイアウトの設計などが必要になります。
これらの作業には一定の専門性が求められ、外部のデザイナーやグラフィックスタッフを活用するのが一般的です。
作業内容必要な労力費用目安
イメージ素材の選定1~2時間5,000~10,000円
表/グラフの作成2~4時間10,000~20,000円
レイアウト設計2~4時間10,000~20,000円

6.HTML化・入稿作業

SEOコンテンツを制作し終えたら、次の工程がHTML化と入稿作業です。
HTML化では、記事の構造化や装飾を施し、検索エンジンがコンテンツを分析しやすい状態にする必要があります。
HTML化では、h1~h6のタグ付け、本文の段落化、画像の挿入など、細かな作業が必要になります。
さらに、メタタグの設定やキーワード密度の調整など、SEO対策を行うこともお忘れなく。
これらの工程を踏まえることで、検索エンジンに適切に認識されるコンテンツに仕上げていくことができます。
そして入稿作業では、クライアントのCMSへの記事投稿や、公開前の校正・確認作業など、完成した記事を最終的にサイトに反映させていく作業が必要です。

SEOコンテンツ1記事に対する費用対効果の考え方

SEOコンテンツの制作コストと効果をしっかりと見極めることが重要です。
単に制作費用が安いからといって、記事の品質が低ければ SEO 効果は望めません。
一方で制作費が高額すぎては採算が合わず、コストパフォーマンスが悪くなってしまいます。
そこで、記事の品質とコストのバランスを取るためのチェックポイントをご紹介します。
質の高いSEOコンテンツを効率的に制作し、投資対効果を最大化するためのヒントになれば幸いです。

SEO記事制作を依頼する際のチェックポイント

  • 記事の品質レベルは十分か
  • 記事の作成費用が予算内に収まるか
  • 外注先に業界知識や専門知識を有したライターが在籍しているか
  • SEO対策や記事制作の事例が豊富か
  • 自社のサービス理解をしてくれる人が担当になるか
これらのチェックポイントを押さえることで、費用対効果の高いSEOコンテンツを効率的に制作できるはずです。
質の高い記事を低コストで手に入れるには、外注先の選定が重要になります。

SEO記事制作を依頼する際のチェックポイント

SEO記事制作を外部に依頼する際は、まずは制作会社のこれまでの実績やノウハウをチェックしましょう。
高品質な記事制作を実現するためには、ライターの専門性や業界知識、SEO対策の取り組みが重要です。
また、納期管理や校正体制、プロジェクト管理体制などの体制面でも十分に対応できるかを確認することが大切です。
さらに、制作費用についても検討が必要です。単価や記事の品質レベルを比較して、自社の予算内で最適なサービスを選びましょう。

記事の品質レベルは十分か

SEOコンテンツの品質は、記事の目的や目標に対して十分なものであるかが重要です。
ターゲットユーザーの求める情報を網羅し、専門性の高いコンテンツであれば、検索順位の向上や、サイトの信頼性向上にも寄与します。
単に文字数を稼ぐだけではなく、以下の3つのポイントを意識してコンテンツの品質を高めましょう。
まず1つ目は、記事の情報の正確性です。
事実関係や数値データなどは十分に調査し、信頼性の高い情報を提供することが重要です。
2つ目は、ユーザー目線での有用性です。
読者が求めている課題解決につながる内容なのか、きちんと検討する必要があります。
最後に3つ目は、記事の構成と表現方法です。
論理的な構成と分かりやすい表現で、読者の理解を深められるよう心がける必要があります。
これらの3つのポイントを意識しながら、コンテンツの品質を高めていくことが重要です。
単に文字数を稼ぐだけでは、結局のところ読者の求める情報を提供できていないため、SEO効果も得られません。
質の高いコンテンツ作りを心がけましょう。

記事の作成費用が予算内に収まるか

SEOコンテンツ制作の費用は、外注するか内製化するかによって大きく変わってきます。
外注する場合、単純にライターへの原稿料以外にも、競合調査やキーワード分析、ライティング、校正・監修、入稿作業など、さまざまな工程があるため、実際の制作費用は想像以上に高額になりがちです。
一方で内製化すれば、ライター人件費などの固定費はかかりますが、工程ごとの外注費用は削減できるため、トータルの制作コストを抑えられる可能性があります。
ご予算に合わせて、外注と内製のバランスを検討することが重要です。外注にかかるコストの内訳を理解し、自社の実情に合わせた最適な選択を行うことで、無駄のない効果的なSEOコンテンツ制作が可能になります。
ただし、内製化には社内リソースの確保や教育コストなどの課題もあるため、外注に頼らざるを得ない場合もあります。そのような場合は、費用対効果を見極めながら、ベストなアプローチを見つけていくことが重要です。

外注先に業界知識や専門知識を有したライターが在籍しているか

SEOコンテンツを効果的に制作するためには、外注先にその分野の知識を持つライターが在籍していることが重要です。
単なる文書作成能力だけでなく、SEO対策や関連業界に精通したライターが担当することで、読者にとって有益で信頼性の高い記事を作成することができます。
例えば、製造業向けのSEO記事を制作する場合は、製造業の業界動向や用語、課題などに詳しいライターが望ましいでしょう。
そうすることで、読者目線に立った具体的で実践的なコンテンツを提供することができます。
外注先のライター陣の専門性を確認し、自社のサービスやコンテンツに合ったスキルを持つ人材を選定することが、SEO記事の品質向上につながります。

SEO対策や記事制作の事例が豊富か

SEO対策や記事制作の実績が豊富なリライターを選ぶことは重要です。
実績が豊富であれば、これまでの取り組みから得られた知見や、ノウハウを最大限活かせます。
単に安価なリライターを選ぶのではなく、実績も評価の決め手にすることが肝心です。
特に、競合他社の分析や、ターゲットキーワードのリサーチ、記事構成の提案など、SEO対策の力が問われます。
実績が豊富であれば、過去の手順や手法を共有してくれるため、自社の製品やサービスに合わせた最適なコンテンツ制作が期待できます。
一方で、初めてのライターに依頼する場合は、丁寧な打ち合わせと、進捗確認を行いながら進める必要があります。
実績がなければ試行錯誤が多くなり、期待通りの成果が得られない可能性もあります。
制作事例の確認は必須で、SEO対策に強みを持つリライターを選定することで、効果的なコンテンツ制作が望めます。
自社のサービスや商品の特性を十分に理解し、効果的なキーワード選定や記事構成を提案してくれるライターを見つけることが重要です。

自社のサービス理解をしてくれる人が担当になるか

SEOコンテンツを外注する際は、単に作業工程をこなすだけでなく、あなたのサービスや製品に対する理解度が高い担当者を選ぶことが重要です。
サービスの特徴や強みを熟知した上で、より効果的な提案や施策を立案してくれます。
単なるテクニカルなSEO対策だけでなく、ユーザーニーズを捉えた上で、ブランディングにも寄与するようなコンテンツを作成できます。
担当者の知識と経験を確認し、さらに定期的なコミュニケーションを取ることで、良好な関係を築くことができるでしょう。
企業理解度の高い担当者を選ぶことで、単なるアウトソーシングではなく、あなたのマーケティング活動の一部を任せられる信頼関係を築くことができます。
長期的に見れば、これが最も効果的なSEOコンテンツ施策につながるはずです。

まとめ

SEOコンテンツの制作を外注する上で、専門ノウハウを持つ外部リソースを活用することで、自社の人材を最大限に活かしながらコスト効率的な制作が可能です。
ただし外注先の選定には十分な注意が必要で、記事の品質、予算、専門性、実績などを十分に検討する必要があります。
自社のサービスを深く理解し、SEO対策を織り込んだ質の高いコンテンツを低コストで制作できる外部パートナーを見つけることが、SEOコンテンツ制作の鍵となります。
外注とインハウスのバランスを取りながら、効果的かつ効率的なSEOコンテンツ制作に取り組むことをおすすめします。
監修者紹介
Profile
Kazuki Sumida
株式会社サイダーストーリー
炭田一樹
インターネット広告代理店へ入社
・大学2年時から長期インターンとして参画。
・自社SEOメディア事業部として社員10名のマネジメントを経験。
・新卒入社後、1年目から福岡支社長に抜擢。0からの立ち上げを経験。
・支社開設後6ヶ月で単月黒字、3年で社員7名規模まで拡大。
株式会社サイダーストーリーを創業
・業界を問わず多数のクライアントの売上拡大に貢献