SEO対策は支援会社に外注すべき?費用相場や依頼するメリット・デメリットを解説

SEO対策は支援会社に外注すべき?費用相場や依頼するメリット・デメリットを解説

 
企業のウェブサイトにおいて、SEO対策は非常に重要な取り組みの1つです。
適切なSEO対策を行うことで、検索エンジンでの順位を上げ、集客力を高めることができます。
しかし、SEO対策を自社で行うのは難しい場合も多いでしょう。
そこで、本記事では、SEO対策を外注する際の基本知識と選び方について解説します。
記事を読み終えると、SEO対策を外注すべきかどうかの判断材料が手に入り、成果につながる支援会社の選び方がわかるはずです。
無料相談も受け付けておりますので、SEO対策でお困りの方はぜひご連絡ください。
目次
集客/採用の課題をまるっと解決します!
サイダーストーリーは、マーケティングの全体戦略から各施策の戦術、進行管理など
お客様社内のマーケティングチームとして成果に貢献します。
▼このようなお悩みがあればぜひご相談ください
  • 月間の集客数が少ない
  • 費用対効果の良い集客施策を探している
  • SEOでの売り上げアップを行いたい

SEO対策を外注すべき会社とは?

自社でSEO対策を行うには、専門的な知識やリソースが必要になります。
そのため、多くの中小企業ではSEO対策を外部の専門家に依頼することが一般的です。
外注する際は、自社のニーズを明確にし、適切な業者を見極める必要があります。

外注する前に知っておきたい最低限の基礎知識

SEO対策を自社で行うには一定の知識とスキルが必要です。
外注する前に、SEOの基礎知識を押さえておくことで、適切な業者選定やサービスの理解が深まります。
まずは、検索エンジンがどのようにウェブサイトを評価しているかを理解することから始めましょう。

SEOの変動要因

検索エンジンは、サイトの内容や構造、リンク状況、ユーザー行動など、さまざまな要素を総合的に分析しています。
これらの要素が適切に整備されていれば、検索ランキングが上がる傾向にあります。
一方で、適切に対策されていないと、低評価を受けてしまうリスクもあります。
ですので、自社の現状を把握し、どのような改善が必要かを事前に把握しておくことが重要です。
たとえば、サイトの構造やコンテンツの質、被リンクの状況など、ウェブサイトの基礎固めから始めましょう。
これらの対策を自社で行うか、外部に委託するかを検討するのに役立ちます。
関連記事

SEO対策を行う上で必要な業務とは?

SEO対策を行う上で必要となる主な業務には以下のようなものがあります。
  • 自社のウェブサイトに関する基礎分析
  • ターゲットキーワードの選定
  • サイト構造の最適化
  • コンテンツの作成・更新
その上で、リスティング広告やSNS活用など、外部施策の実行も重要となります。
これらの業務を着実に実行していくことで、ウェブサイトの検索上位表示を目指すことができます。
関連記事

SEO支援会社のサービス内容と料金相場

SEO対策を外部の業者に依頼する際には、サービス内容と料金相場を事前に確認しておくことが重要です。
SEO支援会社が提供するサービスはさまざまで、最適なものを見つけるためには、自社の課題やニーズに合ったものを選ぶ必要があります。
一般的なSEO支援会社のサービスには、
  • SEOコンサルティング
  • SEO内部対策・サイト改修
  • コンテンツマーケティング・記事制作
  • SEO外部対策
などがあります。
それぞれのサービスの特徴と料金相場について見ていきましょう。

SEOコンサルティング支援

SEO対策を行う上で、まずは現状の分析やウェブサイトの課題点の洗い出しから始めることが不可欠です。
SEO対策のプロフェッショナルであるコンサルタントが、ウェブサイトの構造やコンテンツの質、アクセス解析データなどを徹底的に分析し、課題点を抽出します。
そして、明確な目標を設定した上で、具体的な対策内容や実行プランを立案し、効果的な改善点を示していきます。
自社の課題を客観的に見極め、ベストな施策を一緒に設計していく、アドバイス型のサービスであるため、自社サイトを設立する、SEO対策に精通した人材が自社にいないといった企業にとって、このようなコンサルティングサービスは非常に有効です。
サービス例と費用感
  • SEO診断と改善提案
  • 各種KPIの設定と効果測定
  • 月額 20~50万円程度
関連記事

SEO内部対策・サイト改修

SEO対策を行う上で、サイト内部の最適化は欠かせません。
ユーザビリティの向上や、検索エンジンに最適化されたサイト構造の設計など、様々な作業が必要になります。
具体的には、ページ内のタイトルタグ(hタグ)、alt属性、URL構造の見直しなどが主な内部対策の内容となります。
また、サイト改修においては、レスポンシブデザイン対応やロードスピードの最適化など、ユーザー体験の向上に直結する取り組みも重要です。
これらの内部対策を適切に行うことで、検索エンジンからの評価が高まり、自然な流入が期待できるようになります。
改修にあたっては、前述の基礎知識を踏まえつつ、ペルソナの課題にも注目することが重要です。使いづらさの改善やナビゲーションの見直しなど、ユーザビリティ向上の観点から、具体的なアクションが求められます。
サービス例と費用感
  • ページ構造の最適化
  • コンテンツの品質改善
  • 月額 10~30万円程度

コンテンツマーケティング・記事制作

コンテンツマーケティングとは、優良な情報をお客様に提供することで、信頼関係を築き、ブランド価値を高めていく手法です。
SEO対策を行う上では、お客様の求める情報を適切な形で発信し、自社の知名度やリーチ数を高めていくことが欠かせません。
コンテンツ制作の際は、ターゲットの行動に合わせた効果的な企画立案が重要です。
例えば、製品やサービスの特長を紹介する記事や、お客様の悩みを解決する情報提供など、SEO視点で読者目線の良質なコンテンツを作成することが望ましいでしょう。
こうしたコンテンツマーケティングの実行により、自社サイトの魅力が高まり、検索エンジンからの集客増加が期待できます。
サービス例と費用感
  • 記事の企画案の作成
  • 記事執筆、校閲
  • 月額 10~30万円程度

SEO外部対策

SEO外部対策とは、自社サイト以外の外部リソースを活用してサイトの検索順位を上げるための施策です。
具体的には、他サイトからのリンク獲得やSNSでの影響力向上などが含まれます。
SEO外部対策の中でも、外部サイトからのリンクは特に重要で、その質と量によって大きな差が生まれるため、信頼性の高い関連サイトからのリンクを獲得することが不可欠です。
一方で、リンクを量産するだけでは逆効果になるので、リンク先の質にも十分気をつける必要があります。
また、SNSでの影響力を高めるのも有効な外部対策の1つです。SNSでの活発な投稿やフォロワーの拡大を通じて、検索エンジンから見て「人気のあるサイト」と評価されるようになります。
こうした取り組みを継続的に行えば、自然な流入が期待できるでしょう。
関連記事

SEO対策を外部業者に依頼するメリット

SEOを外注する費用を考えると、「自分たちで行った方が良いのでは?」と考える方もいらっしゃると思います。
確かに、SEO業者に頼らずとも、自社で対応することは可能です。しかし、対策を外注することにより、下記のような大きなメリットもあります。
ここからは、外注することによるメリットを詳しく見ていきます。
外注するか迷われている方はぜひ参考にしてください。

本業に集中することができる

メリットの1つ目として、自社の本業に集中できるようになることが挙げられます。
熟練したSEO専門家が、サイトの改善点や施策の立案、実行までをワンストップで担当してくれるため、自社のマーケティング担当者は本業に専念できるようになり、SEO対策に時間とリソースを取られることなく、本来の事業運営に専念できるようになります。
また、最新のSEOトレンドや効果的な施策について、常に最新の知見を得ることができるため、自社で継続的にSEO対策を行うよりも、効率的に成果を上げられるようになるでしょう。
SEOという部分最適にコミットするよりも事業全体を見据えた活動に時間を使う方が売上最大化につながる可能性が高いです。

経験やノウハウをもとにしたアドバイスが受けられる

メリットの2つ目として、長年の経験と豊富なノウハウに基づいたアドバイスを受けられることが挙げられます。
自社の担当者だけでは気づきにくい課題や改善点をプロの視点から提案してもらえるので、効果的な施策を素早く打ち出すことが可能となるでしょう。
特に中小企業のSEO担当者の方は、兼務で業務を抱えている場合が多いため、専門家のサポートを受けることで、自身の強みを活かせる業務に集中できるようになります。
社外の視点から提供されるアドバイスは、大きな経営改善に繋がることでしょう。
SEO対策を外部に任せることで、自社の課題解決と成果創出を効果的に実現できるのです。

成果が出るまでのスピードが早い

3つ目のメリットとして、自社内では対応が難しかった様々なSEO対策をスピーディーに行うことができることが挙げられます。
SEO専門家は日頃から最新のアルゴリズム変更や業界動向を把握しており、サイト構造の最適化やコンテンツ改善、リンク構築などの内部対策から、広告運用やPR施策などの外部対策まで効果的な手法を即座に打ち出すことが可能です。
そのため、短期間でサイトの順位上昇や集客力向上を実現できるのが大きなメリットといえるでしょう。

SEO対策を外部業者に依頼するデメリット

ここまで、SEO対策を外注するメリットについて説明しましたが、メリットばかりではなく、当然デメリットもあります。
SEO業者の選定は、その後の集客に大きく影響を及ぼすため、デメリットも理解し、外注を検討する必要があります。
では、SEO対策を外注することによるデメリットを詳しく見ていきましょう。

費用が高額な会社が多い

SEO対策を外部に委託する際の大きなデメリットの1つが、高額な費用がかかる点です。
SEO支援会社の中には、自社の高い専門性を背景に、高額な報酬を求めてくる会社もあります。
しかし、必ずしも高額な費用を支払わなければならないわけではなく、中にはリーズナブルな料金設定の会社もあるため、適切なサービス内容と価格のバランスを見極めることが重要です。

成果を得られる保証はない

SEO対策を外部業者に依頼する最大のデメリットは、成果を得られる保証がないということです。
SEO対策は対象のサイトや競合状況、実施内容などによって効果が大きく変わってくるため、「確実に成果が出る」と断言できるサービスはほとんどありません。
ですが、経験豊富なSEO専門家がしっかりしたプランを立て、戦略的に対策を行えば、ある程度の成果は期待できます。
ただし、それでも時間がかかったり、想定通りの結果が得られないこともあるのが実情です。
そのため、SEO対策を外部に依頼する際は、「即効性のある結果を望んでいる」という固定観念を捨て、長期的な視点を持つ必要があります。

SEO対策を依頼するか迷う際に確認したいチェックリスト

ここまで、SEO対策を外注するメリットとデメリットを解説してきましたが、外注するべきか迷われている方もいるでしょう。
そこで、SEO対策を外注するべきか判断するためのチェックリストを下記に記載したので、迷われている方はぜひ参考にしてください。

SEO対策にかけられる時間や労力はあるか

SEO対策を自社で行った場合、日々のウェブサイト運営に加えて、リサーチ、コンテンツ制作、サイト改善、リンク構築などの対策を実施しなければならないため、十分な時間と労力が必要になります。
そのため、顧客対応や製品開発など、本業の業務に追われがちな中小企業の担当者にとって、SEO対策に時間を費やすのは大きな負担となるでしょう。
実際、多くの中小企業ではSEO対策を後回しにしがちですが、放置していては検索順位が下がり、集客力が落ちてしまうため、SEO対策をしっかりと行うには、専任の担当者を配置するか、外部のSEO支援会社に業務の一部を委託する必要があると言えます。
自社でできる範囲とそうでない部分を見極め、効果的なSEO対策を行うことが重要です。

SEOに詳しい専門家に相談できる環境にあるか

SEO対策を自社で行うには、専門知識が必要不可欠です。
しかし、そのようなスキルを持つ人材を自社で確保するのは容易ではありません。そのため、SEOに詳しい外部の専門家に相談できる環境を整えることが重要となります。
専門家に相談できる環境があれば、SEO施策の立案から実行、効果検証まで、効率的にSEO対策を推進でき、自社にはないノウハウやアイデアを得られる可能性も高くなります。
ただし、無料相談サービスを利用するだけでは限界があるため、SEO対策を長期的に成功させるには、信頼できる専門家と継続的に連絡を取り、アドバイスをもらい続けることが重要です。

SEOで成し遂げたい目標を設計しているか

売上アップや集客力向上といった一般的な目標もありますが、SEO目標を具体的に数値化しておくことで、支援会社への指示や進捗管理がしやすくなるため、SEO対策を外部に依頼する前に、自社にとってどのようなSEO目標を設定するべきか明確にしておくことが重要です。
例えば、「直接検索流入数を3ヶ月で10%アップさせる」「キーワードの検索順位を1位〜3位に導く」「問い合わせ件数を四半期で20%増加させる」など、設定した目標に対して期間や数値目標を明示するといった具合です。
このように明確な目標設定をしておけば、SEO支援会社とも共有しやすく、より効果的な施策に繋がり、目標達成度の評価も容易になります。

失敗しないSEO対策支援会社の選び方

SEO対策を効果的に進める為には、適切な業者選びが非常に重要です。
多くのSEO業者が存在する中で、自社に合う信頼できるパートナーを見つけ出すためのチェックポイントを5つご紹介します。
業者選びの際には、これらのチェックリストを参考にして、賢明な選択を行っていくことが肝心でしょう。

SEO以外のWebマーケティング全般に精通しているか

優れたSEO対策会社は、単にSEOだけでなくWebマーケティングの全体像を理解し、適切な施策を提案してくれる存在です。
単にキーワード選定やタイトル最適化だけでなく、企業のブランディング、SNSの活用、コンテンツマーケティングなど、お客様の課題解決に向けて、総合的な取り組みを提案できるのが理想的なSEO対策会社といえます。
Webマーケティングについての知識と経験が豊富な担当者が、お客様のニーズを的確に捉えて、最適な施策を立案・実行してくれるはずです。
そうすることで、SEO対策だけでなく、Webサイトの集客力向上や売上UPにも寄与してくれることでしょう。
例えば、SEO対策と連動したコンテンツマーケティングの提案や、SNSを活用したブランディング施策など、企業の課題解決に向けて、幅広い知見に基づいたアドバイスを期待できます。
Webマーケティングの専門家と一緒にお客様の目標達成に取り組んでいくことが、成果を出すための近道といえるでしょう。

進捗共有やレポート報告の体制面がしっかりとしているか

信頼できるSEO支援会社とは、SEO対策の進捗やレポートをしっかりと共有してくれる会社です。
定期的な報告会を設けているか、リアルタイムでの進捗管理体制があるかといった報告の頻度やタイミング、詳細な内容など、しっかりとした体制が整っているかどうかを確認しましょう。
SEO対策は長期的な取り組みが必要なため、この体制が整っているかどうかが、信頼できる会社かどうかの判断材料になります。
報告書の見やすさや、分かりやすさも重要です。数値目標の達成度合いや、施策の効果測定結果など、必要な情報が明確にまとめられていることを確認しましょう。

担当コンサルタントの知識や経験、実績は十分にあるか

SEO対策を外部に依頼する際、担当コンサルタントの知識や経験、実績は非常に重要です。
SEOはWebサイトの検索順位向上に直結する重要な施策ですが、その中でも最適なアプローチを提案できるのは、豊富な知識と経験を持つコンサルタントです。
実績面でも、これまでに手掛けてきたクライアント数やサイトの順位推移、獲得したKPIなどを確認することで、信頼できるコンサルタントかどうかを見極められます。
単なる見積もりや提案だけでなく、具体的な成功事例の提示も求めましょう。
担当コンサルタントのスキルと経験が十分であれば、自社のサイト改善に適したアクションプランを立案してくれるはずです。
SEO対策に不慣れな中小企業の担当者にとっては、専門家のアドバイスが大きな支えとなります。

その他成果に繋がる会社を見極めるポイントと注意点

SEO対策を依頼する際は、専門知識や実績だけでなく、企業姿勢や提案内容など、様々な観点から会社を見極める必要があります。
まず、提案内容が具体的で、自社の課題解決につながるかをよく確認しましょう。数値目標の設定や、KPIの設定など、成果につながる提案か見極めることが重要です。
さらに、費用面でも無理のない提案であるかを確認します。低コストで高い成果を約束するような業者は避けましょう。適正な費用設定であるかを見極める必要があります。
最後に、提案内容が自社のニーズに合致しているかを確認しましょう。自社のゴールに向けて、確実に効果が期待できる提案であるかを見極めることが重要です。

まとめ

SEO対策を自社で行うこともできますが、SEO対策を外部の専門家に依頼することで、効率的で効果的な施策を行えるメリットがあります。
実績のある信頼できるSEO企業に依頼すれば、自社の経営資源を本業に集中しつつ、高速で良質なサイト改善を行うことができます。
ただし、SEO対策を外注する際には料金や成果、進捗管理など、慎重に確認する必要があります。費用対効果を考慮し、自社のニーズに合わせて最適なSEO支援会社を見つけることが重要です。
自社のSEO対策に悩んでいる企業の担当者の方は、ぜひ無料相談をご利用ください。
監修者紹介
Profile
Kazuki Sumida
株式会社サイダーストーリー
炭田一樹
インターネット広告代理店へ入社
・大学2年時から長期インターンとして参画。
・自社SEOメディア事業部として社員10名のマネジメントを経験。
・新卒入社後、1年目から福岡支社長に抜擢。0からの立ち上げを経験。
・支社開設後6ヶ月で単月黒字、3年で社員7名規模まで拡大。
株式会社サイダーストーリーを創業
・業界を問わず多数のクライアントの売上拡大に貢献