Googleの検索順位を上げる方法10選|SEO担当者必見ノウハウ紹介

Googleの検索順位を上げる方法10選|SEO担当者必見ノウハウ紹介

 
検索順位の低さに悩む企業のマーケティング担当者の皆さん。
あなたも、SEO対策を行っているにもかかわらず、思ったような効果が出ていませんか?
検索順位を上げるのって本当に難しいですよね。
でも大丈夫、今日はそんなあなたに朗報があります。
この記事では、検索順位の仕組みから、効果的な対策方法まで、必ずあなたの悩みを解決できる情報をお伝えします。
これを読めば、検索ランキングを劇的に上げることができるはずです。
目次
集客/採用の課題をまるっと解決します!
サイダーストーリーは、マーケティングの全体戦略から各施策の戦術、進行管理など
お客様社内のマーケティングチームとして成果に貢献します。
▼このようなお悩みがあればぜひご相談ください
  • 月間の集客数が少ない
  • 費用対効果の良い集客施策を探している
  • SEOでの売り上げアップを行いたい

SEOでよく使われる検索順位とは?

Googleをはじめとする検索エンジンでは、膨大な量の検索クエリに対して、ユーザーにとって最も適切なWebページを表示するため、検索結果の順位付けを行っています。
この検索順位は、SEO(Search Engine Optimization)対策を行う上で非常に重要な指標となります。
検索順位は、検索エンジンのアルゴリズムによって自動的に算出されており、Web ページの関連性、信頼性、ユーザー体験の良さなど、多数の要素が考慮されて決定されます。
ですので、検索順位を上げるためには、これらの要素を意識して最適化していく必要があるのです。
検索順位の高いWebページは、ユーザーにとってより役立つ情報を提供していると判断されているため、クリック数やコンバージョン率も高くなる傾向にあります。
つまり、検索順位の向上は、Webサイトの集客力や売上向上にも直結するのです。

Googleの検索順位はどう決まるのか

Googleの検索順位は、さまざまな要因を総合的に判断して決められています。
主な要因としては、ウェブサイトの内容の品質、外部リンクの数や質、ウェブサイトの技術的な最適化の状況などが挙げられます。
特に、ユーザーの検索意図に沿った適切な情報を提供できているかどうかが重要な要因となっています。
また、Googleはアルゴリズムを頻繁に更新しており、その更新内容によってウェブサイトの検索順位が大きく変動することもあります。
したがって、検索順位を上げるためには、ユーザーの求める情報を的確に提供し続けることが不可欠となります。
検索順位は単一の要因では決まるものではなく、ウェブサイトの総合的な品質を表す指標だと考えられています。
そのため、検索順位を上げるためには、様々な観点から最適化を行う必要があります。

検索順位が変動する仕組み

検索順位の変動は、Googleのアルゴリズムの更新により引き起こされます。
Googleは検索クエリに対して最も適切な検索結果を表示するため、常に検索アルゴリズムの改善を行っています。
具体的には、ウェブサイトのコンテンツの質、サイトの構造、被リンクの数や質、ページの読み込み速度などさまざまな要因を総合的に評価し、検索結果の順位付けを行っています。
また、ユーザーの検索行動データや、競合サイトの動向なども分析されるため、ある時期は上位に表示されていたサイトが、後に順位を下げることもあります。
このように、検索順位は絶えず変化し続けているのが実情です。

検索順位が上がる要因

Googleの検索アルゴリズムでは、様々な要因が検索順位に影響します。
主な検索順位アップの要因を解説します。
まず、コンテンツの質の高さが大きなポイントです。
ユーザーの求めている情報を詳しく、わかりやすく提供できるかが重要です。
また、適切なキーワードの選定と、それらをタイトルや本文に適切に配置することで、検索結果への表示頻度が高くなります。
さらに、外部サイトからの被リンクの獲得も大きな要因です。
信頼性の高いサイトからリンクされることで、Googleは当該ページの価値を高く評価します。
内部リンクの設定も、ページ間の関連性を示すため、検索順位向上に寄与します。
その他にも、ページの読みやすさ、スマートフォン対応、SSL化などのサイト全体の最適化も重要です。
ユーザビリティを高めることで、Googleは当該サイトを信頼度が高いと判断します。
以上のように、Googleは多角的な評価軸で検索順位を決めているため、これらの要因を総合的に意識してSEO施策を実行することが肝心です。

参考:コアアップデートとは

Googleの検索アルゴリズムは定期的にアップデートされており、その中でもコアアップデートと呼ばれるものがあります。
コアアップデートとは検索結果の表示順位に大きな影響を与える重要なアップデートです。
コアアップデートには意図的な変更点があり、Googleが意図的に検索順位アルゴリズムを変更することで、より適切な検索結果が表示されるように改善されます。
コアアップデートの影響を受けると、自社のWebサイトの検索順位が大きく変動する可能性があります。
そのため、コアアップデートの概要や影響を事前に把握しておくことが重要です。
コアアップデートへの対応策としては、ユーザー目線での良質なコンテンツ作りや、Webサイトの技術的な最適化などが考えられます。
参考:https://status.search.google.com/products/rGHU1u87FJnkP6W2GwMi/history

検索順位をチェックする方法とは?

検索順位を上げるためには、まずは自社の現在の順位を把握する必要があります。
検索結果の上位に表示されるほど、ユーザーの目に留まる機会が増えるため、検索順位の改善は重要な施策になります。
無料のツールやサービスを活用して、自社サイトの検索順位を定期的にチェックしましょう。
順位の変動を追跡し、施策の効果を測ることができます。
有料のツールを使えば、より詳細な分析もできます。
検索順位の変動に目を向けることで、アクセス数や売上の変化も把握できるでしょう。
現状を把握した上で、検索順位改善に向けた取り組みを始めましょう。

検索順位のチェックができるツール【無料版】

検索順位のチェックに最適な無料ツールをいくつか紹介します。
Google Search Consoleは、自社サイトのページごとの検索順位や検索クエリなどの情報が確認できる必須のツールです。
また、SemrushやAhrefs、Ubersuggestなどの人気SEOツールにも無料版があり、限定的ながら検索順位の確認ができます。
さらに、RankTracker、Serpstatなどのツールでも検索順位の確認が可能です。
これらのツールではキーワードを入力するとSERPの上位10件のサイトの順位を確認できますが、無料版では機能が制限されることが多いため、検索順位の正確な把握には有料版の利用をおすすめします。
実際にサイトを開いて自分の順位を確認するのは大切なことですが、ツールを使えば、複数のキーワードの順位をまとめて確認できるため、自社サイトの全体像を把握しやすくなるため、おすすめです。

検索順位のチェックができるツール【有料版】

検索順位のチェックには有料ツールの利用がおすすめです。
有料ツールには強力な機能が多数搭載されており、より詳細な分析が可能になります。
例えば、検索エンジンごとの順位確認やランキングの変動履歴の確認、競合の分析などが可能です。
さらには、キーワードの自動抽出や最適な施策提案など、SEO対策のヒントが得られるツールもあります。
有料ツールの中でも特におすすめなのが、Ahrefs、SEMrushなどです。
それぞれに特徴があるため、自社のニーズに合ったツールを選んでみると良いでしょう。
無料版では限られた機能しか使えませんが、有料版を利用すれば、幅広い分析と効果的なSEO対策が期待できます。
ツール名特徴料金
Ahrefsリアルタイムの順位変動など詳細分析が可能月額 約12500円~
SEMrushキーワード選定やコンペティター分析に強い月額 約13,360円~

検索順位を上げるための方法10選

検索順位を上げるためには、様々な要素に着目し、総合的な対策を行う必要があります。
ここでは、検索順位向上のための10の具体的な方法をご紹介します。
1つずつの対策を丁寧に行っていくことで、確実に検索順位の改善につなげることができます。
ぜひ、自社のウェブサイトにあった最適な取り組み方を見つけてください。
これらの対策を通して、ターゲットユーザーに必要とされるコンテンツの提供と、Googleの評価向上を同時に実現することが可能となります。
検索エンジン上位表示を目指し、アクセス数の増加に繋げましょう。

1.ペルソナを明確にする

効果的なSEO対策を行うには、自社のターゲットユーザーであるペルソナを明確に定義することが重要です。
ペルソナを把握することで、ユーザーの検索意図に沿ったキーワード選定や、ニーズに合致したコンテンツ制作が可能となります。
ペルソナを設定する際のポイントは、年齢、性別、職業、趣味、関心事、痛みやニーズなど、詳細な情報を集めることです。
これらの属性に基づいて、あなたのサービスを実際に利用するであろう理想的な顧客像を描き出しましょう。
ペルソナの設定が明確になれば、SEO施策の立案や、実際のコンテンツ制作の際も、ターゲットユーザーの目線に立って判断することができます。
これにより、ユーザビリティの高いサイト作りにつなげることができるのです。

2.ユーザーの顕在ニーズと潜在ニーズを満たすコンテンツを制作する

検索順位を上げるためには、ユーザーの求めているコンテンツを提供することが重要です。
ユーザーの顕在ニーズとは、はっきりと表現されているニーズのことで、例えば「SEO対策の方法を知りたい」といったものがあげられます。
一方、潜在ニーズとは、ユーザー自身も明確に意識していないニーズのことです。
例えば、「SEOの基本知識がほしい」「検索順位を上げる具体的な手順が知りたい」といったものが含まれます。
ユーザーの顕在ニーズと潜在ニーズの両方を満たすコンテンツを制作することで、ユーザーにとって有益なものが提供でき、その結果SEO対策の効果も高まるのです。
例えば、「初心者向けSEO対策の基本」といった記事では、SEO対策の概要から具体的な手順まで網羅的に解説することで、 SEO初心者のユーザーの需要に応えることができます。
つまり、ユーザーの求めている情報を的確に捉え、それを丁寧に解説したコンテンツを提供することが検索順位アップのカギとなるのです。
ユーザーが求めている情報をしっかりと把握し、質の高いコンテンツを制作することを心がけましょう。

3.良質な被リンクの獲得する

検索順位を上げるうえで、良質な被リンクを獲得することは非常に重要です。
Googleは、リンクされているサイトの信頼性やトピック関連性を高く評価しているため、自社サイトへの質の高い被リンクを増やすことで、検索順位の向上が期待できます。
具体的な取り組みとしては、インフルエンサーやメディアに記事の掲載を依頼したり、業界内の信頼できるサイトとの相互リンクを築くことが効果的です。
また、ユーザーに役立つコンテンツを制作し、SNSで拡散することで、自然な形で被リンクを獲得することもできます。
被リンクの質を高めるために、リンク元サイトのDR(ドメインレーティング)やトピック関連性を確認し、戦略的にリンク獲得に取り組むことが大切です。
一方で、無効なリンクや被リンク数が急増することも避ける必要がありますので、リンクプロファイルの定期的なモニタリングも欠かせません。

4.Webサイトの利便性を改善する

Webサイトの利便性を改善することは、ユーザーエクスペリエンスの向上につながり、検索順位の向上にも大きなプラスとなります。
ユーザビリティやナビゲーションの改善、コンテンツの構造化、ページ表示速度の最適化などに取り組むことで、Webサイトの使いやすさが格段に高まります。
例えば、ナビゲーションメニューを分かりやすく配置したり、関連コンテンツへのリンクを設置するなど、ユーザーがスムーズに目的の情報にアクセスできるよう工夫しましょう。
また、ページ表示速度が速いほど検索エンジンの評価が高まるため、画像の最適化やサーバーの負荷軽減などにも力を入れると良いでしょう。
利便性の高いWebサイトは、ユーザーの離脱率を抑え、訪問者の滞在時間を延ばすことができます。
そのため、検索エンジンの評価も上がり、順位の向上にもつながるのです。ぜひ、ユーザー目線に立った取り組みを心がけましょう。

5.適切なキーワードを選定する

適切なキーワードの選定は、検索順位を上げるうえで非常に重要です。
ユーザーの検索傾向を把握し、競合サイトで使用されているキーワードを分析することで、効果的なキーワード選定が可能になります。
まずは、ターゲットとなるペルソナの検索ニーズを理解し、関連性の高いキーワードをリストアップしましょう。
Google広告のキーワードプランナーやUbersuggestなどのツールを活用すると、ボリューム、競合状況、検索エンジンの推奨度合いなどが把握できます。
その上で、以下の点に留意してキーワードを精査することが重要です。
  • 検索ボリュームが一定水準以上あること
  • 競合サイトが少ないこと
  • 商品・サービスとの関連性が高いこと
  • 長期的な需要が見込めること
適切なキーワード選定は、コンテンツ制作の方向性を明確にし、アクセス数の向上に直結します。
最適なキーワードを見つけ出すことで、ターゲットユーザーに効果的にアプローチできるのです。

6.タイトルや見出しに選定したキーワードを配置する

Googleはウェブページのタイトルや見出しを重要視しています。
なぜなら、それらがウェブページの内容を表す重要な要素だからです。
よって、検索順位を上げるには、適切なキーワードをタイトルや見出しに配置することが不可欠です。
具体的な方法としては、まずは検索意図に合ったキーワードを選定し、そのキーワードをタイトルの冒頭やサブタイトルに配置することが効果的です。
さらに、本文中の見出しにも同様のキーワードを使うと、ページ全体のキーワード密度が高まり、検索エンジンに良い評価を得られます。
ただし、キーワードを無理に詰め込むのは避けましょう。
ユーザビリティを損なわないよう、自然な文章構成を心がけることが重要です。
検索順位を意識しつつ、読者の目線に立ったコンテンツ作りが理想的といえます。

7.関連ページを内部リンクで繋ぐ

検索順位を上げるためには、自社のウェブサイト内で関連性のある情報をうまくつなげることが重要です。
内部リンクを適切に設定することで、ユーザーがサイト内を自然に移動できるようになり、Googleなどの検索エンジンも好意的に評価します。
具体的には、関連した記事やサービスページなどをわかりやすく紹介するインラインリンクを適所に配置したり、ページ下部におすすめ記事一覧を設置するなど、ユーザーの動線を意識した内部リンク戦略を立てましょう。
さらに、サイトマップの作成や階層構造の最適化などにも取り組むと、検索エンジンによるサイトの理解度が深まり、検索順位アップにつながります。
内部リンクの活用は、SEO対策の基本中の基本と言えるでしょう。

8.スマホでも見やすい記事にする

スマートフォンでの閲覧は今や必須となっています。
そのため、スマホユーザーにも見やすい記事を作ることが重要です。
見出しやパラグラフを適切な長さに保ち、画像やグラフなども効果的に配置することで、スムーズな閲覧体験を提供することができます。
また、スマホでは指でページをめくる動作が主となるため、クリック・タップしやすいボタンや目立つCTAの設置も忘れずに行いましょう。
テキストサイズや行間、余白など、スマホ表示に最適化したデザインにも気を配ることも大切です。
ページ速度の高速化も重要です。
画像の適切な圧縮やサーバー移行など、サイト全体の軽量化に取り組むことで、スマホユーザーの待ち時間を短縮し、快適な閲覧環境を実現できます。

9.専門性の高いトピックを作る

ユーザーの顕在ニーズと潜在ニーズを理解し、それに応える高度な専門性を持ったトピックを作ることが、検索順位の向上に重要です。
自社の強みを生かしつつ、ユーザーの関心が高く、かつライバルサイトが少ないトピックを見つけることが肝心です。
例えば、業界特有の用語解説や、最新の技術動向、注目の業界イベントなど、ユーザーの知りたい情報を深掘りしたコンテンツを作成すると良いでしょう。
この際、表やグラフ、画像などを適宜盛り込むことで、よりわかりやすい構成となります。
さらに、定期的に新しいトピックを追加していくことで、常に最新の情報を提供し続けることができます。
これにより、ユーザーの支持を得ながら、検索順位の向上も期待できるはずです。

10.ドメインの正規化とSSLを導入する

Googleにとってドメインの正規化は重要なSEO対策です。
同一サイトの URL が「http://example.com」と「https://example.com」など、複数の形式で表示されるのを避けましょう。
これらを1つの正規URLに統一することで、検索順位の向上が期待できます。
また、SSL 化もGoogleのランキング要因の1つになっています。
SSL 化することで、ユーザーの個人情報を安全に保護し、信頼性が高まります。
HTTPS化されたサイトはより上位に表示されやすくなるのです。
ドメインの正規化とSSL化は、SEO対策の基本中の基本と言えるでしょう。
サイトの信頼性と安全性を高めることで、検索順位の向上にもつながります。
この2つの取り組みは、ぜひ実践しましょう。

まとめ

SEO対策で検索順位を上げるために、さまざまな要素を意識する必要があります。
Googleアルゴリズムの変更に振り回されることなく、自社のサイト改善に取り組むことが重要です。
ペルソナを明確にし、ユーザーニーズに応えるコンテンツを制作することから始まり、適切なキーワード選定や被リンクの獲得など、多角的な施策を実施していくことが検索順位向上につながります。
そして、Webサイトの利便性向上やモバイル対応、さらにはドメインの正規化やSSL導入など、オフサイトからオンサイトに至るまでバランス良く対策を実施することが不可欠です。
監修者紹介
Profile
Kazuki Sumida
株式会社サイダーストーリー
炭田一樹
インターネット広告代理店へ入社
・大学2年時から長期インターンとして参画。
・自社SEOメディア事業部として社員10名のマネジメントを経験。
・新卒入社後、1年目から福岡支社長に抜擢。0からの立ち上げを経験。
・支社開設後6ヶ月で単月黒字、3年で社員7名規模まで拡大。
株式会社サイダーストーリーを創業
・業界を問わず多数のクライアントの売上拡大に貢献