SEO会社を選ぶ5つのポイントとは?Googleが推奨する会社の選び方もあわせて紹介

SEO会社を選ぶ5つのポイントとは?Googleが推奨する会社の選び方もあわせて紹介

 
SEO対策は企業にとって重要な取り組みの1つですが、SEO会社の選び方を間違えると、期待した成果が得られない可能性があります。
適切なSEO会社を選ぶことで、自社のウェブサイトの検索順位を上げ、集客力を高めることができます。
この記事では、SEO会社を選ぶ際のチェックポイントや注意点を解説します。
ウェブサイトの目的や目標、予算、社内体制などを把握し、自社に最適なSEO会社を見つけることができるでしょう
目次
集客/採用の課題をまるっと解決します!
サイダーストーリーは、マーケティングの全体戦略から各施策の戦術、進行管理など
お客様社内のマーケティングチームとして成果に貢献します。
▼このようなお悩みがあればぜひご相談ください
  • 月間の集客数が少ない
  • 費用対効果の良い集客施策を探している
  • コンテンツマーケティングを行いたい

SEO会社とは

SEO会社とは、ウェブサイトの検索エンジン最適化(SEO)を専門に行う会社のことです。
主な業務内容としては、ウェブサイトのコンテンツやコーディングを分析し、Google をはじめとする検索エンジンの最新のアルゴリズムに適合するよう最適化することが挙げられます。
SEO対策に成功すれば、検索エンジンの上位に表示され、ターゲットユーザーに商品やサービスを効果的にアピールできるため、重要な役割を果たしていると言えるでしょう
関連記事

SEO会社に依頼する前にチェックしておきたいポイント

SEO会社に依頼を検討する際には、以下の5つのポイントを意識するとよいです。
  • サイトのターゲットやコンセプトは明確であるか
  • 目的と目標が明確になっているか確保できる予算はいくらあるのか
  • 確保できる予算はいくらあるのか
  • 社内体制は整っているか
  • 自社独自のナレッジ・情報を提供することが出来る状態であるか
ここからは、それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

サイトのターゲットやコンセプトは明確であるか

SEO対策を効果的に行うためには、サイトのターゲット層やコンセプトを明確にすることが重要です。 ターゲットとなる顧客像や提供するサービス・商品の特徴を十分に把握しておかないと、適切なキーワード選定やコンテンツ制作ができません。
例えば、ターゲットが明確でない場合、サイトの訪問者は増えても、実際の成約率や売上に結びつかない可能性があります。 一方で、ターゲットが明確な場合は、そのターゲット層のニーズに合ったコンテンツを提供できるため、より高い成約率が期待できます。
したがって、SEO対策を成功させるには、まず以下の点を明確にする必要があります。
  • サイトのターゲット層(年齢、性別、趣味・嗜好など)
  • サイトのコンセプト(提供するサービス・商品の特徴や強み)
  • ターゲット層のニーズや課題

目的と目標が明確になっているか

SEO対策に取り組む前に、自社の「なぜSEO対策をするのか」という目的を明確にしておくことが重要です。 目的が明確になっていないと、成果につながらない作業に時間やコストを無駄にしてしまう可能性があります。
また、SEO対策の具体的な施策や基本戦略について、SEO会社が分かりやすく説明できるかどうかも確認する必要があります。 自社の課題解決に向けて、どのようなアプローチをするのかを確認しましょう。
自社の目的に合ったSEO対策会社を選ぶためには、以下のような目標を明確にする必要があります。
  • コンバージョンの増加
  • ファン獲得
  • その他、自社の具体的な目標
目的と目標が明確になっていれば、適切なSEO対策会社を選定しやすくなります。

確保できる予算はいくらあるのか

SEO対策を適切に行うためには、確保できる予算を事前に明確にしておく必要があります。
予算を決める際は、以下の2つの料金体系を理解しましょう。
  • 固定報酬型: 事前に決められた金額で一定期間の対策を行う方式。予算の見積もりが立てやすい。
  • パフォーマンス報酬型: 成果に応じた報酬を支払う方式。初期費用が抑えられる。
また、実施する施策内容によっても費用は変わります。
  • サイト構造改善
  • コンテンツ制作
  • リンク構築
  • テクニカルSEO
  • SNSマーケティング
施策内容を理解した上で、自社の目標と予算との兼ね合いを見極めましょう。

社内体制は整っているか

SEO対策を効果的に行うには、社内体制が整っていることが重要です。
社内の情報共有やコミュニケーションが不足していると、適切なSEO施策を立案・実行することが困難になります。
そのため、以下の点を確認する必要があります。
  • 情報共有体制が適切に構築されているか
  • 部門間の連携が円滑に行われているか
  • 社員のSEOに対する理解度や意識は高いか
  • SEO対策に必要なリソース(人員・予算)が確保できているか
特に重要なのは、経営層から現場まで組織全体でのSEO対策への理解と協力体制です。
社内の連携が不足していると、戦略立案から実行まで支障をきたし、SEO対策の効果が発揮されにくくなります。

自社独自のナレッジ・情報を提供することが出来る状態であるか

SEO対策会社に依頼する際、自社が保有する専門知識や経験値、ノウハウなどの独自のナレッジを提供できる体制が整っているかを確認することが重要です。
自社のナレッジを活用して、クライアントに有益な情報を発信できることは、企業の専門性や信頼性を高め、差別化を図る上で大きな強みとなります。
そのためには、組織内で知識を整理・共有し、適切に管理するためのナレッジマネジメントの仕組みが不可欠です

SEO会社の選び方

SEO会社を選ぶ際は、以下の5つのポイントを意識するとよいです。
  • 実績や成功事例があるか
  • サービス内容が自社の要望に合っているのか
  • 費用(料金体系)が要望に合っているのか
  • 担当者と円滑なコミュニケーションをとれるのか
  • インハウス支援があるのか
ここからは、それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

実績や成功事例があるか

SEO対策会社の選定にあたり、実績や成功事例の有無は重要なチェックポイントです。
過去の実績から、その会社の実力や専門性を判断することができます。 具体的には、以下のような点を確認しましょう。
  • 大手企業や有名サイトのクライアント実績
  • 数値で示された売上や集客の改善効果
  • 業界内での知名度や評価
また、成功事例では、クライアントの課題に対してどのような施策を行い、 どのような成果を出したかを確認することが重要です。
自社の課題解決に適したサービスを提供できるかどうかを見極める一助となります

サービス内容が自社の要望に合っているのか

SEO会社を選ぶ際、最も重要なポイントは、提供されるサービス内容が自社の要望に合致しているかどうかを確認することです。
SEO対策には様々な施策があり、企業の目的や規模によって適切な手法は異なります。 そのため、自社にマッチしたサービスを選択することが肝心です。
SEO会社のホームページやヒアリングを通じて、以下の点を確認しましょう。
  • 具体的にどのようなサービスを提供しているのか
  • 自社の課題解決に向けて最適なサービスが用意されているか
    • 検索順位の向上
    • クリック数の増加
    • コンバージョン率の改善

費用(料金体系)が要望に合っているのか

SEO対策の費用は、会社の規模や目標によって大きく異なります。
主な料金体系には以下の3つがあります。
  • 固定料金型(月額): 毎月一定額を支払う形式です。予算が限られている企業に適しています。
  • 固定料金型(一括): 初期費用と作業費用を一括で支払う形式です。大規模な施策を行う場合に適しています。
  • 成果報酬型: 成果に応じた料金を支払う形式です。リスクは低いものの、費用が変動するデメリットがあります。
自社の予算や目標に合わせて、最適な料金体系を選ぶことが重要です。
費用面だけでなく、実績やサービス内容、提案内容なども総合的に検討する必要があります。
関連記事

担当者と円滑なコミュニケーションをとれるのか

SEO対策を進める上で、SEO会社の担当者とのコミュニケーションは非常に重要です。 円滑なコミュニケーションが取れないと、自社の要望が正しく伝わらず、適切な施策を実施できません。
そのため、SEO会社を選ぶ際は、必ず面談を行い、担当者とのコミュニケーションがスムーズに取れるかどうかを確認しましょう。 以下の点に注目すると良いでしょう。
  • 自社の状況や要望を正しく理解してくれているか
  • 適切なアドバイスやフィードバックがもらえるか
  • 報告や質問への対応が迅速か
  • 担当者の人柄や姿勢に好感が持てるか
コミュニケーションが円滑でないと、SEO対策の進捗が思わしくなかったり、自社の本来の目標から外れた施策になる可能性があります。

インハウス支援があるのか

SEO対策を自社内で行えるようサポートするインハウス支援サービスを提供しているSEO会社があります。
近年では、SEOの重要性が高まり、自社でSEO対策を行う「内製化」の動きが広がっています
インハウス支援サービスでは、以下のようなノウハウを提供しています。
  • 内部対策のノウハウ
  • 外部施策のノウハウ
  • 記事の添削ノウハウ
企業がSEO対策を自社で行えるよう、SEO内製化に必要なノウハウを包括的にサポートしてくれます。

Googleが推奨するSEO対策会社の選び方も参考にする

Googleは、信頼できるSEO対策会社を選ぶためのガイドラインを公開しています。具体的には、下記の項目です。
  1. 候補となるseo対策会社と面談を行う
  1. SEO対策会社の評価を確認する
  1. サイトの監査を依頼する
ここからは、それぞれについて詳しく説明します。

候補となるseo対策会社と面談を行う

SEO対策会社を選定する上で、面談は非常に重要なステップです。
面談を通して、対策会社の実際の対応力や提案内容を確認することができます。
面談の際は、以下のポイントを押さえましょう。
  • 会社の信頼性・専門性: 実績や経験、専門知識などを確認する
  • サービス内容: 自社の要望に合ったサービスが提供できるかを確認する
  • 費用: 料金体系や費用対効果を把握する
  • アプローチ: 自社の状況に合ったアプローチができるかを確認する
面談を通して、最終的に自社に最適なSEO対策会社を選定することが重要です。

SEO対策会社の評価を確認する

SEO対策会社の選定において、過去の顧客からの評判を確認することは欠かせません。
実際にサービスを受けた企業に、提供内容の質や対応の良さ、成果などを尋ねましょう。
具体的には以下のような点を確認するとよいでしょう。
  • 提案内容が適切で、理解しやすかったか
  • 作業の進捗状況の共有が適切に行われていたか
  • 成果が見込みどおりであったか
  • コストパフォーマンスに満足できたか
  • 追加の要望にも柔軟に対応してくれたか
過去の評判を参考にすることで、SEO対策会社としての実力や姿勢が把握でき、
自社に適した業者かどうかを総合的に判断することができます。

サイトの監査を依頼する

サイトの監査を依頼することは、SEO対策会社の実力を見極める上で非常に重要です。
Googleも、実際にサイトを監査してもらい、
必要な作業とその理由、期待できる成果について確認することを推奨しています。
監査を通じて、以下のようなことが把握できます。
  • 自社サイトの課題や改善点
  • SEO対策会社がどのようなアプローチで対策を行うか
  • 最適なSEO対策が実施できるかどうか
つまり、監査結果を基に、SEO対策会社の実力と提案内容を総合的に判断できるのです。

SEO対策会社を選ぶ際の注意点

SEO対策会社を選ぶ際には、注意したいポイントとして、以下の3点が挙げられます。
  • 「必ず上がる」といった安易な言葉を使用しない
  • Googleのガイドラインに準拠していない
  • 情報共有ではなく一方的な売り込みを行う
ここからは、それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

「必ず上がる」といった安易な言葉を使用する

SEO対策の効果を過度に強調し、「必ず上がる」といった安易な言葉を使用する業者には注意が必要です。
SEO対策には、コンテンツの質、サイト設計、ユーザビリティ、外部からの評価など、多くの要因が影響するためです。
そのような過剰な期待値を抱かせる業者は、実際の効果よりも顧客を引き付けることを優先していると考えられます。
しかし、実績不足が露呈すれば、顧客の信頼を失い、最悪の場合は解約に至る可能性があります。

Googleのガイドラインに準拠していない

Googleは検索エンジン最適化(SEO)に関するガイドラインを公開しています。 このガイドラインは、Googleが検索結果に表示させたいコンテンツの基準を示しています。
SEO対策会社がこのガイドラインに沿った最適化を行っていない場合、 適切なSEO対策が行われていない可能性があります。
ガイドラインを無視して独自の方法を提案する会社は、 長期的な効果が期待できない対策を提案する可能性が高く、 サイトの健全な運営には適していません。
Googleのガイドラインに準拠したSEO対策は、 以下の点で重要です。
  • 検索エンジンに適切に評価されるコンテンツ作成が可能
  • ペナルティリスクを回避できる
  • 長期的な効果が期待できる
したがって、SEO対策会社を選ぶ際は、 Googleのガイドラインに準拠しているかどうかを必ず確認する必要があります。

情報共有ではなく一方的な売り込みを行う

良質なSEO対策会社は、クライアント企業との双方向のコミュニケーションを重視します。
一方的な売り込みや押し付けがましいアプローチは避けるべきです。
代わりに、以下のようなポイントを確認することが重要です。
  • 事前調査: クライアント企業の業界や製品・サービスについて十分な調査が行われているか
  • 理解度: クライアントの目的や課題を深く理解しているか
  • 提案内容: クライアントに合わせたカスタマイズされた提案がなされているか
  • 情報共有: 提案プロセスにおいて、双方向のコミュニケーションと情報共有がなされているか
このように、情報共有と相互理解に基づく提案を行うSEO対策会社を選ぶことが、成功への第一歩となります。

まとめ

SEO対策会社を選ぶ際は、自社の課題やニーズを明確にした上で、 実績や費用、コミュニケーション体制など、さまざまな観点から総合的に評価する必要があります。
Googleのガイドラインに準拠していない業者や、 「必ず上位表示される」といった安易な言葉を使う業者には注意が必要です。
適切なSEO対策会社を選ぶことで、 自社Webサイトの集客力や売上向上が期待できます。 信頼できる業者と協力し、
効果的なSEO対策を実施することが重要
です。
監修者紹介
Profile
Kazuki Sumida
株式会社サイダーストーリー
炭田一樹
インターネット広告代理店へ入社
・大学2年時から長期インターンとして参画。
・自社SEOメディア事業部として社員10名のマネジメントを経験。
・新卒入社後、1年目から福岡支社長に抜擢。0からの立ち上げを経験。
・支社開設後6ヶ月で単月黒字、3年で社員7名規模まで拡大。
株式会社サイダーストーリーを創業
・業界を問わず多数のクライアントの売上拡大に貢献