税理士必見!集客を成功に導くWEBマーケティング戦略10選

税理士必見!集客を成功に導くWEBマーケティング施策6選+戦略4選

 
 
IT・DX・AIというキーワードが税理士業界にも入ってきて、ホームページやSNSを用いたWeb集客はスタンダードになりました。
どの事務所もある程度は対策をしている今日、「どのように差別化するか」に目を向けている事務所も増えてきています。
今回はAI時代に生き残るために必要な集客の考え方や勝ち抜くためのマーケティング方法・Web戦略をお伝えしていきます。
集客を100%成功させることで、税理士事務所の経営者が本業のサービス開発に注力できるようぜひ最後まで御覧ください。
目次
集客/採用の課題をまるっと解決します!
サイダーストーリーは、マーケティングの全体戦略から各施策の戦術、進行管理など
お客様社内のマーケティングチームとして成果に貢献します。
▼このようなお悩みがあればぜひご相談ください
  • 月間の集客数が少ない
  • 費用対効果の良い集客施策を探している
  • 税理士の採用が難航している

税理士業界におけるマーケティングの重要性

今日の激しい競争の中で税理士はますますその専門性と個性を顧客に伝えることが求められています。
そのために、税理士業界においてもマーケティングの重要性は年々高まっており、集客やブランディングのための戦略的な取り組みが不可欠になっています。
特にデジタルマーケティングの台頭は、税理士事務所のマーケティング活動に新たな地平を開いており、顧客の獲得やリテンションに活かせる多岐にわたる手法が存在します。
そのような状況下で、税理士事務所が生き残り、さらに成長していくためには、マーケティングへの理解と積極的な取り組みが必要不可欠です。

デジタル時代における税理士事務所の集客ポイント

デジタル化が進む中で税理士事務所の集客は、以前に比べてより複雑かつ戦略的になってきました。
  • HP設計 / Web広告 / SEO対策 / SNS
顧客の目に留まるため、Webサイトは使いやすさはもちろん、Web広告やSEO対策にも力を入れる必要があります。
また、SNSを活用してターゲットとなる顧客層に直接リーチし、信頼関係を築くためのコンテンツ作りにも注力しなければなりません。
  • コンセプト設計
税理士事務所は、自身の強みや特徴、提供しているサービスセットを明確にすることが大切です。
それをデジタルマーケティングを通じて効果的に伝え、見込み顧客の具体的な悩みに対する解決策を提供することで、集客へとつなげることが可能になるのです。

マーケティングから考える税理士事務所経営

税理士事務所経営にあたって、マーケティングは経営戦略の中心に位置付けるべき重要な要素です。
顧客のニーズや市場の動向を把握し、それに応じたサービスの企画・提案が求められます。
このようなマーケティング思考を経営に取り入れることで、税理士事務所は差別化を図り、競合との優位性を確立することができます。
このプロセスにおいて大切なのは、定期的な市場調査、顧客データの分析、そしてそれに基づいた戦略の策定と実施です。
その際、クライアントとのコミュニケーションを大切にし、定期的なサービスの改善・提案を行うことで、顧客満足度の向上につながり、経営安定へと寄与していきます。

デジタルマーケティング戦略を取り入れた税理士事務所の事例

既に成功を収めている税理士事務所の中には、デジタルマーケティング戦略を巧みに取り入れた事例が数多くあります。
  • 税理士のマーケティング事例
例えば、オンラインでの無料セミナーを積極的に開催し、参加者を顧客候補としてリード獲得する事務所や、定期的に業界に関する重要な情報や税の知識を発信することで読者の信頼を獲得し、その後のコンサルティングサービスへと繋げている事務所があります。
これらの事務所は、顧客との関係性の構築に力を入れ、オンラインのツールを用いて高いリーチと効果的な顧客誘導を行っています。
さらに、データ解析に基づいた戦略的な運用を行っており、その結果として高い成果を上げているのです。

税理士業界に有効なWEB集客施策6選

WEB集客は現代の税理士事務所が成長していく上で不可欠な戦略です。
インターネットが急速に普及した今日、多くの顧客がサービスを探す際にオンラインの情報を頼りにします。
税理士の知識を求める顧客も例外ではありません。
ですから、WEBでの集客は税理士事務所が市場で生き残り、さらに事業を拡大するために必要な手法と言えるのです。
ここでは、WEB集客を行う上で税理士業界に効果的ないくつかの施策をご紹介しましょう。

安定したリード獲得を叶えるWEB広告

税理士事務所が安定したリード獲得を目指す上で、WEB広告は非常に有効です。
具体的には、リスティング広告(GoogleやYahoo!など)やSNS広告(Facebook,Instagram,LINE等)が挙げられます。
これらのプラットフォームを利用すれば、ターゲットとなる顧客層に事務所の存在を効率的にアピールすることができます。
また広告のパフォーマンスを細かく分析することで、どのキーワードや広告が反応良く、どんな改善が必要であるかを見極めて調整していけるため、コスト効率および成果を最大化することが可能です。
関連記事

自社のポジションを確立させるSEO対策

検索エンジンにおいて自社のウェブサイトの順位を上げるSEO対策は、税理士業界においても重要です。
検索時に上位に表示されることで、自然流入の増加と質の高いリード獲得を見込めます。
ポジションを確立させるためには、キーワードの選定、定期的なコンテンツ更新、内部・外部リンクの最適化など、様々な作業が求められます。
ターゲット層がよく検索するであろう用語に対するコンテンツを強化することで、彼らの求める情報を提供し、また事務所の専門性を打ち出すことにも繋がります。
関連記事

読者をファンに変えるコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、有益な情報を提供し続けることで読者の信頼を獲得し、最終的にファンへと変える戦略です。
税理士の場合、専門的な知識やセミナー情報、経営に役立つヒントなど、顧客が知りたいと思うようなコンテンツを提供することで、顧客との関係性を深めることができます。
コンテンツにはブログ記事だけでなく、eBookやホワイトペーパーも含まれ、これらを適切に配信することで、より多くの見込み顧客にアプローチ可能です。
定期的で質の高いコンテンツ配信は、WEB上での自社ブランドの強化にも繋がるのです。
関連記事

フォロワーを見込み顧客に変えるSNSマーケティング

SNSは、企業と顧客が直接コミュニケーションをとるための重要なツールとなっています。
特に税理士事務所のような知識サービスを提供する業界では、専門性のある情報提供や質問への迅速な回答を通じてフォロワーとの信頼関係を築くことができます。
X(旧Twitter)やFacebook、Instagramでは、写真や短いメッセージだけでなく、記事や動画を共有することも可能です。
このように有益なコンテンツを提供しフォロワーとの関わりを深めることで、彼らを実際の見込み顧客に変えていけるのです。
関連記事

地域を制するMEO対策(Googleマップ対策)

Googleマップは今や地図アプリの代表的ツールですが、評判を調べる口コミツールも兼ねています。事務所に問い合わせるかどうかの最終判断にも使われることが多いため、おろそかにはできません。
また、検索結果画面の上部に掲出することもあるので、しっかりと対策することをおすすめします。同一地域にライバル事務所がある場合は特に優先的に対策しましょう。
関連記事

選ばれる理由を作るポータルサイトマーケティング

Googleマップで評判を調べると上述しましたが、最近では税理士事務所の特長や強みを比較できるポータルサイトを活用する方も増えてきています。
税理士選びに失敗したくないからこそ、問い合わせる前にしっかりと比較したいのでしょう。
必ずしも掲載していないといけないわけではないですが、掲載されるチャンスがあるのであればぜひ活用したい施策です。

税理士のWeb集客を成功させるために必要な戦略

Web集客は現代の税理士事務所経営において欠かせない要素です。
しかし、ただ闇雲にWeb活動を行っても成果は見込めません。
なぜなら、競合が数多く存在し、その中で自事務所の魅力を伝えることが重要だからです。
具体的な戦略を立て、ターゲット顧客に合わせたアプローチを計画的に実施することが成功へのカギとなります。
そのためには、まず現在の市場状況を正確に把握し、自事務所のポジショニングを明確にすることが必要です。
そして、顧客が本当に求めるサービスを提供し、なおかつその情報を適切な方法で顧客に届ける必要があります。

コンセプト策定(顧客・競合・コンテンツ)

集客のためのコンセプト策定では、まずターゲット顧客のニーズとプロフィールを深く理解することが大切です。
税理士事務所のお客様は法人か個人か、業種は何か、規模はどれほどかという点を把握することで、提供する情報の方向性が定まります。
次に、同業他社の動向調査を行い、自事務所が提供できるユニークな価値を見つけ出します。
そして、どんなコンテンツを発信するかを決めた上で、そのコンテンツがどのように競合と差別化できるかを練り上げます。
例えば、専門性の高い税務情報、最新の税制改正情報、実際の顧客事例など、ターゲット顧客が関心を持ち、かつ競合と差異化するような価値あるコンテンツ作りが不可欠です。
関連記事

ポジションを取るホームページ戦略

ホームページは税理士事務所の顔ともいえる重要なツールです。
このツールを活用する戦略を立てるには、まず自事務所のポジションを明確に表現することが大切です。中小企業を支援する事務所なのか、国際税務に強い事務所なのか、業界特化型なのかによって、トーン&マナーや提供する情報内容が変わってくるからです。
ポジションが決まれば、キャッチコピー、サービスの紹介文、お客様の声など、それを反映したWebサイト構築を進めることが重要です。
また、SEO対策による検索エンジンでの上位表示も念頭に置き、キーワード選定やコンテンツ配信計画も策定します。

顧客の問題解決をするサービス設計

税理士事務所が提供するサービスは、単に税務申告を行うだけではなく、顧客それぞれの問題解決に貢献すべきものです。
サービス設計は、顧客の持つ税に関する悩みや課題に対して、どのようにアプローチしていくかを考慮するプロセスから始まります。
例えば、自動化された会計ソフトウエアの導入支援、税務調査への対応アドバイス、企業の成長段階に応じた税務戦略の提案など、顧客それぞれに合わせたカスタマイズされたサービスを設計することが求められます。
顧客が直面する問題に対する解決策を提示することで、信頼関係の構築に繋がり、より一層の集客効果が期待できるでしょう。

コンバージョンから逆算した発信内容

集客活動を行う上で重要なのがコンバージョン、つまり顧客に結実させることです。
そのためには、顧客が最終的にどのようなアクションを取ることが望ましいかを定義し、そのアクションを促すための発信内容を逆算して考える必要があります。
例えば、無料相談の申し込み、資料請求、セミナーの参加など、具体的なコンバージョンポイントを設定します。
そして、それらのアクションを誘発するためにはどんな情報やインセンティブが効果的かを分析し、コンテンツやキャンペーンの企画を行います。
発信する内容を計画的に作成し、顧客に適切なタイミングで情報提供することが、効果的なWeb集客へと繋がるでしょう。

税理士の集客を行う際に取りうる手段とは?

税理士事務所が顧客を増やすためには、さまざまな集客手段を考えることが大事です。時代の変化とともに、インターネットの役割がかつてなく重要になっております。マーケティングの手法は多岐にわたり、ウェブを利用した施策は特に効果的です。それでは、いくつかの効果的な手段を見ていきましょう。

Webコンサルティングパートナーに依頼する

Webコンサルティングパートナーに依頼することは、専門的知見を持つパートナーから最適なアドバイスを受けながら集客活動を行うことができるため、非常に効果的です。まずは、パートナーを選ぶ際に重要なポイントを把握することから始めます。その上で、どのようなサービスを選ぶか、どのようにキャンペーンを展開していくかなど、戦略を練っていきます。定期的な分析とレポーティングを通じて、改善点を見つけていくことが重要です。

広告代理店に依頼する

広告代理店に集客を依頼するメリットは多く、専門知識を持ったプロフェッショナルによる広告戦略は高い効率性を期待できます。特に、GoogleやFacebookといったプラットフォームでは、緻密なターゲティングと広告配信の最適化が可能です。効果的な広告作成から、予算管理、効果測定に至るまでの一連の流れをサポートしてもらえるため、税理士としての専門業務に集中することができます。

自社内にマーケティングチームを作る

自社内にマーケティングチームを立ち上げることで、組織全体のビジョンや価値観を踏まえた上での集客活動が可能になります。チームメンバーは事務所の強みやポリシーを熟知しており、それを生かしたマーケティングが実施できるのが大きな利点です。また、日々の顧客とのやりとりをデータに落とし込み、リアルタイムでの対応や施策の修正が行えるため、フレキシブルな集客を実現できるでしょう。

税理士事務所の経営が失敗してしまう要因と対策

税理士事務所の経営が失敗する要因は多岐にわたります。一つは顧客とのコミュニケーションの欠如からくるサービスの質の低下でしょう。税理士業務は信頼と経験に支えられているため、その質の保持は極めて重要です。また、財務状況の厳しい中での適正な価格設定も大きな課題です。コストを抑えつつも、高品質なサービスを提供することのバランスが、事務所の経営を左右するでしょう。デジタル化の波に遅れず、最新の会計ソフトやウェブ技術を取り入れることも、今後の経営を成功させるためには欠かせません。税理士事務所にとってこれらの対策を講じることが、将来的な成功への鍵となります。

マーケティング・集客に力を入れない

多くの税理士事務所で見受けられるのが、マーケティングや集客活動に対する認識の低さです。特に中小規模の事務所では、既存のクライアントに頼った経営を続けがちであり、新規顧客獲得のための努力がおろそかになることがあります。しかし、市場は常に変化しており、新規顧客を獲得しなければ事務所の成長は望めません。そのため、現代のウェブマーケティングを利用した集客方法の習得や、SNSを活用した情報発信の重要性が高まっています。また、地域密着型の税理士事務所ならば、地域社会への積極的な貢献や口コミを通した宣伝努力も、集客に対する大切な投資となるでしょう。

下請け仕事に注力してしまう(自社に顧客がいない)

税理士事務所が直面する問題の一つに、独自の顧客基盤を築けずに下請け仕事に依存してしまうことが挙げられます。下請け仕事は一見、安定した収入源になるかもしれませんが、事業主体性を失い、上請け事務所の方針に大きく左右される存在になりがちです。これでは、価格競争に巻き込まれやすく、経営の安定性も得られにくいでしょう。独自のブランディングや、専門分野の深耕によって、自社の顧客を確保する戦略が求められます。新規顧客の獲得に注力し、長期的な視点で事務所の成長を目指すことが重要なのです。

成功法・勝ち筋をアップデートしない

時代の変化に伴い、税理士事務所の成功法も変わりつつあります。例えば過去に有効だった伝統的な営業手法が今でも通用するとは限りません。新たな競合の登場や、クライアントのニーズの変化、テクノロジーの進展など、外部環境は絶えず変動しています。そのため、自事務所が目指すべき方向性を定期的に見直し、必要に応じてビジネスモデルや提供サービスをアップデートする必要があります。また、スタッフのスキルアップや、業務効率化を図るための投資も重要です。変化を恐れず革新を続ける姿勢が、成功を実現するために不可欠となるのです。
監修者紹介
Profile
Kazuki Sumida
株式会社サイダーストーリー
炭田一樹
インターネット広告代理店へ入社
・大学2年時から長期インターンとして参画。
・自社SEOメディア事業部として社員10名のマネジメントを経験。
・新卒入社後、1年目から福岡支社長に抜擢。0からの立ち上げを経験。
・支社開設後6ヶ月で単月黒字、3年で社員7名規模まで拡大。
株式会社サイダーストーリーを創業
・業界を問わず多数のクライアントの売上拡大に貢献