学習塾がSEO対策を行うメリットとは?具体的な対策方法についても紹介

学習塾がSEO対策を行うメリットとは?具体的な対策方法についても紹介

 
学習塾やカルチャースクールなど、予備校経営者の皆さまは集客に悩むことが多いのではないでしょうか。
SEO対策をすることで、自然検索経由での集客を図れば、効果的に生徒さんを集められる可能性があります。
この記事では、学習塾・予備校がSEO対策を行うメリットや、具体的な対策方法をご紹介します。
SEO対策を行うことで、ターゲットとする生徒さんや保護者の方を効率的に集客できるだけでなく、ブランディングの向上や継続的な集客も期待できます。
ぜひ、学習塾・予備校のSEO対策のヒントとしてお役立ていただければと思います。
目次
集客/採用の課題をまるっと解決します!
サイダーストーリーは、マーケティングの全体戦略から各施策の戦術、進行管理など
お客様社内のマーケティングチームとして成果に貢献します。
▼このようなお悩みがあればぜひご相談ください
  • 月間の集客数が少ない
  • 費用対効果の良い集客施策を探している
  • コンテンツマーケティングを行いたい

学習塾・予備校がSEO対策を行うメリット

学習塾や予備校がSEO対策に取り組むことで、以下の3点のメリットがあります。
  • 塾に興味がある生徒・保護者を集客できる
  • 1度上位表示されると、継続的な集客を見込める場合がある
  • ブランディング効果により競合との差別化を図ることが出来る
ここからは、それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

塾に興味がある生徒・保護者を集客できる

学習塾・予備校のSEO対策を行うことで、広告費をかけずに中長期的な集客が可能になります。
潜在的な顧客層である、塾への興味や関心の高いユーザーを効果的に集めることができるためです。
つまり、検索エンジンで上位表示されることで、質の高い顧客を自然な流れで獲得できる可能性が高まります。
従来の広告費を抑えつつ、以下のようなメリットが期待できます。
  • 集客経路の幅が広がる
  • 生徒や保護者の獲得につながる
  • コストパフォーマンスに優れる
このように、適切なSEO対策を講じることで、学習塾・予備校の集客力が大きく向上する可能性があります。

1度上位表示されると、継続的な集客を見込める場合がある

検索エンジンで上位表示されると、継続的な集客が見込める場合があります。
Web広告の場合、検索結果の上部に表示することが出来るため、すぐにお問い合わせにつなげることが出来ますが、継続することで多くの広告費用がかかります。
これと比較すると、SEO対策は時間はかかりますが、上位表示されるようになると、コストをかけずにお問い合わせに繋げることが出来るようになるのです。
また、別の検索キーワードによるユーザーの流入も一定数獲得出来る可能性があるため、検索ボリュームよりも多くのアクセスを得ることが出来る可能性があります。

ブランディング効果により競合との差別化を図ることが出来る

学習塾業界では競合が非常に多く、顧客を獲得するために差別化が重要になります。
SEO対策を通じてブランディングを行うことで、他塾との違いを打ち出せます。
自社の強みや特色を前面に押し出したコンテンツを作成し、検索上位に表示されることで、 ターゲットの生徒・保護者に対して独自の価値を効果的にアピールできるのです。
例えば、以下のような独自性を訴求することが考えられます。
  • 地域No.1の合格実績
  • 小中高の垂直統合カリキュラム
  • AI/プログラミング教育に注力
  • 1人1台のタブレット完備
このように、競合他社と一線を画す強みをSEOで訴求することで、 顧客の心に自社ブランドを確実に刻み込むことができるのです。

予備校・学習塾に効果的なSEO対策

予備校・学習塾に効果的なSEO対策としては、以下の4点が挙げられます。
  • 対策キーワードの選定
  • 内部対策
  • コンテンツ対策
  • 外部対策
ここからは、それぞれについてより詳細に説明していきます。
関連記事

対策キーワードの選定

学習塾・予備校のSEO対策において、ターゲットとなる生徒・保護者が検索しそうなキーワードを適切に選定することが非常に重要です。
まずは、サービスを提供する地域教科・対象学年を組み合わせたキーワードを設定することをおすすめします。
例:「東京 渋谷 中学受験」「大阪 高校受験 数学」など
次に、競合他社がどのようなキーワードを狙っているか調査し、自社でもそれらのキーワードを取り入れるのがよいでしょう。
また、塾名をタイトルタグやページ本文に適切に入れ込むことで、ブランディングの効果が期待できます。
関連記事

ターゲット層の地域とキーワードを組み合わせる

学習塾のSEO対策では、ターゲットとなる地域の生徒や保護者が使用するキーワードを選定することが重要です。
例えば、東京都の生徒を対象とする場合は「東京 学習塾」、横浜市の生徒を対象とする場合は「横浜 予備校」といった具合に、地域名とサービス内容を組み合わせたキーワードを設定します。
まずは、塾の商圏や生徒の居住地域を把握し、その地域の人々が使う可能性の高いキーワードを洗い出します。
このように、ターゲット地域とキーワードを組み合わせることで、より適切なユーザーにアプローチできます。
地域密着型の学習塾は、ローカルSEO対策を意識したキーワード選定が大切となります。

競合のキーワード調査を行う

競合のキーワード調査は、自社サイトのSEO対策を効果的に行う上で欠かせません。
競合サイトが上位表示されているキーワードを把握することで、自社でも狙うべきキーワードが見えてきます。
まずは競合サイトを特定し、そのサイトの流入キーワードを調べましょう。
キーワード調査ツールを使えば、競合サイトの上位表示キーワードを一覧で確認できます。
競合サイトの流入キーワードを分析することで、以下のメリットがあります。
  • 自社で狙うべきキーワードの候補が見つかる
  • 競合サイトの強みや弱み、新しいアイデアが発見できる
競合のキーワードを把握することは、自社サイトのSEO戦略を立てる上で重要なプロセスです。

タイトルタグなどに塾名を入れる

学習塾のウェブサイトでは、タイトルタグに塾名を明記することが重要です。
これにより、検索結果でユーザーが自社の塾を簡単に識別できるようになります。
さらに、ターゲットの地域名対象学年コース名などのキーワードを組み合わせたタイトルを設定すれば、検索エンジンでの上位表示も狙えます。
例えば、以下のようなタイトルが効果的でしょう。
  • 「東京都 世田谷区 中学受験対策塾」
  • 「大手町 公務員試験対策 個別指導塾」

内部対策

内部対策では、サイト内の構造や設定を最適化し、検索エンジンの評価を高めることが肝心です。
ここでは、重要となる内部対策について詳しく説明します。
関連記事

内部リンクの最適化を行う

内部リンクとは、自社サイト内の各ページ同士をリンクさせることで、ページ間の関連性を高める重要な施策です。
適切な内部リンクを設置することで、サイト内の情報の行き来がスムーズになり、検索エンジンのクローラーによる効率的な巡回が可能になります。
内部リンクの最適化を行うメリットは大きく、以下の3点が挙げられます。
  • ページ間の関連度が高まり評価が上がる
  • ユーザーの滞在時間が長くなる
  • クローラーがサイトを効率的に巡回できる
最適化を行う際は、
  • URLの正規化(同一ページへの複数のURLを1つに統一)
  • 適切なアンカーテキストの選定
  • ページ間の関連性の確保
などに気をつける必要があります。

モバイルフレンドリーに対応する

近年、スマートフォンの普及により、学習塾や予備校のウェブサイトを閲覧するユーザーの多くがモバイル端末を利用しています。
そのため、モバイルフレンドリーへの対応は必須となっています。
モバイルフレンドリーとは、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末で快適にウェブサイトを閲覧できるよう最適化されていることを指します。
モバイルフレンドリーに対応することで、以下のようなメリットが期待できます。
  • ユーザビリティの向上:モバイル端末でも快適に閲覧できるため、ユーザーの満足度が高まります。
  • SEOへの好影響:Googleはモバイルフレンドリーサイトを評価する傾向にあります。
一方で、モバイルフレンドリーに対応していないサイトでは、検索順位の低下や離脱率の上昇などデメリットが生じる可能性があります。

コンテンツ対策

学習塾や予備校のWebサイトでは、ターゲットとなる生徒や保護者に向けて、 有益で魅力的な情報を提供することが重要です。
特に重要となるポイントととしては、以下の3点が挙げられるでしょう。
  • 合格実績・生徒の声に関するページを作成する
  • コースや教室ごとのページの対策に力を入れる
  • 模試・入試に関する情報を発信する
合格実績・生徒の声に関するページを作成する
塾のWebサイトでは、合格実績や生徒・保護者の声を掲載することが重要です。
これらの情報は、塾の信頼性と実績を具体的に示し、保護者に安心感を与えます。
合格実績のページでは、以下の情報を掲載するとよいでしょう。
  • 過去の合格者数
  • 合格率
  • 合格した大学名
また、生徒・保護者の生の声を掲載することで、ターゲット層に対して親しみやすく、より具体的なイメージを持ってもらえます。
生徒や保護者の喜びの声、感謝の声など、リアルな体験談を紹介しましょう。
合格実績と生徒・保護者の声を組み合わせることで、塾の信頼性が高まり、保護者の不安を払拭し、塾への興味を引き付けることができます。
コースや教室ごとのページの対策に力を入れる
塾のウェブサイトにおいて、コースや教室ごとのページは非常に重要な役割を果たします。
これらのページは、潜在顧客である生徒や保護者の関心を的確に捉えることができるからです。
例えば、「○○校の対策コース」や「△△エリアの個別指導教室」といったページでは、以下のような具体的な情報を掲載することをおすすめします。
  • 合格実績(過去の合格者数、合格大学など)
  • 生徒の声(コースの雰囲気、講師の人柄、成果など)
  • カリキュラムの特長(授業の進め方、使用テキストなど)
  • 施設の環境(教室の様子、自習スペースの有無など)
このように、ユーザーの興味関心に合わせた具体的な情報を掲載することで、ページの魅力が高まり、検索エンジンでの上位表示も期待できます。
模試・入試に関する情報を発信する
模試や入試に関する情報を発信することは、学習塾にとって非常に重要な取り組みです。
生徒の合格実績や入試問題の傾向分析、対策方法の提案などを公開することで、塾の実力と信頼性を高めることができます。
例えば、模試の成績推移や合格実績を公開することで、塾の指導力を客観的に示すことが可能です。
また、入試問題の解説動画を配信したり、難関大学の過去問題を分析したりすることで、生徒の学習をサポートできます。
さらに、SNSなどを活用して模試・入試情報を発信することで、ブランディングと集客にもつながります。
施設内や授業の特徴の情報を充実させる
学習塾のウェブサイトでは、施設内の環境や授業の特徴について、詳細な情報を提供することが重要です。
生徒や保護者は、塾選びの際にこうした具体的な情報を求めているからです。
まず、教室の広さや設備、机や椅子の配置など、学習環境を視覚的に伝えることで、生徒が実際に通う場所をイメージしやすくなります。
また、使用する教材や指導方針、カリキュラムの特色などを明確に説明することで、その塾ならではの学習スタイルが理解できます。
さらに、以下の点にも言及するとよいでしょう。
  • 授業の進度や学習内容(苦手科目対策、受験対策など)
  • 講師の指導方法や経歴
  • 生徒へのフォロー体制(質問対応、添削指導など)
こうした塾の特色を具体的に伝えることで、生徒一人ひとりのニーズに合った塾を選びやすくなります。
関連記事

外部対策

外部対策は内部対策やコンテンツ対策と相まって、より大きな効果を発揮します。
例えば、以下のようなポイントを押さえることで、総合的な対策が可能になります。
  • SNSで発信した良質なコンテンツへの内部リンクを設置する
  • 被リンクを獲得できるような魅力的なコンテンツを作成する
  • 被リンク獲得に向けて、関係者への働きかけを行う

受験・勉強に関する情報をSNSで発信し、サイテーションを獲得する

近年、「Z世代」と呼ばれるスマホネイティブ世代の受験生が増えており、
SNSを活用した情報収集が一般的になってきました。
そこで、学習塾・予備校がSNSで受験・勉強に関する情報を発信することで、
サイトへの誘導や認知度向上、サイテーションの獲得が期待できます。
例えば、以下のような取り組みが有効でしょう。
  • 公式SNSアカウントでの情報発信
  • 生徒・講師による「勉強垢」の運用支援
  • ハッシュタグの活用による拡散力の向上
SNSを上手に活用することで、ターゲット層とのエンゲージメント向上
塾のブランディングにもつながります。

関連のある塾やグループ会社から被リンクを獲得する

学習塾のSEO対策において、関連性の高い被リンクを獲得することは非常に重要です。
同じグループの塾や関連会社からの被リンクを獲得することで、自社サイトの検索順位が上がりやすくなります。
被リンクの数が増えれば、検索エンジンからの評価が高まり、検索結果の上位に表示される可能性が高くなります。
ただし、被リンクの質も重要であるため、関連性が高く、信頼できる信頼性の高いサイトからの被リンクが望ましいです。
例えば、同じ教育分野の塾やグループ会社からの被リンクは、関連性が高く評価されやすいでしょう。
一方、不自然な被リンクや質の低いサイトからの被リンクは、むしろマイナスの影響を及ぼす可能性があります。
関連記事

学習塾・予備校のSEO対策はSIDER STORYにお任せください

学習塾や予備校の集客に悩んでいる経営者の方へ。
SIDER STORYは、業界に特化したSEO対策で確かな実績を持つ専門家集団です。
豊富な事例に基づいた対策で、早期の成果を実現します。
3ヶ月程度で効果が実感できるケースが多数あります。
お客様一人ひとりのニーズに合わせて、最適なSEO対策をご提案。
学習塾・予備校の集客に役立つ対策は、ぜひSIDER STORYにお任せください。
監修者紹介
Profile
Kazuki Sumida
株式会社サイダーストーリー
炭田一樹
インターネット広告代理店へ入社
・大学2年時から長期インターンとして参画。
・自社SEOメディア事業部として社員10名のマネジメントを経験。
・新卒入社後、1年目から福岡支社長に抜擢。0からの立ち上げを経験。
・支社開設後6ヶ月で単月黒字、3年で社員7名規模まで拡大。
株式会社サイダーストーリーを創業
・業界を問わず多数のクライアントの売上拡大に貢献