1記事あたりにかかる費用の相場とは?適切な費用と外注する際のチェックポイントについて解説

1記事あたりにかかる費用の相場とは?適切な費用と外注する際のチェックポイントについて解説

 
記事制作にはさまざまなコストが発生するため、外注するかどうかを検討する際には、それらの費用を把握しておく必要があります。
この記事では、記事の種類ごとの相場や、記事作成以外に発生する費用について詳しく解説します。
また、記事作成を外注する際のチェックポイントもご紹介するので、コストを抑えつつ、質の高い記事を手に入れるためのヒントが得られるはずです。
目次
集客/採用の課題をまるっと解決します!
サイダーストーリーは、マーケティングの全体戦略から各施策の戦術、進行管理など
お客様社内のマーケティングチームとして成果に貢献します。
▼このようなお悩みがあればぜひご相談ください
  • 月間の集客数が少ない
  • 費用対効果の良い集客施策を探している
  • コンテンツマーケティングを行いたい

種類別、記事作成の相場

記事の種類によって作成費用は大きく異なります。
一般的な相場は以下の通りです。
SEO記事
文字単価1円~5円程度が一般的です。
キーワード選定や構成作成費用が別途かかる場合があります。
インタビュー記事・取材記事
文字単価5円~10円程度が相場です。
インタビュー対象者への交通費や謝礼も必要となります。
専門・学術記事
10円以上の高単価となることが多く、
監修費用や資料費がかかることもあります。
コラム記事
ライターの人気次第で単価は変わりますが、
5円~10円程度が一般的な相場です。
レビュー記事
製品の購入費や利用料がかかるため、
5円~10円と比較的高めの相場になります。

SEO記事

SEO記事の制作費用は、様々な要因によって大きく変動します。
一般的な相場は1記事あたり30,000円~50,000円程度ですが、高度なSEO対策を行う場合は100,000円以上かかることもあります。
費用は以下の要素が影響します。
  • 記事の長さ: 文字数が多いほど費用が高くなる傾向
  • キーワード選定の難易度: 競合が多いほど難易度が高く、費用もアップ
  • ターゲットの競争状況: 競争が激しいジャンルほど対策が難しく、コストがかかる
  • 付帯作業の有無: キーワード分析、構成立案、校正など追加工程があれば費用プラス
重要なのは記事の質とSEO効果のバランスです。
安価な量産型ではなく、ユーザーニーズに合った質の高い記事を作ることが肝心です。
関連記事

インタビュー記事・取材記事

インタビューや取材を伴う記事の相場は、一般的に5万円〜10万円程度となります。
ただし、取材先が遠方の場合は出張費用として1万円程度が別途必要になる可能性があります。
また、インタビューの文字起こしや記事執筆、校正作業なども外注することができ、それらにも費用がかかります。
高品質なインタビュー記事を作成するには、以下が重要となります。
  • 優れたコミュニケーション能力
  • 事前の十分な準備
外注する際は、ライターの実績や能力を確認するとともに、納期の遵守追加料金の有無など、細かい点も確認しましょう。

専門・学術記事

専門・学術記事は、高度な知識や経験を必要とする分野の記事を指します。
執筆者には、その専門分野の専門家や有資格者、実務経験者が求められます。
そのため、一般的な記事と比べて制作費用が高額になる傾向があります。
専門分野としては、法律、医療、金融、IT等が挙げられます。
文字数は3,000~10,000文字程度が一般的です。
記事1本あたりの相場は、以下のような目安となっています。
  • 20,000円~100,000円程度
研究成果や技術解説などの専門的な内容が中心となるため、
専門知識を持つ執筆者に依頼する必要があり、費用が高くなります。

コラム記事

コラム記事の制作費用は、一般的なブログ記事と比べると高めに設定される傾向があります。
その理由は、コラム記事は専門性が高く、文章の品質にも高い水準が求められるためです。
相場としては、文字単価0.8円程度の低価格帯から、5円を超える高価格帯まで幅広い設定があります。
2,000文字程度のコラム記事であれば、2,000円~10,000円程度が一般的な目安となります。
ただし、単価以外にも追加費用が発生する可能性があることを覚えておく必要があります。
企画・構成費、校正費、写真費など、制作に係る様々な経費が想定されます。

レビュー記事

レビュー記事とは、商品やサービスの実際の使用感を述べた記事のことです。
商品の特徴、長所、短所などを客観的に評価し、読者の購買判断を後押しすることが目的です。
レビュー記事の相場は、1文字あたり1円から3円程度が一般的です。
2,000文字のレビュー記事であれば、2,000円から6,000円が相場となります。
良質なレビュー記事を書くには、以下の点が重要になります。
  • 実際に商品を使用した上で評価すること
  • 単なる感想にとどまらず、具体的な効果や使用感を伝えること
  • 他の商品との比較情報を盛り込むこと
  • 客観的な視点から長所と短所をバランス良く評価すること
このように、読者の購買意欲を高める工夫が求められます。i

記事執筆以外に発生する費用

記事作成には、本文の執筆費用以外にも様々な追加費用が発生する可能性があります。
企画・キーワード選定・構成費、校正・校閲・修正費、監修費などの制作過程で必要となる費用や、
写真撮影・選定・加工費、資料費などのコンテンツ制作に関連する費用
さらにはディレクション費、入稿費、修正費などが含まれます。
これらの追加費用は、記事の規模や内容によって大きく変動するため、
事前に詳細な見積もりを確認することが重要です。
外注先の制作体制納期対応力追加料金の有無なども、
あらかじめ確認しておく必要があります。

企画・キーワード選定・構成費

企画・キーワード選定・構成費は、ターゲットユーザーのニーズを把握し、適切なキーワードを選定する、記事作成の最上流工程にあたる重要な費用です。
また、選定したキーワードに基づき、読者が求める情報を網羅した記事構成を作成します。
一般的な相場は、1件あたり10,000円~50,000円程度です。
作業工数は、競合調査やキーワード分析の範囲により変動します。
数時間から数日を要する場合もあるため、依頼範囲を明確にすることが大切です。
関連記事

校正・校閲・修正費

校正・校閲・修正の費用は、一般的に1ページあたりの文字数や原稿の難易度などによって異なります。
都内での相場は2,500円前後が目安とされています。
ただし、近年の人材不足により単価は上昇傾向にあり、 依頼する際は事前に費用を確認することが重要です。
原稿の分量(枚数と1ページあたりの文字数)を把握した上で、 複数の業者に見積もりを取ることをおすすめします。
また、単に文字数だけでなく、内容の難易度や専門性の高さによっても費用は変動します。
専門用語が多数含まれる場合は、その分高くなる傾向にあります。

写真撮影・選定・加工費

記事作成の過程で写真撮影や選定、加工が必要になる場合があります。
この工程にかかる費用は、目的や規模によって大きく異なります。
例えば、プロのカメラマンに半日の撮影を依頼する場合、3万円〜5万円程度が相場となります。
一方、1日(7〜8時間)の撮影となれば、8万円〜10万円が一般的な費用帯です。
商品撮影(物撮り)に関しては、1カット2,000円前後が目安となります。
さらに、スタジオのレンタル料金(1時間8,000円程度)が別途必要になる場合もあります。
写真の選定や加工費用も忘れてはいけません。
良質な写真素材を購入する場合は、1点数百円から数千円の費用がかかることがあります。
また、専門家による写真の選定や加工を依頼すれば、更なる費用の発生が見込まれます。

資料費

記事作成においては、適切な資料を収集・購入することが不可欠です。
資料費とは、そうした資料を入手するための費用のことを指します。
資料の内容や専門性の高さによって金額は大きく変動しますが、
一般的には数千円から数万円程度が目安となります。
取材を伴う記事の場合、取材先への謝礼も資料費に含まれる可能性があります。
外注先に資料費の見積もりを確認し、追加費用の有無を事前に確認することが重要です。

ディレクション費

ディレクション費とは、Webサイト制作におけるプロジェクト全体の進行管理や指揮を行うディレクターの人件費のことを指します。
通常、ディレクション費は制作費全体の10%〜30%程度が相場とされています。ディレクターの主な役割は以下の通りです。
  • クライアントとの要件定義
  • 制作スケジュールの管理
  • 制作チームへの指示・調整
ディレクターはこれらの業務を通じて、制作物の品質と納期を管理し、プロジェクト全体を成功に導きます。
適切なディレクション費の支払いは、高品質なWebサイト制作に不可欠な要素となります。

入稿費

記事を最終的に納品する際に発生する費用が「入稿費」です。
入稿作業には、以下のようなものが含まれます。
  • 記事の校正・修正作業
  • 記事のPDF化
  • CMS(コンテンツマネジメントシステム)への記事入稿
入稿費の相場は、1件あたり5,000円〜20,000円程度となっています。
記事の長さ、複雑さ、修正の回数など、作業量によって変動します。
入稿作業のボリュームが大きければ大きいほど、入稿費は高くなる傾向にあります。
記事作成を外注する際は、入稿費用についても必ず確認しましょう。
事前に明示されていない場合、隠れ費用として請求される可能性があります。
入稿費の明細を事前に確認し、トラブルを避けることが重要です。

修正費

記事作成の過程で修正が必要となった場合、修正費用が発生します。
一般的な修正費の相場は、1回あたり1,000円〜5,000円程度です。
修正回数が多くなれば、その分修正費用も高額になる可能性があります。
そのため、事前に修正回数の上限を決めておくことが賢明でしょう。
また、修正作業に時間を要し過ぎると、納期に影響が出る恐れもあります。
迅速な対応が求められるため、修正費の発生有無や追加料金の有無を事前に確認しておくことが重要です。

謝礼・報酬

取材を行う相手に対する謝礼や報酬は、内容や立場により異なります。
一般の方への取材であれば、数千円相当のギフト券を贈呈するケースが多いでしょう。
一方、専門家や著名人を取材する場合は、より高額な謝礼が必要になる可能性があります。
記事の価値と取材対象者の立場を踏まえ、適切な金額を設定することが重要です。
記事執筆の報酬相場は以下の通りです。
  • SEO記事: 1記事あたり3万円〜10万円程度
  • 取材記事・専門記事: 上記以上の報酬が一般的
特に、文字数の指定がある依頼の場合、中級〜上級ライターに人気の報酬形式となります。
クオリティの高い記事を制作できる実力が求められます。

記事作成を外注する際のチェックポイント

記事制作を外注する際は、以下の4点を確認すると良いでしょう。
  • 納期を守ることができるか
  • 記事作成体制
  • 追加料金や隠れ費用
  • 要求に対し柔軟な対応をしてくれるか
ここからは、それぞれについて詳しく解説します。

納期を守ることができるか確認する

記事執筆の外注先を選ぶ際、最も重要なポイントが「納期を守れるか」です。
納期に遅れがあれば、自社のWebサイトやブログの更新が滞り、 コンテンツマーケティングの効果が大幅に低下してしまいます。
そのため、外注先の過去実績を確認し、以下のような点をチェックしましょう。
  • 納品の遅延がないか
  • 進捗状況の共有が行われているか
  • 連絡体制が適切に構築されているか
特に、過去に遅延なく納品できていたかどうかは重要です。
遅延の理由や対応にも注目し、遅延の有無だけでなく、その対応力も評価する必要があります。
加えて、進捗状況の共有体制連絡の密度も確認しましょう。
外注先との綿密なコミュニケーションが、納期遵守への第一歩となります。

記事作成体制を確認する

記事を外注する際、ライターの執筆体制を確認することが重要です。
一人のライターが全工程を担当するのか、編集者やプロジェクトマネージャーなどのサポート体制があるのかを事前に確認しましょう。
また、記事の校正・修正体制についても確認が必要です。 以下の点に留意しましょう。
  • 誰が校正を行うのか
  • 修正指示の伝達方法
  • 修正後の最終確認プロセス
記事作成の各ステップがしっかりと行われる体制が整っているかを事前に確認し、 スムーズな記事制作が行えるよう心がけましょう。

追加料金や隠れ費用の確認を行う

記事作成を外注する際には、料金表に記載された基本料金以外にも、様々な追加料金や隠れ費用が発生する可能性があります。
代表的な追加料金としては、以下のようなものが挙げられます。
  • 初期登録料サポート料など、外注先の利用に伴う固定費用
  • 修正料金再校正料金など、記事の修正に係る費用
  • 監修料専門家への報酬など、第三者による確認に伴う費用
  • 写真撮影費画像加工費など、記事に使用する画像に係る費用
これらは、外注先によって料金設定が異なるため、事前に確認し、自社の予算内に収まるかどうかを見極める必要があります。
隠れ費用を見落とすと、想定外の出費となり、コスト管理が難しくなる恐れがあります。
外注先の料金プランを入念に確認し、追加料金が発生しないか、あらかじめ把握しておくことが重要です。

要求に対し柔軟な対応をしてくれるかを確認する

記事作成を外注する際は、ライターが自社の要求に柔軟に対応してくれるかどうかを確認することが重要です。
フォーマットや構成、納期、修正回数など、様々な条件に対して柔軟性があるかを事前に確認しましょう。
ニーズに合わせた対応が可能なライターであれば、スムーズな記事作成が期待できます。
さらに、ライティング以外の業務についても気軽に相談できる可能性があります。
ただし、柔軟性を求めすぎるあまり、ライターに過度な負担をかけてしまっては本末転倒です。
ライターに感謝の気持ちを忘れずに、適切な範囲での柔軟な対応を求めることが大切といえるでしょう。

まとめ

記事作成の相場は、記事の種類や難易度によって大きく異なります。
SEO記事やコラム記事は比較的安価ですが、専門知識が必要な記事や取材を要する記事は高くなる傾向にあります。
記事作成費用以外にも、企画やキーワード選定、校正・校閲、写真撮影や資料費など、様々な追加費用が発生する可能性があります。
外注する際は、これらの費用についても確認しておくことが重要です。
また、納期の確認や記事作成体制、追加料金の有無など、発注先の信頼性や対応力もチェックする必要があります。
目的に合わせて適切な発注先を選ぶことで、コストを抑えつつ高品質な記事を得ることができるでしょう。
監修者紹介
Profile
Kazuki Sumida
株式会社サイダーストーリー
炭田一樹
インターネット広告代理店へ入社
・大学2年時から長期インターンとして参画。
・自社SEOメディア事業部として社員10名のマネジメントを経験。
・新卒入社後、1年目から福岡支社長に抜擢。0からの立ち上げを経験。
・支社開設後6ヶ月で単月黒字、3年で社員7名規模まで拡大。
株式会社サイダーストーリーを創業
・業界を問わず多数のクライアントの売上拡大に貢献