ドメインパワーを測定するツール7選~それぞれのツールを徹底解説~

ドメインパワーを測定するツール7選~それぞれのツールを徹底解説~

 
ドメインパワーは、検索エンジン最適化(SEO)を行う上で、非常に重要なファクターの1つです。
ドメインパワーの高さは、検索上位に表示されやすくなり、ユーザーへの信頼感も得られやすくなります。
しかし、ドメインパワーを正確に把握するのは難しく、どのようにして測定すればよいのか分からない企業も多いでしょう。
この記事では、ドメインパワーの意味や重要性、測定方法、ツールをご紹介します。
また、ドメインパワーを上げるためのコツや、ドメインの種類と特徴についても解説します。
ぜひ、この記事を参考に、自社のドメインパワーを把握し、効果的なSEO施策に活かしてください。
目次

ドメインパワーとは

ドメインパワーとは、検索エンジンにおいてウェブサイトの重要性や信頼性を表す指標であり、サイトの権威性や人気度、被リンクの質と量などを総合的に評価したものです。
SEOを行う上でドメインパワーは非常に重要な要素となっており、この数値が高ければ検索順位の上位に表示されやすくなります。
ahrefsのDRを基準とした場合、ドメインパワーは100点満点で表され、一般的には30~50点が良いとされています。しかし、同じ数値でも業界や競合によって評価は変わってきます。
つまり、競合他社と比較して自社のドメインパワーがどの程度なのかを把握することが重要なのです。
ドメインパワーを上げていくことで、検索エンジンから好印象を得られ、その結果、サイトの流入やアクセス数の向上にもつながります。
ペルソナにとって、ドメインパワーの状況を把握し、適切な対策を立てることは非常に重要な課題だと言えるでしょう。

ドメインパワーがSEOにおいて重要である理由

ドメインパワーとは、検索エンジンがあなたのウェブサイトの信頼性や権威性を示す指標です。
ドメインパワーが高ければ高いほど、検索エンジンはあなたのサイトを重要視し、検索結果の上位に表示される可能性が高くなります。
つまり、ドメインパワーが高いサイトはSEO上有利な立場にあるということです。
検索上位に表示されることで、より多くのユーザーにリーチでき、ブランド認知や売上向上にもつながります。
では、実際にどのようにドメインパワーがSEOに影響するのでしょうか。主な理由は以下の2点です。

コンテンツのインデックス速度が上がる

ドメインパワーが高いサイトは、Google をはじめとする検索エンジンにとって信頼できるサイトとみなされます。
そのため、そのサイトのコンテンツがより早くインデックスされる傾向にあります。
つまり、ドメインパワーが高ければ高いほど、新しく投稿した記事がより速くWebに反映されるのです。
これは非常に重要な意味を持ちます。なぜなら、検索ユーザーは常に最新の情報を求めているからです。
コンテンツがすぐにWebに反映されることで、ユーザーはより新鮮な情報を得られるようになります。
これにより、ユーザー満足度が高まり、結果的にサイトの評価も向上するのです。
つまり、ドメインパワーを高めることで、コンテンツのインデックス速度を上げ、ユーザーニーズに即した最新情報を提供することができるのです。

検索エンジンで上位表示しやすくなる

ドメインパワーが高いサイトは、検索エンジンにとって信頼できる情報源として認識されます。
そのため、検索結果の上位に表示されやすくなります。
つまり、ドメインパワーは重要なランキング要因の1つなのです。
検索ユーザーは、上位に表示されているサイトの情報を信頼する傾向にあります。
つまり、ドメインパワーの高いサイトは、検索結果の上位に表示されることで、潜在的な顧客を多く集めることができるのです。
ドメインパワーの高いサイトは、検索エンジンにとって魅力的なコンテンツを持っていると評価されます。
そのため、新しいコンテンツの反映スピードも速くなり、検索上位を維持しやすくなるのです。
関連記事

ドメインパワーを測定するツール7選

ドメインパワーを測定するには、様々なツールが利用できます。
それぞれツールの特徴や得意分野が異なるため、用途に合わせて使い分けると良いでしょう。
ここでは、代表的な8つのツールをご紹介します。
ツールの使い勝手や分析の深さ、コストなど、自社のニーズに合ったものを選びましょう。
また、複数のツールで数値を比較して、より正確な情報を得ることをおすすめします。
では、ドメインパワー分析に活用できるツールを見ていきましょう。

ahrefs

ahrefsは、あらゆるウェブサイトの詳細な情報を収集・分析できる強力なツールです。
特に、リンクプロファイルの分析が非常に強力で、自社のサイトだけでなく競合サイトのリンク状況も把握することができます。
ドメインパワーを測定する際は、「Domain Rating」という指標を確認できます。
この指標は0から100の間で表され、100に近いほど強力なドメインパワーを持つことを示しています。
ウェブサイトのリンク状況を包括的に把握でき、競合サイトとの比較も簡単にできるので、ドメインパワー向上の施策立案に役立てることができます。
ただし、ahrefsは有料ツールなので、予算に応じて最適な利用方法を検討する必要があります。
ドメインパワーの分析だけでなく、サイトのクロールやキーワード分析、バックリンク分析など、幅広い機能を活用することで、SEO施策の立案に大きな示唆を得ることができるでしょう。

Moz

Mozは業界で有名なSEOツールの1つです。ドメインパワーを測る指標としてDomain Authority(DA)があり、1から100までの数値で表されます。
DAは過去のリンク情報に基づいて算出され、サイトの権威性や信頼性を表す指標となります。Mozは無料でDAを確認できるため、多くのウェブマスターに利用されています。
DAの値が高いほど、検索エンジンでの上位表示が期待できます。一方で、DAが低い場合は、コンテンツの充実やリンク獲得に取り組む必要があります。
Mozのツールを活用することで、自社サイトのドメインパワーを把握し、SEO施策に反映させることができます。
Mozの無料ツールを使えば、簡単にサイトのDAをチェックできるので、SEO担当者にとって重宝されています。
ドメインパワーを高めていくためのヒントが得られるでしょう。

ubersuggest

ubersuggestは、Neil Patelが開発した無料のSEOツールです。
キーワードの検索ボリューム、競合サイトの分析、そしてサイトのドメインパワーを簡単に確認できます。
特にドメインパワーの確認に優れており、ドメインの強さを視覚的に把握できるのが大きな特徴です。
ubersuggestのドメインパワー分析では、以下の3つの指標が確認できます。
  • ドメインスコア
  • URL評価スコア
  • トラフィックスコア
これらの数値を参考にして、自社サイトの強みや弱みを把握し、改善につなげることができます。無料で使えるツールとしても注目されており、SEO初心者からベテランまで幅広く活用されています。

パワーランクチェックツール

パワーランクチェックツールは、ウェブサイトのドメインパワーを簡単に測定できるオンラインツールです。
入力したURLからドメインパワーやバックリンクの状況を瞬時に分析し、サイトの強さを数値で表してくれます。
特に初心者のウェブマーケターにとって、このツールは非常に便利です。
オープンソースのツールなので無料で利用でき、直感的なUIなので操作も簡単。ドメインパワーの推移をグラフで確認したり、他社サイトとの比較も行えます。
ただし、このツールの測定結果は他のツールと異なる場合があります。ドメインパワーの絶対的な値ではなく、あくまでも参考指標として活用するのがよいでしょう。

Majestic

Majesticは、ドメインパワーを分析するうえで非常に有名なツールの1つです。ドメインのバックリンク数や質を詳細に分析することができ、信頼性の高いデータを提供してくれます。
Majesticは、URLInfo、TopBacklinks、Fresh Indexの3つのモジュールから成り立っています。URLInfoでは、リンクプロファイルやドメインの歴史、アンカーテキストなどを確認できます。TopBacklinksでは、サイトへの被リンクを確認し、バックリンクの質を分析することができます。Fresh Indexでは、新しく得られた被リンクの情報も確認できます。
Majesticは有料ツールですが、信頼性の高い分析結果を得られるため、SEO対策を本格的に行いたい企業にとって非常に有用なツールと言えるでしょう。無料プランもあるため、まずは試してみるのがおすすめです。

みんなのブログランキング

みんなのブログランキングは、ブログの集客力やアクティビティを評価する指標として注目されています。
このツールでは、自社のブログサイトのランキングだけでなく、競合サイトのランクも把握できるので、自社サイトの相対的な位置づけを把握することができます。
ランキングの算出方法は独自のアルゴリズムを使用しており、単純なPV数やアクセス数だけでなく、以下のような要素を総合的に評価しています。
  • ブログの更新頻度
  • 被リンク数
  • ソーシャルシェア数
  • コメント数
  • PV数
ランキングの上位に入ることで、ブログの信頼性やパワーが高いことが示されるため、潜在顧客の興味を引きつけるのに効果的です。
また、競合との比較も簡単にできるので、自社ブログの課題を発見しやすくなります。

THEHOTH

THEHOTHは、ドメインパワーを測定できるツールとして知られています。
ドメインの信頼度を測るために、独自のアルゴリズムを使って独自の「ドメイン信頼度スコア」を算出してくれます。
ドメインパワーの数値だけでなく、サイトマネジメントのヒントも得られるのが魅力的ですね。
例えば、リンク分析やコンテンツ分析、技術的SEOの課題など、サイト全体の健康状態を把握できます。
これらの情報を活用すれば、ドメインパワーを着実に向上させることができるでしょう。
無料で使えるプランもあるので、気軽に始められるのも魅力的です。
ドメインパワーの向上には、長期的な取り組みが欠かせません。
THEHOTHのようなツールを活用しながら、着実に施策を積み重ねていくことが重要です。
自社サイトのドメインパワーを確認し、より高い信頼性を獲得するための足掛かりを見つけましょう。

計測ツールによって数値が異なる理由

ドメインパワーを計測するツールは各社で基準が異なるため、同一のサイトでも計測ツールによって数値に違いが出ます。
なぜ計測ツールによってドメインパワーの数値が異なるのでしょうか。
その理由は、各ツールが独自の指標を使って独自の計算式でドメインパワーを算出しているためです。
例えば、MozはDomain Authorityという指標を使い、ahrefs はDomain Rankという独自の指標を使っています。
つまり、ツールごとに考慮する要素が異なるため、計算結果も当然異なってくるのです。
したがって、ドメインパワーの絶対値ではなく、同一サイトの中での相対的な強さを見る必要があります。

ドメインパワーの目安

ドメインパワーの数値は、サイト運営者にとって重要な指標です。
ドメインパワーが高ければ、検索エンジンでの上位表示が見込めるでしょう。一方で、数値が低ければ、コンテンツのインデックス化が遅くなり、SEO施策も効果的に機能しない可能性があります。
ドメインパワーの目安としては、以下のような数値が一般的とされています:
  • 10以下 ... 低い
  • 10~30 ... 平均的
  • 30~50 ... 良い
  • 50以上 ... 非常に高い
ただし、単純にドメインパワーの数値だけで判断するのではなく、サイトの目的やターゲット、競合状況なども考慮する必要があります。
例えば、マイナーなキーワードを狙う場合は、ドメインパワーが低くてもTop10入りできる可能性があります。
一方で、競争の激しい主要キーワードを狙う場合は、ドメインパワーが高ければ有利になります。

ドメインパワーを上げる方法

ドメインパワーを上げるためには、質の高いコンテンツの作成と被リンクの獲得が重要です。
コンテンツは、読者の興味関心に合わせて丁寧に作成し、外部サイトからの自然な被リンクを得るよう心がけましょう。
また、サイトを長期的に運営し続けることでも、ドメインパワーは徐々に高まっていきます。
短期的な成果を狙うのではなく、継続的な運営に取り組むことが成功のカギとなります。
ドメインパワーを上げる具体的な施策としては、以下のようなことが考えられます:
  • 深い知識と洞察に基づいた質の高いコンテンツの作成
  • 適切なキーワード選定とタイトル・説明文の最適化
  • 他サイトからの自然な被リンクの獲得
  • サイト構造の整理とナビゲーションの改善
  • 定期的なサイト更新と新コンテンツの追加
これらの施策を継続的に実行することで、確実にドメインパワーを高めていくことができます。
ぜひ、自社のサイトにあった方法を見つけて実践してみましょう。
関連記事

質の高いコンテンツを作成する

ドメインパワーを上げるには、まずサイトの中身となるコンテンツの質を高める必要があります。高品質なコンテンツを作成し、ユーザーの興味を引き、深い理解を促すことが重要です。
質の高いコンテンツとは、読者の課題を解決し、信頼を得られるようなものです。
適切なキーワードを活用し、SEO対策をしつつ、読者目線で有益な情報を提供することが求められます。
たとえば、業界の最新動向や専門家の分析、ノウハウの紹介など、読者の求めている情報を丁寧に作り込むことが効果的です。
さらに、わかりやすい構成、適切な見出し設定、挿絵の活用など、読みやすさにも配慮しましょう。
関連記事

質の良い被リンクを獲得する

ドメインパワーを上げるには、質の高い被リンクを獲得することが重要です。
質の良い被リンクとは、権威性の高いサイトからの自然なリンクのことを指します。
自社のサイトコンテンツの質を高め、関連業界の有名サイトや信頼できる情報源サイトからリンクを得るように努めましょう。
そのためにはまず、自社のサイトを魅力的なものにする必要があります。
有益で質の高いコンテンツを作成し、ユーザーに価値を提供することで、自然とリンクが集まるようになります。
また、業界の有名ブロガーやインフルエンサーにコンタクトを取り、記事への引用や協力を求めるのも良いでしょう。
加えて、被リンクの質を高めるコツは、リンクの多様性を意識することです。
被リンクは外部サイトからのものだけでなく、自社サイト内部のリンクも含まれます。
サイト内の関連コンテンツへのリンクを適切に配置し、ユーザビリティを高めることで、検索エンジンからの評価も上がります。

長期的にサイトを運営する

ドメインパワーを上げるには、長期的にサイトを運営していくことが重要です。
検索エンジンは、サイトの信頼性や権威性を評価する際に、サイトの運営期間を大きな指標としています。
新しいサイトは、立ち上げ後しばらくは検索順位が低い傾向にあります。
しかし、継続的に良質なコンテンツを公開し、着実にアクセス数を増やしていけば、徐々にドメインパワーが蓄積されていきます。
サイトの運営歴が長くなれば、検索エンジンからの信頼も高まり、検索順位の上位にランクインしやすくなります。
長期的な視点を持って、着実にサイトを運営していくことが不可欠です。

ドメインの種類と特徴

ドメインには大きく分けて「共有ドメイン」と「独自ドメイン」の2種類があります。
それぞれに特徴と使い分けのポイントがあるので、ご紹介します。
共有ドメインとは、複数のサイトで1つのドメインを共有するものです。
費用が安く導入しやすいのが特徴ですが、他のサイトの影響を受けやすいという欠点もあります。一方、独自ドメインはあなたのブランドを象徴する大切なアセットで、SEO面でも有利です。
ただし初期費用がかかるのが難点といえるでしょう。
ご自身のサイトや予算に合わせて、ドメインの種類を選んでみてください。
SEO対策やブランディングの観点から、できるだけ独自ドメインを取得することをおすすめします。

共有ドメイン

共有ドメインとは、他のサイトと共に同じドメインを使用しているドメインのことです。
これは主にブログやウェブサイトの運営コストを抑えたい個人や小規模企業によく利用されています。
共有ドメインには以下のようなメリットがあります。
  • ドメイン取得費用が安い
  • サーバー管理の手間が少ない
  • 初期投資が小さい
一方で、以下のようなデメリットもあります。
デメリット説明
ドメインパワーの低さ他サイトと同一ドメインを使用しているため、ドメインパワーが低くなる可能性がある
ペナルティリスクの高さ他サイトの不正行為によってサイト全体がペナルティを受ける可能性がある
ブランド力の低さ独自ドメインと比べてブランド力が弱くなる
このように共有ドメインには一長一短があるため、サイトの目的やご要望に応じて適切なドメイン選択をすることが重要です。

独自ドメイン

独自ドメインとは、自分で取得したWebサイト用のドメイン名のことを指します。
共有ドメインとは異なり、独自ドメインは自分のブランドや企業名、製品名などを反映させたドメイン名を選ぶことができるため、専門性や信頼性の向上につながります。
また、独自ドメインは、独自の設定やカスタマイズが可能で、SEO面でも有利な点が多数あります。
たとえば、URLに自社名やキーワードを含めることで、検索エンジンに自社サイトの重要性を訴えかけることができます。
さらに、独自ドメインは長期的に運用できるため、ブランド価値の向上にも役立ちます。
一方で、独自ドメインは共有ドメインに比べて費用がかかるのが難点です。
ドメイン取得費用の他に、Webホスティングサービスの利用料も必要となります。
しかし、長期的に見れば、SEOやブランド構築の観点から独自ドメインのメリットは大きいといえるでしょう。

まとめ

ドメインパワーは、SEO対策において非常に重要な指標です。
ドメインパワーが高ければ、コンテンツの検索エンジンでの上位表示が期待でき、サイトの信頼性も高まります。
一方、ドメインパワーが低いと、検索順位が低迷し、サイトの知名度や信頼性にも影響が出てしまいます。
そのため、自社のドメインパワーを把握し、それを上げていくことが重要です。
さまざまなツールを使ってドメインパワーを確認し、質の高いコンテンツの制作や被リンクの獲得などに取り組むことで、着実にドメインパワーを高めていくことができます。
ドメインパワーを意識し、継続的な改善に取り組めば、検索上位に表示されるようになり、サイトの注目度やブランド力も向上していくことでしょう。
ぜひ、自社のドメインパワーを確認し、上位表示を目指してみてください。
監修者紹介
Profile
Kazuki Sumida
株式会社サイダーストーリー
炭田一樹
インターネット広告代理店へ入社
・大学2年時から長期インターンとして参画。
・自社SEOメディア事業部として社員10名のマネジメントを経験。
・新卒入社後、1年目から福岡支社長に抜擢。0からの立ち上げを経験。
・支社開設後6ヶ月で単月黒字、3年で社員7名規模まで拡大。
株式会社サイダーストーリーを創業
・業界を問わず多数のクライアントの売上拡大に貢献